映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
わたしを離さないで  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「わたしを離さないで」

原題/NEVER LET ME GO
原作/カズオ・イシグロ
監督/マーク・ロマネク
出演/キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、シャーロット・ランプリング、他。

あらすじ/
緑豊かな自然に囲まれた寄宿学校ヘールシャム。そこで学ぶキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人は、幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた。しかし、外界と完全に隔絶したこの施設にはいくつもの謎があり、“保護官”と呼ばれる先生のもとで絵や詩の創作に励む子供たちには、帰るべき家がなかった。18歳になって、校外の農場のコテージで共同生活を始める3人。生まれて初めて社会の空気に触れる中、ルースとトミーは恋を育んでいく。そんな2人の傍にいながらも、次第に孤立していくキャシー。複雑に絡み合ったそれぞれの感情が、3人の関係を微妙に変えていく。やがて、彼らはコテージを出て離れ離れになるが、それぞれが逃れようのない過酷な運命をまっとうしようとしていた。やがて再会を果たしたルース、トミーとかけがえのない絆を取り戻したキャシーは、ささやかな夢を手繰り寄せるため、ヘールシャムの秘密を確かめようとする。だが、彼らに残された時間はあまりにも短かった……。

解説/
イギリス最高の文学賞・ブッカー賞受賞作家、カズオ・イシグロの同名小説を基に、同じ寄宿学校で育った幼なじみの3人の、瑞々しくもやるせない恋と友情の物語。数々の傑作ミュージックビデオを手掛けてきたマーク・ロマネク監督が、詩情豊かで、かつドラマチックな作品に仕上げた。『17歳の肖像』、『つぐない』でそれぞれオスカーにノミネートされたキャリー・マリガンとキーラ・ナイトレイ、『ソーシャル・ネットワーク』でゴールデン・グローブ賞ノミネートのアンドリュー・ガーフィールドといった若手演技派の共演が話題。痛ましくも美しいこのラブストーリーは、倫理に関する問題やSFの枠を超え、生と死、そして愛をめぐる普遍的な広がりさえ感じる。
(以上、goo映画より抜粋)

涙が止まりまへん。

実はこの映画の「設定」を知っていたうえで鑑賞していたのでありますが
それでも、ギューッと胸が締め付けられる様に切ない切ない物語に心を持って行かれてしまい
終盤あたりではもうさめざめと泣いておりましたですよ。

さて、その「設定」なるものなんですが
バカ映画監督マイケル・ベイ(←褒めている)の「アイランド」と同じなんですよ。
同じなのにこうも違うものが作れるのかと感心。
映画自体は説明を極力省き、「寄宿学校」で暮らす少年少女たちの生活や恋模様、そして彼らが大人になってからの人間関係を淡々とした口調で描いているところが素晴らしいです。

そして、凄く透明感のある映画なのにとても残酷な物語です。

使い道が限定されてしまった命。
その中で、一生懸命に愛し合って輝いている彼らを観ていたら
今の自分はなんなんだろうと思わず考え込んでしまいます。
「提供する者」と「提供される者」の違いが何なのかわからない、と最後に言っていましたが、
これがもう本当にグサリと胸に突き刺さったわけでして。

命とはなんなのか。
生きる意味とはなんなのか。


そういう事を考えさせられる、傑作でございます。
未見の方は是非。

クリックすると元のサイズで表示します
↑大人になれば現実の重さが身にしみる。


あ、今ふと思ったんですが「レポゼッション・メン」の設定ってある意味良心的なのかもなぁ、と思ったりして。お金さえ払えばどうにかなるわけだし......


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪



0

マジすか学園2  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

「マジすか学園2」

あらすじ/
前作から数ヶ月後。旧四天王たちは卒業し、前田は3年生に進級したが、ラッパッパはかつての勢いを失いつつあった。校内を新たなヤンキーたちがうろつく中、ある人物が前田に宣戦布告し、下克上の幕が開く…。(wikiより抜粋)


にわかAKBファンのwataruでございますこんばんは。
連休中にこの「マジすか学園2」をイッキ見しておりまして、今夜はその感想などを書いてみようかと。
まぁぶっちゃけて言えば、パート1のほうがより暴力的で面白かったですが、こちらのパート2は「それなりに」面白いといった程度かなぁ。前田敦子や大島優子もそれほど出てきませんし、麻里子さまもね、あんまり出てきませんです。ちょっと残念です。ですがその代わりに新しい世代が出てきてこれが結構頑張っておりますので、なかなか見応えはありましたです。

