映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
トールマン  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「トールマン」

原題/ THE TALLMAN
監督/パスカル・ロジェ
出演/ジェシカ・ビール、ジョデル・フェルランド、他。

あらすじ/
広大な森と、迷路のような地下道に囲まれた炭鉱町コールド・ロック。6年前の鉱山閉鎖で急速に寂びれ、もはや死を待つばかりのこの町から、次々と幼い子供たちが消えてゆく。犠牲者は既に18人。誰が?何のために?謎は謎を呼び、人々は正体不明の子取り鬼を“トールマン”と名づけた。町で診療所を開く看護婦のジュリアは、ある晩、自宅から何者かに連れ去られた子供を追い、傷だらけになりながらも町外れのダイナーに辿り着く。そこに集う住人たちの奇妙な行動。やがて、想像を絶する真実が明らかになったとき、“トールマン”は忌わしい伝説と化す!(goo映画より抜粋)

いよっ、待ってました!
「マーターズ」のパスカル・ロジェ監督の新作「トールマン」。例によって近所のタヤツーには置いてないのでうちから遠いGEOまで借りにいきましたよ。ちなみにこちらのGEOは品揃えはイマイチなんですが何気にホラーコーナーに「レスト・ストップ」1&2のブルーレイが置いてあったりして(ていうかこれブルーレイなってたのね.....)ホラーに関してはタヤツーより充実している感じです。久しぶりに観てみたくなったな〜レスト・ストップ。変な映画だけど勢いあって楽しかったし。

さて、そんな近所のレンタル屋事情はさておいて映画の事を書きたいのですが、これね、内容を書こうとするとネタバレせずに書き通す自信がありません。それに、この映画に限っては予備知識一切なしで観てもらったほうが絶対に面白いと思うし。.........てゆーかもうこんなブログなんか読んでないでさっさと借りにいって観ちゃってください!

.............まぁそれだとブログ書く意味がないのでちょこっとだけ書いておきましょうかね。

まずジャンルとして「フレンチ・ホラー」というのがありましてですね、そのフレンチホラーはこの映画の監督パスカル・ロジェと「ハイテンション」や「ヒルズ・ハブ・アイズ」、「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャ、そして「屋敷女」、「リヴィッド」のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロという4人の監督たちで成り立っているものと言っても過言ではないでしょう。よくよく考えてみればフランスのホラー映画ってこの人たち以外のって殆ど知りませんしね。

一番最初にフランスのホラー映画すっげぇ怖ぇぞ!と世界に知らしめたのは「ハイテンション」のアレクサンドル・アジャで、その後ハリウッドに渡り「ヒルズ・ハブ・アイズ」や「ピラニア3D」と立て続けに傑作を生み出します。アジャはハリウッドのシステムに上手い事のっかって4人の中では一番成功している人物です。

その後「屋敷女」というとってもとっても怖い映画が出てきてフランスやべぇ超やべぇ、ってな事になる訳ですが、屋敷女はそこそこヒットしたもののやはりフランス国内でホラー映画はなかなか作りづらいらしく、「リヴィッド」でのバタリアンズのコメンタリーでも言ってたんですが「お金がない!」らしいんですね。リヴィッドで来日したのはジュリアン・モーリーだけでアレクサンドル・バスティロは欠席。その理由が「お金がない」からだった、というのは本当にビックリしました。電車にも乗れないほどお金がないなんて......どうなってんですか........

