映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
「らもトリップ」「センチメンタルヤスコ」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「らもトリップ」

解説/
執筆や演劇、音楽などのジャンルで縦横無尽に活躍し、2004年に亡くなった中島らもをテーマにドキュメンタリーとドラマで構成した異色作。ドラマは中島の短編「クロウリング・キング・スネイク」「微笑と唇のように結ばれて」「仔羊ドリー」の3作品からなるオムニバスで、ヘビ女、吸血鬼、クローン人間などが疎外感をもちながらも居場所を見つけ出す様子を映し出す。また、ドキュメンタリー部分は『SF サムライ・フィクション』の中野裕之が演出し、竹中直人や古田新太、大槻ケンヂなど多彩な面々がコメントを寄せる。破天荒ながらも優しさの見え隠れするエピソードやメッセージから、中島の希有(けう)な才能に改めて触れることができる。(シネマトゥデイより抜粋)

もしなれるんなら、わたしはらもさんのようなおっさんになりたい。
あとリリー・フランキーとか高田純次とか、そういう面白くてシブくてええ感じのおっさんに、なりたいと思ふのです。

わたしはらもさんの小説は読んだことはなく、エッセイばかり読んでいました。
一番最初に読んだのが「中島らものたまらん人々」。

これがたまらん程面白くて、読んでる最中笑いが止まらなかったです。
特に、「もっと、ボワ〜っと」とか「ヤマイダレの人」とかね。
あとこの本ではないですが、謎の飲み物「ネーポン」のエピソードも強烈に印象に残っています。

で、この映画で初めてらもさんがどういう小説を書いていたのか分ったわけですが、いかにもらもさんらしい面白くて変わっててちょっとキュンとするようなものだったので、なんちゅうかイメージのブレない人だったんだなぁ、と思った次第でございます。

ドキュメンタリー部分で誰かが
「らもさんは、弱い者の味方」
と言っていたんですけども、わたしも「そうそううんうん!!」と激しく同意しましたね。
読みあさっていたエッセイからも弱いものに対するとても優しい視線は感じられましたし、この映画の3本の短編もね、そういう優しさが滲み出ておりましたね。

特に一番グッときたのが「クロウリング・キング・スネイク」という短編で、成長すると蛇女に変身してしまう女系家族の話でして、主人公の姉が蛇女になっちゃうんですが、このお姉ちゃんが凄い前向きな人でして、蛇になったからヘビメタをやりはじめてついにはバンド組んでライブやっちゃうとか、「あんたに示せる蛇の道ってヤツをさぁ」とか超かっこいい台詞吐いたりするんですよ。
主人公の女の子は「あたし将来ヘビになっちゃうんだ....」と絶望していたのに、そんな超前向きな姉貴の生き様につられるかのように、明るく前向きで元気な女の子になっていきます。いやぁいいなぁこういうの!

他にも短編2本がありますが、なんと全部東京芸大の学生さんたちが撮っているんです。
そこには学生っぽさは微塵も感じられず、作品として完璧にまとまっていたのには驚かされました。さすが芸大。

あとドキュメンタリー部分もね、とても良かったです。
らもさんと関わりのあった著名人たちがらもさんについて語っていくわけですが、古田新太は「ほんとひどい人です」、宇梶剛士は「この人から1000円借りたくないなぁ」とか、アル中で躁鬱だったらもさんのドイヒーな思い出をほんとに楽しそうに語っているんですね。でも、みなさん口を揃えて
「らもさんは優しい人だった」
と言うのです。これはねぇ、グッときますね。ああ、やっぱりらもさんてこういう人だったんだ、と。

らもさん好きな方はもちろんですけども、らもさんを知らない人にも是非観ていただきたい良作でございます。


クリックすると元のサイズで表示します

「センチメンタルヤスコ」

あらすじ/
キャバクラで働くヤスコ(岡本あずさ)は何者かにひものようなもので首を絞められ、意識不明の重体で病院に搬送される。現場の状況から殺人未遂事件だと判断した警察は、ヤスコの携帯電話から関係者として7人の男たちを深夜の病院に呼び寄せる。すると年齢も仕事も異なる7人の男たちから、次々とヤスコの衝撃の過去が明かされていき……。(シネマトゥデイより抜粋)