で、今回はAKBではなくSKE48のメンバーが非常に印象深かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
* ゲキカラ(甘口) - 松井玲奈

旧四天王では唯一留年し、四天王の座に再び居座っている。喧嘩の実力は非常に高く、作中トップレベル。今は亡き優子に必ず卒業することを誓っている。
性格やキャラクター設定が前作と大幅に変更された。前作と比べると普通の会話を行えるようになっており、数ヶ月前までは敵対関係だった前田やその一派とも完全に和解している。
危険度や怒りの度合いは辛さで表現され、甘口の時は胸のペンダントの文字が「POP」、ゲキカラに覚醒した時は「ROCK」になる。普段は甘口だが、激しい怒りを感じたときはゲキカラへ覚醒し、学ランを袋叩きにしたカムバックとまゆげを軽く一蹴した。ミソの凶行によって瀕死の重傷を負ったが一命を取り留め、入院。最終決戦では入院中にも関わらず病院を抜け出し参戦した。最終話で前田に「来年こそ卒業しろよ」と言われたことから、今年度も卒業できなかったようである。

(wikiより抜粋)

前作でのラッパッパ四天王はほぼ怪人級の強者揃いでしたが、このゲキカラを除いて全員卒業しております。ていうかこのゲキカラさん、元々はガイキチなキャラクターだったんですが今作では物凄く可愛らしい一面も見せております。一気に好きになってしまいました。
しかしキレたときの目つきは相変わらず怖いです。
「富江」とかやってみたら凄くハマるんじゃないかなぁ.....とか思ったり。

クリックすると元のサイズで表示します
* センター - 松井珠理奈

出番の少ない前作から一転、主役級の一人として登場。幼少時に父親から家庭内暴力を受け、それを苦に母親が家を出てしまったなど、孤独に生きてきた過去が示唆されている。父親に対して殺意にも似た激しい憎悪を抱いており、それが同じ孤独な人生を歩んでいたネズミに惹かれていった大きな理由となっている。腹部に刃物で刺された際の傷跡があり、そのトラウマから金属などによる光の反射を見ると我を忘れてしまう。常にカーディガンを着用。回想シーンでは巻き髪になっている。卵焼きが好き。
チームフォンデュと同じクラスだが、寒ブリ以外にはあまりいい印象を持たれておらず、彼女も嫌っている。しかし、一部の生徒からの人望は強く、「つの字連合」の多くはネズミが嫌いだったが彼女の強さとカリスマ性に惹かれて連合に加入した。周りには一目置かれながらも校舎の屋上以外に居場所がなく、そこでネズミとよく会っている。
「ヘッセヲタ」と語るほどヘルマン・ヘッセの詩を好み、何度か引用している。2年最強。チョウコクを倒した他、ゲキカラに対しても臆せず戦いを挑み、本気の力を出すよう挑発するほどの余裕と実力を見せ付けた。1対1の真剣勝負を最上とする一匹狼だが、目的が同じため、ネズミと手を組む。その後はネズミに「お前が好きだ」と公言するほど心を開き、信用するがその真っ直ぐな性格故か、知らぬ間にネズミに利用されてしまう。実力を見込んだおたべにラッパッパ側に就くよう打診されるが、ラッパッパ側に就けばネズミを裏切ることになるため、ネズミとおたべの間で板挟みとなる。
その後、自分がネズミに都合よく手駒として操られていることを悟りながらもネズミを信じ、最終的にネズミを改心させた。最終話でネズミと共に前田からマジ女の「テッペン」を託された。

(wikiより抜粋)

この子、劇中では眉間にシワを寄せて終始怖い顔してますけど
物凄い美人。
ネズミ(まゆゆ)に対して殆どストーカーに近い友情を感じて......というかアレは友情以上の感情があるのでは?とか思ってしまったです。基本ヤンキーの友情やケンカの話なんですけど、ネズミとセンターの関係は仄かな百合の香りが。

クリックすると元のサイズで表示します
* ダンス - 矢神久美

シブヤ直属の舎弟。よくシブヤに殴られ鼻血を出すが、シブヤに対する忠誠心は極めて高い。

(wikiより抜粋)

なんだかいつも鼻血を流している。
というかシブヤに殴られることに快感を感じているようにもw
特に活躍する事もないが、妙に印象に残る顔つきでした。


さて、世代交代したラッパッパの四天王は、と言うと。

さしこ率いるチームホルモンは相変わらずヘタレ。
歌舞伎シスターズは能・狂言シスターズに改名したが、あんまり変わってない。
イケメンな学ランは洋ランになった。
そして新しい四天王に元・生徒会長だった峰岸みなみが「尺」と改名して参加。