で、僕の中でのフレンチホラーのトドメ的作品になったのがパスカル・ロジェの「マーターズ」だったワケでして、これはもう本当にねぇ、いい大人が「トラウマになる程怖かった」んですよね。物凄い映画だし評価されるべき映画だとは思うんですが、もう二度と観たくない。

これもバタリアンズのコメンタリーでの話ですが、マーターズの前に撮った「マザーズ」(←だったっけ?観たけど印象に残ってないの)がフランス国内で全然評価されず、次撮る時はインパクト重視で、という事で「まず一番最初に幸せそうな家庭が突如乱入してきたキ○ガイ女にショットガンで全員撃ち殺される」というアイディアから話を膨らませていったそうなんですねぇ、あのマーターズって映画は。
しかも、企画としては実は「トールマン」の方が先にあったらしく、これはちょっとお金かかりそうだからあまりお金のかからない「マーターズ」の方から先に作ったという事らしいです。なんやあの映画ただのつなぎだったのか。えぇー。.......それでも4億円ぐらいかかってるそうなんですけどね。

そんなこんなでようやく自分の撮りたかった「トールマン」を製作する事になるわけですが、子供が関わる内容なだけにいちゃもんつけられて「脚本書き直せ!」と言われちゃうんですが、根っからのアンチ・ハリウッドなパスカル・ロジェはこれを拒否。よってアメリカからの出資はあまり得られず、アメリカ/フランス/カナダとの合作になり脚本に惚れ込んだ主演のジェシカ・ビールもプロデューサーに名を連ねるなどして映画は完成。低予算とはいえ4億だったマーターズよりは遥かに大きいお金をかけているのは映像を見れば一目瞭然。あちらでいう「低予算」の感覚は邦画では十分なビッグ・バジェットなんだな〜とバタリアンズのコメンタリーに参加していた特殊メイクアップ・アーティストの西村善廣さんがとっても羨ましがってました。「あんな照明あてられないよ!」とか。

......フレンチホラー四天王、成功する者もいれば映画作ってもお金がないとか、色々あるんだなぁ。その中でもこのパスカル・ロジェはちょっと違う存在なのかもしれませんね。

それにこの映画、パスカル・ロジェが本来「自分が撮りたかった」映画というだけあって、なんかね、すっごいスタイリッシュなんですよ。オープニング・タイトルもむちゃくちゃカッコいいです。「あれ、この人こういうセンス持ってたんだ!?」というぐらいカッコいいですし、「良く出来た脚本だなぁ!」とか「このカットの繋ぎ方かっけぇー!」とか、いちいち感心してしまいます。主演のジェシカ・ビールも鬼気迫る演技で圧倒されますし、「ローズ・イン・タイドランド」や「サイレントヒル」、そして「ケース39」の天才子役ジョデル・フェルランドちゃんがいつのまにか大きくなっていてビックリです。めっちゃカワイイです。

この映画はホラーとして売り出していますがホラーではありません。
ですが観終わった後、心の奥深いところにザックリとナイフを突き立てられたような、ある意味「マーターズ」を超える程の衝撃的な作品です。

声を大にして言おう、

大・傑・作!!





人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1

俺のInstagram写真集  

最近Instagramで写真を撮るのが面白くて、毎日無駄に何かを撮っています。
そんなわけで、ここ最近撮ったお気に入りを一気にばばーんと貼ってみたりして。

クリックすると元のサイズで表示します
職場にある30年前の印刷機。ハイデルベルグ社のKORD。稼働率は極端に少ないが30年経ってもバッチリ動いてくれる。デジタル制御の機械は故障が多いが、そういうものが一切なく、かつ「自動で何かする」という機能もないものが実は一番頑丈だったりするのである。

クリックすると元のサイズで表示します
俺のメガネ。 

クリックすると元のサイズで表示します
2月中旬頃だったか、体調を崩しそれが長引いていた。飯もこういうスープ系のものだけしか受け付けなかった。だが今は肉および炭水化物な毎日である。

クリックすると元のサイズで表示します
京都ではそこそこ有名であろうと思われる高倉二条にラーメンを食いに行った。これみよがしに「豚骨魚介!!!!」とアピールする赤提灯が目印。

クリックすると元のサイズで表示します
通勤の途中で必ず一服する場所がある。そこで、たまーにこの犬君が顔を出す時がある。「かわいい♡」とか思ってうっかり近づくとめっちゃ吠えやがるので、距離を保ちつつズームで撮ってやった。ざまあみろ。 

