映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ヒミズ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ヒミズ」

監督・脚本/園子温
出演/染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、でんでん、他。

あらすじ/
15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで猛アタックをかける。疎まれながらも彼との距離を縮めていく茶沢。ある日、借金を作り蒸発していた住田の父が帰って来た。金をせびりながら殴りつける父親の暴力に耐える住田。ほどなく母親も中年男と駆け落ちしてしまい、住田は天涯孤独となってしまう。(goo映画より抜粋)

えーと、まず最初に。

わたしは園子温が苦手です。
「自殺サークル」、「紀子の食卓」、「エクステ」あたりは観ていて、そのへんまでは好きな監督さんだったんですけども、「冷たい熱帯魚」を観てから苦手になりました。
というのも、自分も歳をとったせいなのか、こういうクドい映画がほんと疲れてしまうようになってしまったんですね。グロもエロも過剰で、演技も過剰な感じとか。特に女性の描き方(エロ方面)に関しては完全に監督の趣味なんじゃないのかという.....まぁ別に趣味は趣味ですから他人がとやかく言う筋合いではないんですが、あまりにも下品なのでね、ちょっとこういうのはどうなのかなと思ってたんです。なので「恋の罪」などはビタ一文も観る気が起きないんですけども、「ヒミズ」はねぇ、原作がとてもすきなのでね。 それをわたしが苦手な園子温が監督で、しかも原作があるものは初めてということだったので、どういう風になるのかなぁという興味がありましてですね、観てみたんですよ、はい。

で、「ヒミズ」を観ていて思ったんですけども、相変わらずクドいです。

でも、そのクドさが主演の二人、染谷将太と二階堂ふみの若さ、瑞々しさとバッチーンとハマったというか、なんかこう、若いってことはこういう、どうにもならない思いをわめきちらしたりするような事なんだと思うんです。茶沢さん(二階堂ふみ)はちとやりすぎのような気もしますけど、この場合「ちとやりすぎ」ぐらいで丁度いいぐらいです。とても素晴らしいです。まさに漫画から抜け出てきたような茶沢さんでしたし、同じく住田君(染谷将太)も漫画から抜け出してきたというか、もうそれ以上のものでした。もう本当に素晴らしい。この二人は最高に素晴らしい!

原作にあった様々なエピソードも、いくつかは有るし、無いのもあるし、まぁそのへんは映画としてまとめる為には仕方の無い事ですし、それに震災が起ってから監督は脚本を書き直し、設定とかも色々変えて、被災地の映像とかを本編中に使ったりしています。
それが一部で不謹慎だとか言われているようですけど、本当にそうでしょうか?

監督自身も作家である以上これだけ大きな事を避けては通れない、作家として正しいことをしたいと言っていたし、その意見には賛成です。でもさすがに「脱原発ドロップキック」はちょっとどうなのとか思いましたけど、あれ窪塚君のアドリブらしいですし、それにいかにも窪塚君っぽくて好きです。そのシーンだけ不覚にも爆笑してしまいましたし。なんかこういうギリギリのラインで映画撮ってるのって、凄く羨ましいですよね。

それに、村上淳さんが物凄くいい事言ってました。
「映画撮るのって、もともと不謹慎じゃない?でも不誠実っていうのとは違うよね」
と......めちゃくちゃいい事言いはりますわー。

わたしにとってはこの「ヒミズ」という映画は、原作に対しても、今の日本が置かれている状況にたいしても、「誠実」であると思うのです。

わたしはむしろ、原作の、自ら死を選んでしまうあのエンディングのほうが「映画的」だと思うんですけども、一方であの原作を読んで「もし死ななかったら」という想像をしてたんです。そう、住田君はちゃんと罪を償って、茶沢さんと結婚して、家庭を作るという想像を。自らを追い込み、差し伸べられた救いの手にすがらなかった住田君ではなく、かっこわるくてもいいから救いの手にすがる住田君の姿を。「絶望」ではなく「希望」を。

