映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
男たちの挽歌 U  映画

クリックすると元のサイズで表示します
↑火薬盛りすぎ



「男たちの挽歌 U」

原題/英雄本色2
英題/A BETTER TOMORROW 2
監督/ジョン・ウー
出演/チョウ・ユンファ、レスリー・チャン、ティ・ロン、ディーン・セキ、他。

あらすじ/
かつて香港の巨大な紙幣偽造組織を牛耳っていたホー(ティ・ロン)は、服役中のある日、香港警察のウー特捜部長から、東南アジアの紙幣偽造シンジケートを支配するルン(ディーン・セキ)のもとに潜り込み、その証拠を握るように命じられる。彼は弟の刑事キット(レスリー・チョン)がこの捜査に加わっていることを察知し、身を案じて組織潜入を承諾するが、パーティの席でルンの部下コーが、彼に殺人の濡れ衣をきせ会社を乗っ取ろうと企み、敵対するボスを銃殺、茫然とするルンをホーたちはニューヨークにいる彼の昔の仲間で、今は神父となっているサムのもとへ高飛びさせる。しかしコー一味は、香港に残った彼の一人娘ペギー(レジーナ・ケント)を殺害し、ニューヨークへも殺し屋を送る。巻き添えとなってサムたちは犠牲となるが、何とか一命をとりとめたルンは、やがてホーのかつての相棒である亡きマイクの双子の弟ケン(チョウ・ユンファ)の世話になることになったが、深い精神的ショックから彼は何に対しても反応を示さなくなってしまう。一方、ホーに続いてキットもコー一味に潜り込もうとするが、一味は彼が刑事であることに気づき、ホーに彼を殺すように命じるが、幸い命はとりとめた。ニューヨークでも殺し屋はルンとケンに襲いかかり、そのさ中正気を取り戻したルンは、報復を果たすためにケンと共に香港に帰国する。そして二人は、ホーやキットが身を潜めているキットのもとに合流し、ニセ札製造の拠点である造船所内の倉庫を襲撃するが、それはコーの罠であった。四人は命からがらそこから脱出するが、コーの屋敷に向ったキットは一味に腹部を撃たれ、ケンの腕に抱かれながら、女児を出産したばかりの妻ジャッキー(エミリー・チュウ)に電話している最中、息を引き取った。コー一味にキットの弔い合戦を仕掛けるホー、ケン、ルンの三人は自らの命を賭けて敵の家敷に乗り込み、凄絶な銃撃戦の末に復讐を果たすのだった。(goo映画より抜粋)



映画秘宝的に言うところの「ジョン・ウー学校」卒業生のwataruでございますこんばんは。

今夜は久しぶりに鑑賞した「男たちの挽歌 U」の感想なのですが、その前に先日公開され、今レンタルになっている韓国でリメイクされた「男たちの挽歌/A BETTER TOMORROW」の事から書いていこうかと思います。

正直、ジョン・ウー学校卒業生のわたくしとしては、このリメイクを観るのが怖かったです。
というのも、出演者を見てみるとみなさん細めでイケメンでスタイリッシュ。
オリジナルの方は背丈も顔も大きく違い、決してイケメンではないけど「いい顔」をした役者揃いで、名前よりも「顔」で見分けがつくほど分りやすかったのに、こんな平均以上のイケメン細マッチョばかりで誰が誰なのか区別がつくのか......まずそれが一番気がかりでした。

しかしそれはオリジナルを何度も見て頭に叩き込んであったので、ああこいつがマークでこいつがホーか。そしてキットはこいつであいつが憎いシンの野郎だな!というのはすぐ分りました。しかしコレ、本家を知らない人はちょっと人物関係の把握に苦労するんじゃないかなぁ.....

それに、あまりに「兄弟の関係」に固執した描き方のせいか、ドラマ部分がちょっとしつこく感じられて、アクション部分とのバランスがとれていない、というか。
まぁドラマ部分、アクション部分それぞれ別にして考えれば良くできているのですけど、それを1本の映画に配置したときに物凄くバランスが悪く感じられるのですよね。それに、ラストシーンも悪い意味で「韓国映画」っぽさが出てきてしまって、僕としてはなんだかなぁ.....と思ってしまったわけです。でも、いい部分もあるんですよ。現代風にアレンジされた銃撃戦とかね。これはなかなか良かったですよ。

このリメイク版に「ジョン・ウー魂」を感じられたかどうか、と問われれば答えはNOです。
頑張ってはいるが、まだ及ばない。心の底からアツくなれない。そして「濃く」ない。

