映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
マチェーテ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「マチェーテ」

原題/MACHETE
監督/ロバート・ロドリゲス、イーサン・マニキス
出演/ダニー・トレホ、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ロドリゲス、ロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・セガール、リンジー・ローハン、他。

あらすじ/
どこの街角にもいるごく普通の日雇い労働者風の男。だが、よく見るとその形相は見るからに恐ろしく、凶悪殺人犯と言われても誰も疑わない面構えだ。だが、彼こそが伝説的な辣腕下連邦捜査官マチェーテだった。メキシコの麻薬王トーレスに恐喝され、不法移民嫌いの米政治家の暗殺を依頼されるが、それは政治家とトーレスの仕組んだ罠で、マチェーテは暗殺犯として追われる身となってしまう。無実を証明し、彼らの陰謀を暴くべく、マチェーテは復讐の鬼となって立ち上がる。そんな彼の前に立ちはだかるのは、次から次へと殺し屋を雇う非情なビジネスマンのブース、国境自警団を率いるひねくれ者のヴォン、そして法の執行と正義との間で葛藤する美しい移民局職員サータナだ。一方、反逆精神と革命的な心を持ったセクシーなトラック運転手ルースと、祈ること以上に銃の扱いに長けている牧師のパードレが、マチェーテに加勢する。銃弾、流血、傷心の嵐を巻き起こしながら、マチェーテは最終的に、復讐と贖罪の壮大な戦いが待つトーレスの街へと戻ってゆく……。(goo映画より抜粋)


よもやよもや。まさかまさかの。
トレホさんが主演の映画を観る日が来ようとは。

「グラインドハウス」内でのフェイク予告だった「マチェーテ」がまさかの映画化。もうそれだけで嬉しいことこのうえないのですが、この映画本編自体もやりたい事を思う存分やりきった感があり、まさに「作る側」も「観る側」も大満足の出来になっております。

はっきり言って内容などは無いに等しいのですけど、無いなら無いでとことん楽しい作りになっている本作品は極上の目の保養でございます。
そんな中とーっても「目の保養」になったのがこちら!


クリックすると元のサイズで表示します


ミシェル・ロドリゲスさん。
このビシリと決まったスタイルももちろんかっこいいことこの上ないのですが
「こうなっちゃう前」のロドリゲス姉さんがもうめっちゃくちゃ可愛いの!

「ワイルド・スピード」とか「アバター」などで観る所謂「腕っぷしの強い姉ちゃん」というイメージとは真逆で、凄く可愛らしい女の子って感じなのですよ。これには完全にやられましたです。

うわぁ....タコス食いてぇ....通いてぇ.....

あと実はジェシカ・アルバをスクリーンで観るの初めてだったのですが、この人もめちゃくちゃ可愛いなぁ。同じくリンジー・ローハンもそうなんですけど、可愛い。
で、この二人脱いじゃってるんですけどこのヌードCGってほんとですか?全然分らんかったんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、トレホさん。

ミシェル・ロドリゲスにモテて、ジェシカ・アルバにモテて、リンジー・ローハンにモテて、更にリンジー・ローハンのオカンにまでモテて、とにかくもうモテモテなトレホさん。

ついにトレホさんにもモテキがっ!!

両手に花が一杯でウハウハなトレホさん。素敵。素敵よ!きゃー!!

「マチェーテ、メールしない」とか「マチェーテ、やればできる」とか急にカタコトっぽくなるのが最高に萌える。

このやろう!オレを萌え殺す気かー!!

そんなこんなで最強の「萌え映画」であるマチェーテ、上映回数も少なくなってきてますので未見の方はお早めにどうぞ。ちなみにこちら京都での上映はT・JOY京都です。

今回見たスクリーンは5番スクリーンで、この5番スクリーンはライブ会場などに利用できるようになっており、席がフラットシートなんですが、映画上映時はそのフラットシートに「囲い」のようなものをつけ「カップルシート」状態になっております。クッションなんかもおいてあり、当然お一人様の僕はそのカップルシートに一人でふんぞりかえってクッションを抱きしめながらの鑑賞。
ある意味こんなプレミア・シートは有り得ない程贅沢ですよ。(そのかわり座席数は異常に少ない!要注意です)



