交通事故で頚椎を痛めたら  交通事故で頚椎を痛めたら
交通事故で頚椎を痛めた場合の治療方法をご紹介しています。
柔道整復師 徳永英光先生は神奈川県の相模原市で徳永接骨院を構え12年。単なる治療だけではなく根本的な原因に対する施術を行い、今まで9万人以上の施術実績を持ちます。
クリックすると元のサイズで表示します
>>>詳細を先にみる



○交通事故による頚椎の痛み

頚椎捻挫(むち打ち後の長引く首の痛み・事故後の首の痛み)

【疾患】

交通事故後に多い疾患です。
追突の衝撃で頚椎が過度に前後・左右などに伸展・屈曲などをされることにより発症します。
脊柱の骨や靭帯まで損傷することは稀で、多くは筋肉の損傷にとどまります。

痛みは頚部から肩にかけて安静時も感じることが多く、首を動かすことで痛みがさらに増強します。

その他にめまいや関連痛として頭痛がしたり、痛みによる不眠なども多いようです。
痛みの強い場合(靭帯などの損傷を伴う)は頚椎カラーによる固定が行われることは多いです。

【評価と経過】

むち打ち損傷の場合は頚椎から胸椎の筋線維損傷を伴うことが多いのですが、深部の小さな筋肉を損傷している場合などは、体表面には明らかな炎症がみられないために検査上は異常なしと診断が出ることも多のです。

頚部・肩甲骨周囲筋に明らかな炎症を生じている方は痛みが強く、一般的に入院が必要になるケースもあります。

事故後の慢性的な首の痛みを解消するには、頚椎専門の名医にお任せするのが良いでしょう。

神奈川県、相模原市の徳永接骨院 徳永英光先生は単なる治療だけではなく根本的な原因に対する施術を行い、今まで9万人以の患者を回復させて来ました。

首の痛みについては徳永接骨院のHPが大変参考になります。

>>>HPの詳細はこちら









0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