若い二人はひた走る。その先に希望があると信じて。
「住田、頑張れ!」
頑張れっていう言葉ほど青臭くかっこわるいものはないけど、踏みにじられ、泥にまみれても決してあきらめるな。死ぬという選択だけはするな!という監督のとてつもなく強いメッセージに心打たれました。

結論。
ヒミズ、良かったっす。

(かと言って園子温が苦手なことには変わりない....今後も警戒しつつ観ていきたいな、と。)


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1

クライムダウン  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「クライムダウン」

原題/A LONELY PLACE TO DIE
監督/ジュリアン・ギルビー
出演/メリッサ・ジョージ、他。

あらすじ/
スコットランド高地に入山した5人の登山者。
登山2日目、メンバーの1人が地面から突き出た換気パイプを見つけ、そこから人の叫び声を聞く。
5人が地面を掘り返すと、地面に埋められた箱の中から怯える1人の少女が・・・誘拐されたセルビアの少女だった。
そしてその子を保護した5人に、次々と殺人の魔の手が忍び寄る・・・・
(Amazonより抜粋)



さて、本日は「ツタヤだけレンタル」の「クライムダウン」という映画を観ましたよ。

ここ最近の「タヤツーだけ」の映画は「タッカーとデイル/史上最悪にツイてないヤツら」とか「新少林寺」とかとても素晴らしいラインナップだったし、この映画もパッと見はハラハラドキドキの山岳アクションもののようにも見えたし、何より大好きな女優さんでもあるメリッサ・ジョージさんが主演という事もあって、かなり期待していたんですけどね。

でも、分ってたんですよ。これが「デッドクリフ」的な、山岳ものに何かの要素をプラスしてるものだってことも。
デッドクリフはハラハラドキドキのクライミングに、何故か殺人鬼が絡んできて、後半は思いっきり「クライモリ」みたいなスラッシャー映画になっててこれって別にクライミング要らなくね?と思ったりもしましたけど、そういうバランスの悪さも含めてとても「愛おしい」映画になっていたと思うんですよねぇ。

こちらの「クライムダウン」も、デッドクリフ同様、序盤のクライミング・シーンもなかなか気合いが入っていて見応えはあるっちゃーあるんですけども、ほんと「あるっちゃーある」程度でデッドクリフほどのギリギリ感も感じられず、その後の展開もね、悪くはないんですけども、どうせやるなら山の中限定でやってほしかったなぁ、と思うんです。

というのも、後半は舞台が山岳地帯を離れて人里になっちゃうんですよ。まぁここからの展開が酷くグダグダというか、「え、こんなんでいいんですか!?」という感じ。銃撃戦とかあって割と派手な感じにはなっていますが、これはちょっといただけないかなぁ。

あと最初にわたしは「メリッサ・ジョージが好き」と書きましたが、
この映画の最大の欠点はメリッサ・ジョージの魅力を全然引き出せていない事です。「TURISTAS」(邦題/ブラッド・パラダイス)「30デイズ・ナイト」、そして最近では「トライアングル」など、激シブいホラー映画で体を張ってきたような女優さんなのに。まぁなんとも残念な。

しかし見所が全く無いというワケでもなく、序盤のクライミングシーンとかイギリスの山岳地帯の雄大さとか。ちょっとビックリするような物語の展開とかもね。
興味のある方はタヤツーで借りてみたりしたら、いいかもですよ.....?


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
2

上京予告  

クリックすると元のサイズで表示します
さて、さてさて、ちょっとした予告がございます。SUZUKENクン見てくれてるかな〜このブログ?実は8月の4日〜6日の間、東京に遊びに行くことにしました。スカイツリー登ったんねん!!

というわけで先程、Twitterで繋がりのあるリアル友達のモリンゴX君やユータロー君にも上京する旨を伝えましたので、またみんなで集まって飲んだりしたいよねー。
1




AutoPage最新お知らせ