人気ブログランキングへ←クリックよろしくね!
0

ざっくり感想/「ザ・ウォーカー」「トイ・ストーリー3」「バウンティ・ハンター」「プレデターズ」  映画

こんばんは、wataruでございます。ご無沙汰しております。
ちょいと放置気味でしたが、そこそこ新作の映画を観ておりましたので
今夜は一気に4本ざっくりと感想を書いてみようかと。

クリックすると元のサイズで表示します

「ザ・ウォーカー」

あらすじ/

大規模な戦争により、文明が崩壊した世界。誰が名づけたか‘ウォーカー’と呼ばれるその男は、30年間、世界でたった1冊だけ残る‘本’を運び、<西>へと旅を続けている。本を守るため、行く手を阻む敵は容赦なく殺す。彼の目的地はどこなのか?その本には何が記されているのか?一方、大勢の盗賊たちを率い、王国に君臨する独裁者カーネギーは、世界を支配するためにどうしても必要なその本を手に入れるため、旅を続ける‘ウォーカー’の前に立ちはだかる。


原題が「THE BOOK OF ELI(ザ・ブック・オブ・イーライ)」....イーライの本、という事ですが、文明が崩壊してしまったあと1冊だけ残ったその本は聖書です。
それが聖書であることは割と早い段階で判明しますが、実は最後の最後にこの「ウォーカー」が盲目であった、という事が明かされます(ゆえにその聖書も点字で書かれている)。
最初こそビックリしたものの、よくよく考えて思い出してみると「その素振り」が随所に散りばめられていて「あっ!そーいう事だったのか!」と。

てっきり「文字が書かれてあるもの」だとばかり思い込んでいたカーネギー(ゲイリー・オールドマン)はやっとこさ手に入れた点字の聖書を見て愕然とする。

読めへんやんけー!!

とちゃぶ台ひっくり返すの返さないのって、とにかくそのしっぺ返しの手痛さが痛快。
痛快、なのはアクション・シーンも同様で、とにかくデンゼル・ワシントンがやたらめったら強い。滅法強い。ギガント強い。まさに世紀末座頭市。
そしてほんのりと希望が見えてくるラストの余韻も素晴らしいものがあります。


クリックすると元のサイズで表示します

「トイ・ストーリー3」

あらすじ/

おもちゃにとっての‘最高の幸せ’は、子供たちと過ごす楽しい時間。カウボーイ人形のウッディは、ご主人様のアンディの一番のお気に入りだった。だが、アンディはとっくにおもちゃを卒業し、もうすぐ大学に進学するためにこの家を出ていくのだ。そんなある日、おもちゃたちはひょんな手違いで<サニーサイド保育園>に寄付されてしまう。「子供と遊べる!」とはしゃぐバズやおもちゃ仲間たちだが、そこは、おもちゃを破壊しまくる凶暴な幼児たちが集まる、おもちゃにとっての地獄だった。


人が見てない所でおもちゃが動き回るという、よくよく考えてみれば死ぬ程オソロシイ話をディズニーの魔法によって大人も子供も号泣必至の素晴らしい作品に仕上げております。
でも劇中に出てくるあの赤ちゃん人形....ビッグ・ベイビーだったかな。ありゃこわいぞ。

どうします?夜中にあんなのが
「ばーぶー」
とか言ってにじり寄ってきたら。

多分わたし(5階の)窓から飛び降ります。
これマジで「サスペリア part2」よりこわいです。

で、わたし自身はというとこの「トイ・ストーリー」シリーズは1作目も2作目も観ておりましたが、まぁフツーに面白かったなぁという程度でそんなに思い入れもなかったんですが、この3作目はめちゃくちゃ良いですね。もうラストのあたりは号泣もんでございました。

後半からの「地獄の保育園」からの地獄の脱出劇などは手に汗握りますし、行き着いた先の焼却炉で焼かれそうになるあたりなんてもうみんな諦めちゃってさ、手を繋いだりするぢゃない。もうあそこだめ。泣いちゃった。
そこは間一髪でUFOキャッチャー的なものに救われてホッと胸を撫で下ろす。三つ目の宇宙人の「か〜み〜さ〜ま〜」、笑っちゃう。あと枝豆三兄弟もいいよね。可愛くて気が狂いそう♪

