映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
プリンセス トヨトミ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「プリンセス トヨトミ」

原作/万城目学
監督/鈴木雅之
出演/堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、中井貴一、他。

あらすじ/
国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。大阪府庁など、実地調査を順調に進めていく彼ら。しかし容赦ない調査でチームリーダー・松平は、財団法人OJO(大阪城址整備機構)に奇妙な違和感を覚える。質問をぶつけても、のらりくらりと説明をかわす職員に、不信感は増すばかり。さらに調査を進める内、松平は400年もの間、大阪が守ってきた“秘密”を知ってしまう…。(goo映画より抜粋)


THE・粉もん帝国、大阪。

大阪という所は、他の所とちょっと違う。

わたしは今、大阪の隣にある京都に住んでおり、たま〜に大阪へ出かけたりするのだが、なんていうか街が独特だし、そこを行き交う人々の「熱気」も凄い。街全体に妙なグルーヴ感があると言ったらいいのか、こういうのは京都にはないものだし、以前長い事住んでいた東京でも、こういうものは感じられなかった。
思うに、大阪に住んでいる人達は大阪のことが

めっちゃ好き!

だと思うのです。そう、誰かさんの唄にもあるように、やっぱ好っきゃね〜ん♪みたいな想いが街を作り上げているというか。

なので、この映画のように、実はこっそり大阪が「国」として独立していた、などというとんでもない話が「うん、アリかもしれない」と思えてしまうんですよね。

しかも、その国の総理大臣が、普段はお好み焼き屋をやっている、というのも「大阪なら有り得るでしょう」となんだか妙に納得してしまったワケでして。

クリックすると元のサイズで表示します
↑こんなふうにね。

わたし、予備知識がこの映画の「予告」だけだったもんですから、大阪国、豊臣家の末裔、大阪全面停止、などというキーワードで連想してしまったのが

大阪が独立して日本に宣戦布告する

という物騒な話だと思い込んでいたものですから、この映画の後半の意外な展開にはちょいとビックリしましたね。

父から子へ、語り継がれていくもの。

緊張感漂う、「大人」の話し合いの中で、この「大阪国」の成り立ちが語られていくわけなのですが、これがなんとも胸を熱くさせるええ話だったりするのです。
いやぁ、なかなかのもんですね。面白かったですよ、この映画。

お好み焼き、たこ焼き、串カツなどのTHE・大阪な食べ物も沢山出てきて食欲をそそられるし、綾瀬はるかちゃんの乳揺れ(すっごい揺れてた)とかそれは地のままではないのかという天然キャラとか、プリンセス豊臣役の沢木ルカさんのフレッシュさとか、冷静でふてぶてしい堤真一さんとか、発する言葉の一語一句に「重さ」を感じさせる中井貴一さんの名演とか。

別に歴史に詳しくなくても全く問題なしの親切設計なのも嬉しいですね。今日は雨にもかかわらず満員でしたし、老いも若きも男も女も、みーんなで観にいったらいいと思いますよ、ええ。

ま、個人的にはR15とか18以上の「問題あります」的な映画の方が刺激があって好みなんですけどね。でも万人受けする映画もいいもんです。


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0

雨がしとしと降る夜は。  音楽

梅雨入りですねぇ。しばらくはうっとおしい季節が続きますが、部屋の中で聞く雨音は何故か心地よかったりしますよね。

そんなわけで、なんとなく
「雨」
を連想させる曲をいくつか貼っておきます。








アコギの音っていいですねぇ。癒されます。
さて、次はちょっとマニアックなベースものでございまして、とりあえずこの方のベースソロを観て頂きたい。



いや〜変態ですねぇ。
上手過ぎてムカつきますが、この人の使ってるベースもかなり特殊ですよね。フレットレスなのにそれっぽい音がしないし、ヘッドにはかなりけったいな仕掛けがあるのも確認できます。まぁこんだけ弾けたらバンドなんか要らないっすよね。でも実はちょっとこういう人に憧れてしまいます。

あと、K-POPなどには全然興味ないのですけど、曲もいいしルックスも抜群なので
「少女時代」とかw



ううむ.....ええ脚しとるなぁ.......