不足したジョン・ウー成分(例えば白い鳩がバッサーとか。これは、挽歌1&2では見られない。「狼/男たちの挽歌・最終章」からか?)を補うためには、本家から補充するしかないでしょうが!と、言う事で本日はタヤツーで鼻息荒く「男たちの挽歌」とこの「男たちの挽歌 U」を借りてきた次第でございます。
一応タヤツーでは挽歌をゴリ押ししてますので、リメイク版もそうですし、オリジナルの挽歌1&2、そして狼のデジタルリマスター版をズラーリと並べてありましたが、あれ、「アゲイン」はブルーレイ化されてないのかな。時任三郎(とき・にんざぶろう....じゃなくて、ときとう・さぶろうさん)も出てるのに。そして「ハード・ボイルド」(國村準一さんも出てるよ!序盤でユンファ兄貴にブチ殺されるよ!)も無かったなぁ。せっかくなのでそのへんも掘り出してほしかったな。

まぁ、そんなこんなで感想を書こうと思いましたが、久々に見直すともう感情が高ぶっちゃって何を書いたらいいのかわかりません。

とにかくアツい。濃い。
もうずーっと涙目で観てました。
なんだかんだであれやこれやで終盤の大・大・大・銃撃戦になだれこむわけですけど、もうこれ完全に火薬量を間違えています。明らかに盛りすぎです。でもジョン・ウーならこれが普通です。
ハリウッドに渡ってからの第1作目、ヴァンダム主演の「ハード・ターゲット」をご覧なさい。ビックリしますよ。でもやはり一番火薬が盛ってあるのは「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」だと思いますね。「やりたい放題」とはまさにこの事。ウー先生、そろそろコッチ路線に戻ってきてほしいなぁ。

そんなわけで男気も火薬も義理も人情も愛も涙も、キャバクラ嬢の頭並に盛って盛って盛りまくる、これぞジョン・ウー印の傑作でございます。もし未見の方が居るなら、是非とも一作目から追って頂きたい!


↑まさにベストなシーンなので、未見の方は観ないようにね!


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチっと♪
1

ドリーム・ホーム  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ドリーム・ホーム」

英題/dreamHome
監督/パン・ホーチョン
出演/ジョシー・ホー、イーソン・チャン、デレク・ツァン、ローレンス・チョウ、ジュノ・マック、他。

あらすじ/
2007年10月30日、香港。ビクトリア・ハーバーの湾岸エリアに聳え立つ超高級マンション“ビクトリアNo.1”。ある晩、管理人室に忍び込んだ何者かによって居眠り中の警備員が殺害される。犯人は銀行のOLチェン(ジョシー・ホー)だった。同僚とともに銀行の顧客リストを他社に売りさばき、夜は中古ブランドショップで働くチェン。心の拠り所は、恋人シウトウ(イーソン・チャン)だけだが、彼は妻子持ちであり、2人の関係には未来はない。そんな彼女が抱く夢は、“ビクトリアNo.1”の部屋を手に入れることだった。それから遡ること8年の1991年。チェンが両親や弟と一緒に暮らす下町のアパート周辺では地上げ屋も絡んだ都市開発が行われ、見慣れた風景は失われつつあった。毎日のように海を眺める元船乗りの祖父と、“勉強を頑張って広い家を買え”と言う建設作業員の父。そんな2人の姿を見るうちに、チェンは聖母マリアに“海が見える家に住めるように”と祈り始めていた。そして1999年。大学生になっていたチェンは、家計を支えるために退学し、就職することを決意。だが、地価の上昇は止まることを知らない。2004年。母の死に続いて、父が肺に病を患うことになる。治療には手術が必要だったが、その費用は12万ドル以上。これまで貯めてきた住宅資金には手をつけたくない。もはや、湾岸エリアの家は彼女にとって夢であり、命のような存在になっていた。そして、ついに見つけた“ビクトリアNo.1”の物件。だがその価格は520万ドルから650万ドルへと跳ね上がっていた。月1万8000ドルの返済で、30年ローン。ついにチェンは病床の父を殺害し、保険金を得る計画を立てる。そして2007年10月30 日。再び“夢の家”を訪れたチェンの手によって、血の惨劇が始まろうとしていた……。(goo映画より抜粋)



本日、7月16日、京都は祇園祭真最中でございますが
わたしにとっては本日はこの「ドリーム・ホーム」が京都みなみ会館での初日であることの方が重要でございます。
京都みなみ会館まで自転車を漕いでいる道すがら、浴衣姿のかわいい女子とか見かけましたがそんなものには目もくれず、ひたすら夢の家までまっしぐら。なんなら邪魔な奴など轢いてしまおうか、というぐらいの勢いでございます。

このドリーム・ホームという映画も、オーシャン・ビューの高級マンションを手に入れるために邪魔者を片っ端から殺していくという、まさに香港版「屋敷女」という体ではありますが、残酷極まりない殺しの中にもユーモアを感じさせ、なおかつ社会問題にも鋭く切り込んでいくあたりが斬新でしたね。

映画の構成自体も面白く、現在進行形の殺しの合間に、なぜこのような殺人に至ったのかという過去の出来事も次第に分ってくるようになってまして、子供の頃の思い出とかのシーン、結構せつなくてね。ちょっと泣きそうになっちゃったりなんかして。そんなセンチメンタルな場面のあとに内臓がドバーとか、思いっきり面食らってしまいます。もう、両極端な感情がいったりきたりするので、とっても疲れます。