そんなこんなでおもちゃたちの「最後の選択」がなんとも粋でグッときちゃいます。
もう完全に大人を泣かそうとしてます。
も、だめ。こういうの弱い。だめよ。


クリックすると元のサイズで表示します

「バウンティ・ハンター」

あらすじ/

ジェニファー・アニストンとジェラルド・バトラー共演で贈るクライムアクション。逃亡者を捕まえて賞金を得るバウンティー・ハンターのマイロは新たなターゲットを追うが、その対象は彼の別れた妻・ニコールだった。

「300(スリーハンドレッド)」で男の中の男レオニダスを演じたジェラルド・バトラーのにやけ面を思う存分堪能できるナイス・ラブコメ。
あとわたしあんまりジェニファー・アニストンって知らないんですけど、本作品のジェニファー・アニストンはめちゃくちゃキュート!いやらしくない大人の色気っつうのか.....いやはやなんとも素敵な感じでございましたよ。

出だしこそ「壮絶な夫婦喧嘩」って感じなのですが、なんだか話しが進んでいくにつれ犯罪に巻き込まれていたり、二人の気持ちがじわじわと寄りつつあったり、また離れちゃったり、また寄ってきてみたり、軽く笑えてスカッとする良い映画ですね。

わたしは吹替え版で鑑賞(基本吹替え派です)していたのですが、まぁこの吹替えがナイスでしてねぇ。オリジナル音声でここまで笑えるか?っつうぐらいにナイスな吹替えです。とはいえオリジナル音声では観ていないので何とも言えないのですけど、「笑い」のニュアンスって日本語のほうが確実に伝わってくると思うんですよね。


クリックすると元のサイズで表示します

「プレデターズ」

あらすじ/

地球から遠く離れた未知の惑星―傭兵のロイスは、どこともわからぬジャングルに向かって落下していた。目を覚ますとそこには、同じように‘気がつけば落下していた’という人々が集まり、彼らはそれぞれ異なる戦術を兼ね備えた最強の殺し屋たちだった。その顔ぶれは傭兵、死刑囚、特殊工作員とさまざまだが、なぜ今ここに自分がいるのかを理解出来ない戦闘のエリートたち。しかし実は彼ら自身が、その地球外生命体=プレデターの獲物であり、‘一員’だったのだ…。

つい最近劇場でやってたかと思ったのに、もうレンタルになってました。
なんか最近の傾向として、劇場公開からDVD化への期間がどんどん短くなっているような気が.....

ま、こっちとしては有り難いっちゃあ有り難い話なんですけどもね。(映画は劇場で!と思ってはいるものの歳を重ねるごとに出不精になってきて.....でも自転車で遠出したりとかはありますけど)

さて内容はシュワちゃんが大暴れした1作目の続編、というようなカタチ。
地球から「スカウト」された殺人のプロたち。兵士はもちろん、死刑囚やらギャングやら日本のヤクザやら殺人鬼やらが、無理矢理違う惑星にすっ飛ばされてしまいます。
その中でもリーダー格である傭兵役のエイドリアン・ブロディが意外なことにめちゃくちゃハマり役なんですよね〜。しかも細そうに見えて実はマッチョメンという。これ女子は大喜びなんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうかね。

あと「レポゼッション・メン」でも大活躍だったアリシー・ブラガが女兵士役でしてね、またこれが狙撃手でめちゃくちゃカッコいいんですな。でっかいライフル構える様もビシリと決まっておりまして、これはこれで男子は「たまらん!!」と鼻息荒くなっちゃうような感じで。

まだ観てない「マチェーテ」でウハウハのダニー・トレホさんも出演しております。
残念な事に一番最初の退場者になってしまうのですが、あのゴツゴツとした岩石のような特濃フェイスを拝めて嬉しかったです。

中盤から出て来たローレンス・フィッシュバーンの太りっぷりにはちょっとビックリしましたが、10シーズンも生き延びてきたわりにはあっさり死にやがります。何しに出て来たのか分りません。

意外だな、と思ったのは「宇宙の狩人」であるプレデターにも種類があって、地球でシュワちゃんたちを恐怖のズンドコに陥れたのよりも強い種族が存在して、しかもその強い方が弱い方を狩ってるというのも設定としては面白く感じました。
そんなこんなで「スーパー・プレデター」と「イケメン細マッチョ」との対決の行方や如何に!?
手に汗握るバトルにアツくなりますね。

あと日本人ヤクザの死に様はなかなかのもんでしたが、どうしても日本人ってこんな感じで描かれちゃうよねー。もうしょうがないのかな......


