映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
哀しき獣  

クリックすると元のサイズで表示します

「哀しき獣」

英題/THE YELLOW SEA
監督/ナ・ホンジン
出演/ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、チョ・ソンハ、他。

あらすじ/
中国延辺朝鮮族自治州でタクシー運転手としてまじめに働いているグナム。しかし、妻を韓国に出稼ぎに出した際に作った借金の取り立てに追われ、さらには妻からの音信も途絶えてしまう。借金を返そうと賭博に手を出し逃げ場を失ったグナムは、殺人請負業者のミョンに、韓国へ行ってある人物を殺したら借金を帳消しにする、と持ちかけられる。グナムは悩んだ末、借金を返すため、そして妻に会うため密航船で韓国に向かう……。(gooより抜粋)



韓国バイオレンス映画の傑作「チェイサー」のナ・ホンジン監督の「哀しき獣」を鑑賞しました。
チェイサーもほんとに疲れる映画でしたがこちらはもっと疲れる感じ、とでもいいましょうか、もーほんとーにしんどいの。
しんどいの。

あまりにもしんどくて、きっと何を書いても伝わらないと思うので、もう、みなさん、疲れるの覚悟で観ちゃってください!としか言いようのない映画ですね。
とてつもなく暴力的で救いが一切ないのですが、一つだけ「見所」を挙げるとするならば、それは、

ミョン社長。

このミョン社長ってのは、ものすっごいワルです。
ちょいワルとかじゃなくて。ものすっごいワルなんです。はっきり言って鬼畜です。めちゃくちゃ怖いです。関わった時点で人生終わりです。

でもね、そんな鬼畜なミョン社長、なんだか妙に人間的なところがあって、魅力的なんですよ。怖くてもああいうボスならみんなついていくのかなぁ、と思うところもあったりして。
この映画のワンシーンで、ミョン社長とその手下たちが、アジトみたいなところで鍋をやってるんですけども、その中身がやたらとでかい骨つきの肉なんですけども、いったいあれは何の肉なんでしょうか。その、何の動物か分らない骨とか武器にして戦ったりとかもしますけど、もうね、その戦いっぷりがめちゃくちゃ怖いんです。刺されてもあまり痛がらないし、なかなか死なないし、ある意味ターミネーターよりもタチが悪いというか......

映画的には前半部分は凄く丁寧に撮られている感じなのに後半やたらバタバタしてしまったり、ちょっと「あれ?」と思う部分もあったり、アクションシーンでやたらカメラがブレて観づらかったり、なんとなくバランス感覚に欠ける部分もあるかと思うのですが、全体を通して貫かれている「無情感」が素晴らしいです。

ハリウッドのメジャースタジオが初めて出資した韓国映画、というのも凄い事ですね。早速リメイク決定(と予告編には書かれてあった)という事らしいですし。あれ、そういや「チェイサー」もリメイクするんじゃなかったっけか?でも、リメイクするにしてもここまで暗黒な映画にはならないんでしょうねぇ、きっと。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪

2

「ドラゴン・タトゥーの女」「第7鉱区」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ドラゴン・タトゥーの女」

あらすじ/
雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。40年前に起きた、彼が最も愛情をかけていた16歳の娘ハリエットの失踪事件の謎を解く事だ。やがて彼の助手として情報収集能力に長けた天才的ハッカーの“ドラゴン・タトゥーの女”、リスベットが加わる。そして2人は、一族の忌まわしい過去を知る事になる。(goo映画より抜粋)

実を言うと、わたくし、デヴィッド・フィンチャー監督の映画は「ファイトクラブ」以降観てなかったりします。ゾディアックとか、ベンジャミン・バトンとか、話題になったソーシャル・ネットワークとかも。

なんで観なかったのかと言うと、わたしの中ではファイトクラブで燃えつきちゃった感があるのですよね、なんか。いや、多分観たら面白いと思うんですけど、なんかこう、あのファイトクラブを越えるようなアツいものを感じられないんではないか、と......

そんなこんなでフィンチャー監督の映画は長いこと観てなかったわけですが、スウェーデン版の「ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女」をリメイクしたということで、これは観なくちゃいかんだろうという思いに駆られましてね。
あのオリジナル版はむこうで言うところの、所謂「犬神家の一族」みたいな、おどろおどろしいミステリーなわけで、こういう映画をフィンチャーがどのように料理するのかという所にとても興味があったわけです。

で、いざ観てみるとこれがなんとも「フィンチャーらしく」料理されていて面白かったんですね。お話的にはオリジナルに忠実なんですけども、その「絵」はとてもフィンチャーらしい。空間的な広がりを感じさせる「抜けた」絵作りと、映像も彩度を抑えて温度を低くし、いかにも「寒い国」っぽく感じさせてくれたし、容赦ない暴力描写もね、凄く痛々しくて良かったですね。

オリジナルと少し違うのはリスベットのミカエルに対する「気持ち」の度合いなんじゃないかなぁ。まさにフリーダムの象徴のようなリスベットはいちいちミカエルに許可を求めるし、それが最も顕著に現れていたのは「アイツ殺していい?」と言うあのシーンだと思うんです。

ハリネズミのように尖ったパンクファッションで人を寄せ付けない彼女の心情とは裏腹に、絶対的な父親のような存在を求め、かつ、愛されたい。そのあたりがラストシーンで「ミカエルのために革ジャンをあつらえる」という行動に現れているわけですけども、もうこういうの観ちゃうとたまんないですよね。ツンデレの「デレ」の部分というか、もーめちゃくちゃ可愛らしいの。

