映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
バロン  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「バロン」

原題/The Adventures of Baron Munchausen
監督/テリー・ギリアム
出演/ジョン・ネヴィル、サラ・ポーリー、ユマ・サーマン、他。

あらすじ/
18世紀、トルコ軍占領下にあるドイツの海岸沿いの町。貧困と飢えに苦しむ人々であふれた崩れかけた城壁の中の廃墟と化した小さな町のロイヤル劇場の舞台に、バロン・ミュンヒハウゼン(ジョン・ネヴィル)は突然姿を現わした。彼は、トルコ軍は自分を探していると語り、なぜトルコ軍に追われるはめになったかを話し始めるが、あまりにも荒唐無稽で、誰にも相手にされない。落胆するバロンであったが、空想好きの10才の少女サリー(サラ・ポリー)に励まされ、トルコ軍をやっつける約束をする。そこで彼はまず最初に、かつて一緒に戦った不思議な力を持つ四人の仲間達を集めるために、絹の下着で作った巨大気球に乗ってサリーと共に旅を始めるのだった。頭と胴体が別の意志を持つ月の王のもとで世界一の足の速いバート・ホールド(エリック・アイドル)を、地底の神ヴァルカン(オリヴァー・リード)が支配する火山の国で怪力の持ち主アルブレヒト(ウィンストン・デニス)を、巨大魚の中で鉄砲の名手アドルファス(チャールズ・マッケオン)と、どんな遠くのどんな小さな音も聞こえ、すごい肺活量の持ち主グスタヴァス(ジャック・パーヴィス)をそれぞれ助け出すが、四人ともすっかり老け込んで昔の力を失っていた。またバロンの背後にも死神の影が常につきまとうようになっていた。六人は何とか町の海岸にたどりつくが、トルコ軍の攻撃は一層激しくなってきており、バロンは意を決し、トルコ国王に会見を求め、事の決着をつけようと試みるが、実は……。(goo映画より抜粋)


テリー・ギリアム監督の究極のファンタジー映画、バロン。

この映画、あまりにも好きすぎて冷静になれません。
何を書こうかとか考えることもできません。
とにかく大好きー!!としか、言えません。

クリックすると元のサイズで表示します
↑弾丸を追いかけるバートホールド

冒険をすると若返り、どえらい女好きで、ニカッと笑うと白い歯がキラーンと光るバロンさんには超人家来が4人居ます。

超俊足、超力持ち、超肺活量、超スナイパー。

僕はこの4人の家来の中でも超俊足のバートホールドが一番好きです。
物忘れが酷かったり、肝心なときにヘタレだったりするところがもぉ愛おしくて。萌えちゃいます♡

クリックすると元のサイズで表示します
↑女神降臨

ユマ・サーマンを初めて観たのがこの映画だったと思います。
うわぁ、凄いキレイな人だなぁとそれはそれはもう胸がときめいたものですが
そのときめきは今も全く色褪せる事はありません。
天使たちに引き上げられる貝殻から登場するシーンなどはまるで絵画が動いているようで鳥肌が立ってしまいます。
で、貝殻がパカーと開いて女神さまは一糸まとわぬ姿で登場するのですが、横から侍女が飛んできてふわりふわりと衣を巻き付けていきます。胸元が開き過ぎなその衣装からちょっとだけ乳首が見えているような気がするのですがそれは気のせいですか??

あとバロンさんとの空中ダンスシーンも素晴らしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
↑生首その1

クリックすると元のサイズで表示します
↑生首その2

全体的にぶっ飛び気味のこの映画のなかでもダントツでぶっ飛んでいるのが、月の王国のシーンです。頭は高尚な事を考えるけど、身体は本能に従って.....というか性欲の化け物みたいな感じとかってもう面白過ぎます。
しまいに月の王様がキングギドラみたいなのに乗ってバロンさんたちを追いかけてくるシーンなどはもう完全に狂っておりますね。よくこんなものを思いつくなぁ、と感心してしまいます。
人間のイマジネーションに限界はありません。

クリックすると元のサイズで表示します

↑なぜにSTINGが。

登場したと思ったらすぐに処刑されてしまう可哀想な兵士役(処刑シーンそのものはありません)。
まるで動く絵本のようなファンタジーなのですけど、その裏側では戦争で人が死にまくっていたり、結構豪快に首チョンパがあったり、物凄い拷問器具(序盤のトルコ王国のシーン。オルガンの中に奴隷が数人入れられていて、王様がオルガンを弾くと中の奴隷が悲鳴をあげるという....)とか、相当な毒も盛られていることも素晴らしいですよね。

それでも、人は想像する。
想像こそ、希望なのである。


凹んでいる時などには元気が出るし、そうでないときはハイテンションになれる希有な映画です。もし未見の方が居るのなら、是非、ご覧になって頂きたい映画でございます。

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2018/3/15  1:03

 

REDLIGHTの『秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…』は、ハゲ親父が女体をじっくりと見定めて、ニタリと不気味な笑みを浮かべるシーンがキモすぎです 




AutoPage最新お知らせ