まずタイトルの「センチメンタルヤスコ」が面白いなぁと思って思わず手に取ってしまいました。
センチメンタルなヤスコ。ヤスコがセンチメンタル。

話も実に面白い構成でして、ヤスコという女性に関わった自称「恋人」の7人の男たち(中に一名、女性もおりますが心は男です)が、ヤスコは一体どんな女だったのかというのを語っていくわけですけども、話せば話すほど「ヤスコ」像がぼやけていくというのは、先程書いた「らもトリップ」とは逆のパターンなのでとても面白く感じましたね。

密室劇としてはかなり面白い部類だとは思いますが、どうもウェットな方向に流れ過ぎる感があるせいか、緊張感とかはあまり感じられず、正直観ていてちょっとしんどいな、と思ってしまいましたが、なにせセンチメンタルヤスコですから、センチメンタルな部分を全面に押し出したかったのだと思います。そういう意味ではこの映画はとってもセンチメンタルです。映画として決して間違ってはいないです。けど、わたしの求めていたものとはちょっと違ったかなぁ、という意味においてちょっと残念な映画でもありましたね。

あともうちょっと自称恋人たちを深く掘り下げてもよかったのかなぁ、と。エアコンの修理屋のおっさんは殆ど蚊帳の外でしたし、キャバクラのボーイの彼ももうちょっとなんかエピソードがあっても良かったし、女だけど心は男の彼女などもヤスコとの関わり方があまりにも異常なので、これももっと詳しく描いてくれたら面白くなったのになぁ、と。

センチメンタルヤスコ。

ヤスコ・センチメンタル。

こう書くとなんかミッツ・マングローブみたいなおネェの人みたいですね。「実はヤスコはおネェだった!?」みたいなオチだったりしたらひっくり返って泡吹きますけども。
まぁでも人恋しい秋の季節にピッタリの「センチメンタル」な映画でございましたよ、ええ。


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0

ハロー!?ゴースト  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ハロー!?ゴースト」

監督/キム・ヨンタク
出演/チャ・テヒョン、コ・チャンソク、チャン・ヨンナム、他。

●あらすじ/
生きる希望を失ったサンマン(チャ・テヒョン)は何度も自殺を図るが、なぜかいつもうまくいかない。ある日、川への投身自殺が失敗に終わり、病院のベッドで目覚めたサンマンはゴーストが見えるようになっていた。目の前に現れたのは、ヘビースモーカーの太ったおじさん(コ・チャンソク)、泣き続ける女(チャン・ヨンナム)、看護婦のお尻をみてニヤニヤ顔のエロじじぃ(イ・ムンス)、ベッドで飛び跳ねるうるさい子供(チョン・ボグン)、といった一風変わった4人のゴーストたち。無事に退院できたもののゴーストたちにとり憑かれ、死ぬに死ねないサンマンは霊媒師のところに行く。すると、彼らを成仏させるためには、それぞれがこの世でやり残した願い事を叶えてあげなくてはいけないという。最初は信じなかったサンマンだったが、仕方なくゴーストたちの望みを聞いていくことに.....

●解説/
『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンが生きる望みもないのになかなか死ねない男を演じたハートウォーミングなコメディ作品。9年間脚本家として活動してきたキム・ヨンタクの監督デビュー作だ。その脚本の出来のよさに、出演者と出資者を1週間で集め、韓国での公開2か月後に、ハリウッドでのリメイクが決定したという。チャ・テヒョンが一人五役を演じ、他の人には見えないゴーストが見えている男を表現している。CGなどの特殊効果などを使わずに、役者の演技で高い効果を上げているのだ。こなれていない部分もあるが、これが監督デビュー作であるキム・ヨンタクの手腕には感嘆させられる。平凡なコメディかと思って見ていると、ラストの思いがけない展開に驚かされるのでご注意を。(以上、goo映画より抜粋)