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0

流れ流れて流れ橋  自転車日記

クリックすると元のサイズで表示します


●上津屋橋

上津屋橋(こうづやばし)は、日本の京都府久世郡久御山町と八幡市を結ぶ、木津川に架けられた木橋である。川が増水すると橋桁が流される独特の構造を持つ流れ橋の代表的なものであることから、「流れ橋(ながればし)」の名で呼ばれることが多く、また、「木津川流れ橋(きづがわ ながればし)」「八幡流れ橋(やわた ながればし)」などといった異名で呼ばれることもある。橋長(全長)356.5m、幅3.3mは、現存する木造橋、流れ橋として日本最長である。

●概要

上津屋橋は、京都府道281号八幡城陽線の一部に指定されている。歩行者と自転車の専用橋となっているが、周辺住民の生活道路として重要な役割を果たしている。一たび橋桁が流失してしまうと利用者は約500m下流側にある第二京阪道路一般部の新木津川大橋などへ迂回することになる。新木津川大橋の開通までは、数km離れた別の橋を使っての迂回を余儀無くされていた。

上津屋橋の周囲は堤防の外側(注:河川の堤防は、市街地側が内側[堤内])であるため、主に茶畑として利用されており、民家や電柱などが存在しない。また、昔ながらの雰囲気を持った木橋であり、映画産業が盛んな京都市から近いことから、時代劇のロケ地としても有名である。

周辺の木津川には野鳥の他、ヌートリアが生息しており、橋の上から泳ぐ姿がよくみられる。



●構造

通常の桁橋では橋脚と橋桁は固定してあるが、上津屋橋では橋桁は橋脚に載せてあるだけで、水位が上昇するとそのまま水に浮かんで流されるようになっている。これは、橋の強度を高めて水の圧力に耐えようとするのではなく、構造物の一部が流されてしまうことによって破壊に到る圧力を受け流してやりすごすという考え方に基づく設計である(cf.柔構造)。加えて、上流から流されてきた物が橋脚と橋桁の間に引っかかってダム様の塊を作ってしまい、それが増水によって決壊する事態も、この構造であれば未然に防げる。

また、流された橋桁が下流へ流失してしまう問題に対しては、橋桁を8つに分割した上で個々にロープで橋脚とつなぐ方法が執られている。これにより、橋桁は増水のたびに流されながらも流失することはほとんどなく、復旧作業の効率と経済性を高めている。しかし、流出した橋桁がうまく流れに乗って浮かび上がることができず、損傷する部分も少なくはなかった。1997年の流出後の復旧にあたって、流出時の橋桁の損傷を減らすために全体の半分の区間では20枚程度の橋板を鉄製の棒で固定する「ユニット化」が実施された。2009年の流出時に「ユニット化」の効果が確認できたため、全区間で「ユニット化」を実施して復旧する。

橋脚は全73基中、17基がコンクリート製となっている。

床版の木の板の枚数が1,784であるらしいことが、2007年(平成19年)6月8日放送のテレビ番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)で明らかになったが、同年8月28日未明に花火のものと思われる小火によって一部が損傷し、修復されたため、以後、枚数は不明となった。花火による失火はその後も続き、2009年(平成21年)8月25日の未明にも橋板が17枚焼ける火災が発生している。

(以上、wikiより抜粋)



先日、京田辺や樟葉などを走っていたとき、途中でこの「流れ橋」を偶然見かけましてね。
その時は横目に見ながら通り過ぎただけだったんですが、だんだん気になってきてしまいまして、こうなったらもう渡ってしまおうかと思った次第でございます。

と、いうわけで連続で写真をドーン!と。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

テレビとか映画などで一度はみかけたことのある有名な橋を渡ってみて思ったのは
「案外揺れる」
って事だったんですけど、まぁそりゃそうですよね、木造でのっかってるだけの橋ですから。人が歩いているだけで結構揺れます。ちょうど写真を撮ろうと橋の上で立ち止まり、自転車はスタンドを立ててから止めたのですが、前後から歩いてくる人の振動で自転車がゆらゆら揺れるんです。木津川に自転車が落ちるんじゃねえかとヒヤヒヤしながら写真を撮り、また歩き出す。一度橋の向こう側まで渡り、また引き返す。

周りは茶畑などで、ひっじょーにのどかな風景です。今日は少し暑かったですが、なかなかナイスな場所だったので良かったです。

その後はサイクリングロードに入り、嵐山まで。

本日の走行距離は56qと840m、CO2削減量は8.52s。(走る事で減らしているわけではないが、ガソリン車でこの距離を走ると出される二酸化炭素の量を算出している。)


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ←よろしかったらポチリと♪
2




AutoPage最新お知らせ