峰岸みなみ、って面白い顔しているなぁ〜なんかあんな顔した小型犬居なかったか?などと思いながら観ていたら、だんだん可愛く見えてきてしまった。
うん、推してやっても良いぞ。

そんな感じで新しい世代も頑張っておりますが、ちょっと嬉しいのは卒業した四天王のその後もチラッと描いているところです。

クリックすると元のサイズで表示します
↑サドとトリゴヤ

サドは看護士に、トリゴヤは風俗嬢、ブラックはいつの間にか子持ちになりスーパーでレジ打ちをやっている。そんな彼女らが最終回でのマジ女VSやばくねの抗争に参加してくるあたりはさすがに燃えた。いいね、いいよ!

でも大島優子を三つ子にした意味がわからん。

登場させるのは別に構わんがなんで三つ子なの。双子でよかったんじゃね?

......と、大雑把にマジすか学園2を振り返ってみましたが、なんだかんだ言って可愛い女の子がきゃーきゃー言いながら頑張っている姿を見るのはいいです。すっかりおっさんになってしまったわたしですが、気持ちが少しだけ若返るというか。

わたしはやはりAKB48の楽曲には全然ピンとこないんですけど、この「マジすか学園2」の主題歌
「ヤンキーソウル」
は凄く好き。これはいい。カラオケで唄いたい!

マッチョマッチョ、ママママッチョ!
(マッチョ、とは言っていないが)

0

世界侵略:ロサンゼルス決戦  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

原題/WORLD INVASION : BATTLE LOS ANGELES
監督/ジョナサン・リーベスマン
出演/アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、マイケル・ペーニャ、他。

あらすじ/
2011 年8月12日、海沿いにある世界各地の大都市付近に流星群が降り注いだ。やがて海の中から何者かが現れ、人類に攻撃を開始する。そのころロサンゼルスのサンタモニカ空港の前線基地に、若い少尉・マルチネス率いる小隊が到着。除隊間近のナンツ2等軍曹も配属された小隊は、取り残された民間人救出の命を受ける。タイムリミットは3時間。その後は空爆が行われるのだ。破壊された市街地で、彼らは未知の敵に遭遇する。(goo映画より抜粋)

クリックすると元のサイズで表示します

震災の影響により公開延期になっていた「世界侵略:ロサンゼルス決戦」観てきましたよ。

めっちゃ燃えました。
もうコレ完全にSFとかじゃなく普通に戦争映画です。
ブラックホーク・ダウンによく似ていて、ちょいとゲーム感覚な感じで。

この「ゲーム感覚」という要素が実はとても重要でして、この「軽さ」があるからこそ思わずのめりこんで胸の奥がアツくなってくるのだと。
アメリカ万歳海兵隊万歳な映画かもしれませんが、それでもいいと思います。
ていうかそんな事はどうでもいいのです。
2時間戦場に放り込まれたという感覚を味わえれば、それで十分なのでございます。
ただ、ずーっと戦闘シーンが続いて山場の連続なのでかなり疲れるし中盤少しダレ気味になるのが惜しいところですけども、終盤にかけてのイケイケな盛り上がりはハンパなく目頭アツくなるわ拳握りしめて汗ビッチョリだわ、もう大変でございます。

主役のアーロン・エッカートは髪を短く刈り込んで、アゴが割れているくせにとても頼れる軍人に見えます。過去に部下を死なせてしまったことで周りからはあまり信用されていないのですが、彼のどアツい軍人っぷりにチームが次第に結束を強めて行くあたりは感動必至でございます。

そしてもう一人、素晴らしい軍人さんが。

クリックすると元のサイズで表示します

すべらない女優、ミシェル・ロドリゲスさん。

軍人が似合い過ぎるにも程があるミシェル姐さん、登場しただけで画面がビシリと引き締まります。素敵すぎますカッコ良過ぎます。

民間人役では「ザ・シューター/極大射程」でいい味出しまくっていたマイケル・ペーニャも素晴らしいし、「アイ・ロボット」「デス・サファリ」などが印象深いブリジット・モイナハンもいいです。子供たちも可愛らしかったなぁ。

圧倒的に不利な状況から反撃に転じる展開に胸が熱くなる傑作戦争映画です。
戦争映画好きは是非とも劇場へ足を運んで観にいきましょう!

クリックすると元のサイズで表示します


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
3




AutoPage最新お知らせ