レンタルDVDで本編が始まる前の予告編でよく見かけていた「ハロー!?ゴースト」というこの映画。

コメディなのかなぁ、なかなか面白そうだなぁ、とは思っていましてね。
しかしわたしは普段コメディなどは殆ど見ないし、韓国映画では「悪魔を見た」とか、「ビー・デビル」とか「哀しき獣」といった超絶バイオレンス系のものが好みでしたし、それに聞く所によると韓国のコメディとか泣かせる感じの映画って思いっきり「ベタ」な感じらしいしあんまり自分には合わないかも.....と思っていたんですが、ここ最近めっきり歳をとってきた、というせいもあってか、人が死にまくる残酷な映画を観ると超疲れちゃうんですよね。なので、たまにはゆる〜い感じでこういうベタな映画もいいんぢゃないか、とあんまり期待もせずに観てみたんですよ。

ところがですよ。

これ今年観た韓国映画で一番良かった!

まさにこれぞ「拾い物」。なんすかこれ。なんなんすかこれ。
韓国映画のレベルの高さはバイオレンス系だけではなくこういうものまで高かったんですねぇ。完全にナメてかかっていたせいもあって、その驚きっぷりは尋常ではなく、そしてこのあまりの出来の良さに観賞後何度も「あるシーン」ばかり見返してしまいました。

その「あるシーン」は書いてしまうとネタバレになってしまうので内容は書きません。敢て書くとするなら、孤独な青年サンマンに取り憑いた四人の幽霊が何者であるのかが明かされるシーンなのですが、これはもうね.....驚くと同時に物凄い感動が押し寄せてきてね、わたし、鼻水が出るまで泣いてしまいましたよ。

それまでの四人の幽霊の言動がこの「あるシーン」の為の伏線でして、最初のうちはなんなんだろうコレは?と不思議に感じていたのですけど、そのシーンで点と点が一気に繋がっていくやり方もとても納得できるものでしたし、物語の着地点もこれ以上ないぐらいに素晴らしいものでした。

これはもう脚本が抜群に良いのは言うまでもない事なんですが、役者たちの演技も物凄く良いんですよねー。
主役の自殺願望のある孤独な青年サンマンを演じたチャ・テヒョンは乗り移られる度にその役になりきらなければいけないので、なんと一人五役です。多少オーバーアクションですけどもむちゃくちゃ上手い役者さんですね。
そしてちょっと迷惑な幽霊たちも個性豊かで大変に良い顔をしております。

●ヘビースモーカーゴースト(超メタボ。煙草大好き。願い事/愛車でドライブ)
●エロじじいゴースト(とにかくエロい。尻フェチ。願い事/カメラを持ち主に返す)
●食いしん坊ゴースト(食い意地の張った子供幽霊。願い事/アニメ映画を観る(韓国で人気のあるテコンV))
●泣き女ゴースト(なんだかいつも泣いているおばさん。願い事/好きな人に食事を作る)

こんなめんどくさい幽霊たちに取り憑かれて、サンマンはめんどくさがりながらも彼らの願い事を叶えていくわけですが、叶えたのに幽霊たちはなかなか離れてくれません。なぜ.......?
それは先程書いた「あるシーン」で明らかになります。さぁ、もうこれ以上は書きませんよ。気になる方はこれからツタヤに走って韓国映画のコーナーで速攻借りてきてくださいね!
(と、書きながらその「あるシーン」を思い出していたら涙目に......w)



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと。




0

「劇場版SPEC〜天〜」「貞子3D」「HOME/愛しの座敷わらし」  

クリックすると元のサイズで表示します

「劇場版SPEC〜天〜」

あらすじ/
警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策室係(通称ミショウ)の当麻紗綾と瀬文焚流は、洋上のクルーザーで複数のミイラ化した死体が発見された事件を調べていた。そこに死んだはずの一十一(ニノマエ・ジュウイチ)から、スペックホルダー抹殺計画を話し合う御前会議のメンバーを皆殺しにする映像が届けられる。スペックホルダー逮捕のため公安部特務選任部が組織され、当麻と瀬文、瀬文の昔の恋人・里子らがメンバーに選ばれ…。(goo映画より抜粋)