で、犯人であるチェンは女性ですし、そんなに力もないもんで、基本的に殺しは「不意打ち」だったりするんですけど、思わぬところで返り討ちにあったりして、もうボロボロなんですよ。
ちょ、ムチャせんといて!とか人殺しなのに心配してしまったりとかね、しまいにゃ応援してしまう自分が居たりしてね、ちょー不謹慎な感情に支配されちゃいますです。
そして、観終わったあとも不思議なことに爽快感があるんですよね。
人殺しとはいえ、夢に向かってまっしぐらで女性が超頑張る映画は大好きです。

今年観たホラー映画の中ではダントツの切株度。傑作でございます!

アジアン・ホラーの新たなる夜明け。
見逃すべからず!




人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
4

GANTZ(前編)  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「GANTZ(前編)」

監督/佐藤信介
出演/二宮和也、松山ケンイチ、夏菜、吉高由里子、本郷奏多、田口トモロヲ、他。

あらすじ/
就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢かれてしまう。次の瞬間、二人は見慣れぬマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められ、リビングの中央にはGANTZ<ガンツ>と呼ばれる謎の大きな黒い球が異様な存在感を誇っていた。出ることの許されないその部屋で、GANTZ<ガンツ>は死んだはずの人々に生き残るためのミッションを与える。それは“星人と戦い、そして殺すこと”だった。戦いの場へと転送された彼らは、何者かも分からぬ異形の星人と対峙する。やがて戦いを終え部屋に戻るとGANTZ<ガンツ>による採点が行われる。星人を倒し得点を重ね、“100てん”になるとこの世界から解放されるか、好きな人を生き返らせることができると知らされ、元の世界に一時的に戻される。だが、“100てん”を取るまで戦いは終わらない。玄野は戦いに目覚め、生き抜くことを選択するが、加藤は暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する。生と死を実感しながら、その不条理な世界での戦いは苛烈を極めていく……。(goo映画より抜粋)


本日、GANTZがレンタル開始だったので早速借りてきました。
先日テレビで放映された「アナザー・ガンツ」があまりにもアレだったので、劇場版はまさかこんなんじゃないだろうね?という確認の意味もこめて鑑賞してみました。

アナザー・ガンツの方は一連の事件を追う記者の視点で物語が進んでいき、星人とのバトルのおいしいとこ取りとか、西くんの荒んだ現実での生活などがピックアップされておりました。
代わりにこちらの本編では記者は一切登場せず、西くんの現実での生活も一切明かされず、なんだか単なる不気味なベテラン・プレイヤーという感じでしたけれども、やはり素晴らしいのは星人とのバトル、特に序盤の「ねぎ星人」とのバトルの切株描写は凄まじいものがありました。確かにこんなのテレビじゃキツいよなぁ、というぐらい手足が切れたり血がドバドバ出ておりました。

そして星人のなかでも特に大好きな田中星人のクオリティの高さには驚きです。
こちらのバトルはアナザー・ガンツでもほぼ全部放映しておりましたが、改めて観てもその異形っぷりには鳥肌が立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
↑キシャーッ!!

もうね、こわいです。
こんなのに夜中歩いているときに出会ったら小便ちびります。
しかもこんなのが物凄い早さで走ってくるんですから、もうたまったもんじゃありまへん。
わたしなんかビビリまくってあのスーツ着ててもやられちゃうでしょうね。

で、この映画での田中星人はこれ一体しか出てきません。
原作読んだ方はもう既にご存知でしょうが、バトルはこんなもんじゃ済みません。
漫画原作の映画化で、しかもまだ全然終わっていない作品の映画化なわけですし、これを前編・後編あわせて「終わらせる」方向で作るというのは大変なことだと思います。色んなものを削ぎ落とさないといけないわけですから。

先日公開された後編の方は観ていないのですけど、どうやら大阪・心斎橋での妖怪大戦争はない模様ですし、予告編を観た限りだと地味な娘・多恵ちゃん(映画では吉高由里子。全然地味じゃねえっつうの!)をめぐるバトルがメインのようですしねぇ。
ですが、それでも続編を期待させる作りはなかなかのものですし、出来うる限りのグロ描写をキチンとやってくれているあたりは賞賛に価しますね!

原作はグロいのと同時にかなりのエロ要素もありますが、映画版でのエロは「ピカルの定理」でおなじみの夏菜ちゃんの登場シーンぐらいですかね。
いやしかしよくやった!えらいぞ夏菜!!

これなら劇場で観ても良かったなぁ、というぐらいの出来の良さでしたので続編も楽しみです。続編のリリースは10月頃の予定みたいですね。はやく観たいわぁ〜〜。
原作とは違う「決着」をどのようにつけるのか。ろくろ首のように首を長くして待ちたいと思います。


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1




AutoPage最新お知らせ