オリジナルではリスベットがミカエルの事を好き、というのは分るけども、ここまで乙女チックではないし、そういう心情を描くよりも二人の関係を「最高のパートナー同士」としたうえでミステリーに重きを置いているのでね、逆にこのリメイクはとても新鮮に感じられて、僕にはミステリーというよりは「恋愛映画」というふうに思いましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

「第7鉱区」

あらすじ/
九州の西に位置する東シナ海の第7鉱区にて、韓国チームによって石油のボーリングが行われていたが、なかなか成果が出ない。しかし、過去に第7鉱区で父を亡くしたヘジュンは、ここに石油があると確信していた。ある時、ヘジュンの後輩が事故死してしまう。続いて生態研究員や医療担当官も謎の死を遂げる。状況を調査していたヘジュンは、得体の知れない生物が船内にいる事に気付く。船員たちは武器を手にその生物に立ち向かうが…。(goo映画)

韓国の怪獣映画で「グエムル」という素晴らしい大傑作がありましたが、この「第7鉱区」はなんとも残念な映画になってましたねぇー。

海が舞台なので「リバイアサン」、閉鎖的な空間なので「エイリアン」とかを連想させるものがあるんですけども、なんとも中途半端。CGの質がグエムルよりも落ちてるっていうのは一体どういう事なんでしょうかね。お金の問題なんですかね??

それに、ポスターではタンクトップで汗ばんだチャンネーがババーンと写っているので、これはもうヒロインが目当てという事になっちゃうでしょ?そう、怪獣よりも何よりも、闘うチャンネーがタンクトップで汗だく、というのを全面に押し出さなきゃいかんのです。
ですが、タンクトップ姿なのは前半部分のみで、怪獣が現れてからのヒロインはずーっとツナギを着てるんですよ。
わたしは終始「脱げぃ!タンクトップになれぃ!」と半ば呪いをかけるような気持ちで観ておったわけですが、そんな呪いも届かず、ツナギです、ツナギ。

そんなわけでこの「第7鉱区」はモンスター・パニック映画としてイマイチな出来だったんですけども、仮にこのヒロインが冒頭から終盤までずーっとタンクトップ姿で汗だくだったなら、ここまで悪く書くことはなかったと思います。

要はヒロインの見せ方!
ほんと、それに尽きるかなぁ......

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
3

ラブ・アゲイン  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ラブ・アゲイン」

原題/Crazy,Stupid,Love.
監督/グレン・フィカーラ、ジョン・クレア
出演/スティーブ・カレル、ジュリアン・ムーア、ライアン・コズリング、エマ・ストーン、マリサ・トメイ、ケヴィン・ベーコン、アナリー・ティプトン、ジョナ・ボボ、他。

あらすじ/
真面目な40男・キャルは、妻・エミリーから突然離婚を提案される。なんと、エミリーは同僚と浮気をしたというのだ。ショックを受けたキャルは家を出て、毎日バーに通い、愚痴をこぼしていた。そんなキャルに、いかにもなプレイボーイのジェイコブが声をかけてきて、「男らしさを取り戻す力を貸す」と言う。キャルはファッションや会話術を学び、だんだんと洗練されていく。そして、エミリー以外の女性と初めてベッドを共にするが…。(goo映画より抜粋)


クレイジー、ステューピッド、ラブという原題も映画を端的に表していて好きなんですが、
ラブ・アゲイン
という邦題もこれ以上ないというぐらいに映画の内容に沿っており、いつもはこのてのコメディ映画などの邦題はとてつもなくしょーもないんですけども、これは実に素晴らしい邦題だと思います。

さて、映画はというと、スティーブ・カレル演じる中年男キャルが妻(ジュリアン・ムーア)から突然離婚を宣言される所から始まります。で、すっかり凹んだキャルはバーに通い詰め、誰かれかまわずに愚痴をこぼしまくります。そんなキャルを気の毒に思ったのか、イケメンナンパ男ジェイコブ(ライアン・コズリング)がキャルに「モテる男」になるためのレッスンをつけていくのですが......

クリックすると元のサイズで表示します
↑師匠の技を盗め!

ダサダサだったキャルがレッスンを経て次第に洗練されていき、モテモテになっていく過程もヒジョーに面白いんですけども、キャルに技を伝授したジェイコブにも「運命の出会い」が訪れて人を本気で愛する事になったときに、立場が逆転してしまう所とかも凄く面白いですね。
この映画の面白い所はこれだけではなく、中年の恋愛だけじゃなくて、10代の甘酸っぱくほろ苦い恋愛もしっかりと描いており、これが中年の恋愛パートと実にいい対比になっているのです。

恋愛群像劇、という体を成している映画ですが、演出や脚本がむちゃくちゃに上手くて、思いのほか多い登場人物たちの背景もきちんと描かれているし、少し強引な気がしなくもない、ちょっとビックリするようなまとめ方なども洗練されてて嫌みがないというか、とにかく「上手いわー!」という言葉しか出てきませんです、うん。

いやーそれにしてもマリサ・トメイがめちゃくちゃ面白かったです。
キャルの女遊びがバレるシーンにおいて、黒板にでっかく
ASSHOLE
って書くシーンなどは腹を抱えて笑ってしまいました。黒板にケツの穴てw。

おっとあまり書いてはいけないな。これはもう本当に面白い恋愛映画の傑作なので、みなさん是非、観ちゃってくださいね!



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0




AutoPage最新お知らせ