SPECはテレビシリーズも大変面白く観させてもらったし、この劇場版への「繋ぎ」となるスペシャルも大変面白いものでした。映画になったらどんなふうになるんだろ?と期待していたんですが実際観てみると
なんじゃこりゃ?
な事になっていて大変に残念でございます。
これってさ、テレビスペシャルに気が生えたような程度だし、ギャグとかも完全にすべってるし、客から金とれるようなレベルじゃないです。なにをやってるんですかなにを。


クリックすると元のサイズで表示します

「貞子3D」

あらすじ/
鮎川茜が教師を勤める女子高で、動画サイトに投稿された、自殺を生中継した映像が噂となる。しかも、その生中継を偶然見ていた人も死んでしまったという。茜の教え子・典子が不可解な死を遂げ、さらに時を同じくして、各地でも同じような不審死が相次ぐ。警察は一様に自殺と断定するが、みな共通して死の直前にある動画を見ていたのだった……。(goo映画より抜粋)

Jホラー界のアイドル貞子さんが3Dになって帰ってきたよ!
もうブラウン管のTVなんかからは出てこないよ!
パソコンのモニターから、さらにはスマホから出てくるよ!
貞子さんもスマートになったんだよ!

と、いうわけで時代のニーズにも敏感な貞子さんなわけですが、なんともまぁ残念な事にビタ一文も怖くありません。
巨大化したり怪物化したり(しかも大量に)と大変に頑張っておられますがすいません怖くないんです。びっくりさせるシーンもふんだんに盛り込まれておりますが、「ああ、ここ来るな?ほらやっぱり!」というのばっかりだったんで全然びっくりもしませんし。
むしろ貞子さんに追っかけられてキャーキャーいう石原さとみちゃんが可愛い!という映画だったように思います。
あと貞子役は橋本愛ちゃんでした。これもまた可愛かった。
つまるところ、これはホラー映画ではなく、石原さとみちゃん橋本愛ちゃんきゃわいい♡というアイドル映画なんですねぇ。

今度はかやこ3Dとか富江3Dとか観てみたいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

「HOME /愛しの座敷わらし」

あらすじ/
父・晃一の転勤で岩手の田舎に引っ越して来た高橋家。晃一は独断で、駅からも遠い囲炉裏のある茅葺屋根の一軒家を新居に決めていた。小学5年生の息子・智也は喜ぶが、都会育ちの母・史子や中学生の娘・梓美は不満顔だ。しかも、おばあちゃんには何かが見えているらしい…。何度か不思議な体験をした智也は、ある日、裏庭の祠で着物を着た小さな子を発見する。隣のおばあちゃんに話を聞いたところ、その子は“座敷わらし”だという…。(goo映画より抜粋)

都会から越してきた一家を、凶悪な座敷わらしが襲う!一人、また一人と餌食に....という映画ではありませんよ。
なんかこう、とっても心温まるいいお話でございましたよ。
お父さん役の水谷豊さんが、中年サラリーマンの悲哀をええ感じに表現しているのも良かったし、お母さん役の安田成美さんもめちゃくちゃええ感じでした。
で、先程書いた「貞子3D」で貞子役だった橋本愛ちゃんが娘役でして、こちらもなかなか良かったです。

最初のうちは怪奇現象にビビリまくりだったこの一家も、正体が座敷わらしと分ってからは受け入れるようになります。そしたらどうでしょう、バラバラだった家族が一つにまとまり幸福がやってくるじゃあーりませんか。あまりにもいい話すぎてひねくれ者のわたしは「チッ」と舌打ちしてしまうんですけども、素直な心で観てみたらとっても胸に響いてくるいい作品だと思いますよ。


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0




AutoPage最新お知らせ