そんなこんなで4本ざっくりと感想を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。
では、また何か映画を観たらなるべく「ざっくり」とではなく詳しく書いてみようと思います。



人気ブログランキングへ←ざっくりとクリック〜♪
0

モールス  

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

「モールス」Lat den ratte komma in

ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト/著
富永和子/訳


内容(「BOOK」データベースより)
母親と二人暮らしのオスカルは、学校では同級生からいじめられ、親しい友達もいない12歳の孤独な少年。ある日、隣のエリという名の美しい少女が引っ越してきて、二人は次第に友情を育んでいく。が、彼女には奇妙なところがあった。部屋に閉じこもって学校にも通わず、日が落ちるまではけっして外に出ようとしないのだ。やがて、彼女の周辺で恐るべき事件が…スウェーデンでベストセラーを記録したヴァンパイア・ホラー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リンドクヴィスト,ヨン・アイヴィデ
1968年、スウェーデン、ストックホルム郊外のブラッケベリ生まれ。マジシャン、スタンドアップ・コメディアン、シナリオライターなど多彩な経歴を持つ。2004年に発表した『MORSE』で作家デビュー。翌2005年のゾンビを題材にした第二作Hanteringen av od¨odaもベストセラーになった。「スウェーデンのスティーヴン・キング」の異名を取る、ホラー界期待の新星

富永 和子
英米文学翻訳家。獨協大学外国語学部英語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
(以上、Amazonより抜粋)


るぅしぃはぁてんちょぉぉぉ!!
ぅありがとうございますぅぅぅぅ!!


先日Twitterで「ぼくのエリ/200歳の少女」の原作「モールス」買おうかなー、とか呟いておりましたら、るしは店長からメールが。

「wataruさん、モールスいりませんか?」と。

要る要る!!
でもなんでまた?と思って返信してみたところ、店長間違って2度買っちゃったそうなんです。なので余ったものを送りましょうか、との事でしてここはもうそのご好意に思いっきり甘えちゃおう、と。

読みたい読みたい、と思っていた本が思いもよらぬカタチで手に入ったのはいいのですが、一つだけ気がかりな事が.....

それは、わたし自身が「本を読めない病」という奇病にかかっているという事です。

「本を読めない病」なんて病があるわきゃーないのですけど、もうここ数年まともに本を読んでいません。つい最近どうにかこうにか読んだのが「ラブリーボーン」ぐらいでしてね。

僕がこの奇病に冒される前はそこそこ本を読む人だったんですよ、ほんとそこそこ。
ところが、ある時期から「文章を読んでも頭に入ってこなく」なってしまったんです。
入ってこない、というより「文章を頭の中で映像に変換する事ができなくなった」という感じでしょうか。いろいろ想像してはみるものの、その作業がとてつもなく「苦痛」になってしまったのでございます。

こういうのも一種の「老い」なのだな、と思い仕方ないかと諦めていたのですけど、例えば先に映画を観て、その後に原作本を読んでみる、という方法をとれば「楽に読める」という事が分ってきましてね。まさに「ラブリーボーン」などはそうだったのですけど、「絵」が強烈に印象に残っているせいか、文章を読むとパッと絵が浮かんでくるんですな。そうすると、読める読める。グイグイ読める!

という訳でこの「モールス」も、映画の美しい映像を思い浮かべながらグイグイ読み進めて、あっというまに読み終わってしまいました。

さて、この「モールス」。

えらい事になっております。

これから先はネタバレになっておりますので、各自 自己責任でお願いします。
読みたい方は「続きを読む」をクリックしてくださいませ♪

「続き」部分に追記しました(11月10日)
続きを読む
11




AutoPage最新お知らせ