クリックすると元のサイズで表示します
スマホアプリ「万能カメラ」とInstagramのコラボ。
これはオーストラリア映画「ウルフ・クリーク/猟奇殺人谷」のワンシーンである。
まず万能カメラでテレビ画面を撮る。マジックレンズ→カラー→Duskのエフェクト。
その後Instagramのエフェクトをかけて出来上がり。かなりアートな感じがする。ポスターにして自分の部屋に貼りたい。

クリックすると元のサイズで表示します
これも同様だが、ちょっとアニメっぽくも見える。実にいい感じなのだが、映画がこのあととんでもない事に....><

クリックすると元のサイズで表示します
朝はいつもここで煙草を吸っています。

クリックすると元のサイズで表示します
昼はいつもここで煙草を吸っています。

クリックすると元のサイズで表示します
マジックアワー的な時間帯。ふと見上げると下弦の月。実にいい感じなので撮ってはみたものの、月ってこんなに小さく写るのね.....人間の目のズーム機能って凄いよね。自分が「見たままの」写真が撮れたらどれほど素晴らしい事か。.......まぁ今は手持ちの小さなスマホのカメラと、「それなりに上手くみせてくれる」Instagramで理想とする「絵」に近づいていければいいかな、と。


1

リヴィッド  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「リヴィッド」

原題/LIVIDE
監督/ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ
出演/クロエ・クールー、カトリーヌ・ジャコブ、マリ=クロード・ビエトラガラ、ベアトリス・ダル、他。

あらすじ/
晩秋。静かなハロウィンの日を迎えた小さな港町。母(ベアトリス・ダル)の自殺に心を痛めるリュシー(クロエ・クールー)は、陰鬱な記憶から逃れるべく新しい仕事を始める。身寄りのない老人たちの元を巡り、身辺の世話をする訪問介護ヘルパーだ。指導役のミセス・ウィルソン(カトリーヌ・ジャコブ)と利用者の家を回るうち、車は田園地帯を抜けて大きな古屋敷に辿り着く。そこはかつて、厳格なバレエ教師として名を馳せた老婦人ジェセル(マリー=クロード・ピエトラガラ)の邸宅だった。ひとり娘のアナ(クロエ・マルク)に先立たれた彼女は昏睡状態となり、今は寝室で死人のように眠ったまま。孤独と沈黙に支配され、薄闇のなかで主と共に朽ち果てるのを待つばかりの屋敷にリュシーは圧倒される。研修初日を終え、漁師をしているボーイフレンドのウィル(フェリックス・モアティ)と合流したリュシーは、酒場で疲れを癒しながらジェセル邸の伝説を語る。資産家だった彼女は館のどこかに秘密の財宝を隠した……。素行の悪いウィルは悪友のベン(ジェレミー・カポーヌ)を誘い、リュシーに強盗計画を持ちかける。最初は渋っていたリュシーだが、父が恋人との同棲を望んでいると知り、犯行に加わる決意をした。もし大金があれば、どこか遠くできっと自由気ままな新生活を始められると考えたのだ。夜も更けた頃、ジェセル邸へ忍び込んだ3人は、ひとつだけ固く閉ざされた開かずの間を発見。鍵を入手し部屋に押し入ると、そこには死んだはずのアナが純白のバレエ衣装に身を包み、美しい人形のように佇んでいた。闇夜に悲しげなメロディが響き、ゆっくりと踊るように回転を始めるアナ。禁断の扉は開かれた。異次元の魔界と化した屋敷のなかで、想像を絶する惨劇の宴が始まろうとしていた……。(goo映画より抜粋。ていうかgoo映画3月いっぱいでおわっちゃうのね。あらすじ引用するのに大変重宝していたんですが.....残念。)

今夜は久々のフレンチ・ホラーです。
監督さんが度肝抜くスプラッター描写で観る者全てを震え上がらせた「屋敷女」のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロということで前々から観たかった作品でございます。

ところがですよー、近所のツタヤにゃ置いてないし、それ以外に会員になってるレンタル店にも置いてないんですよー。困りましたねーどうしましょー、という事で本日はうちから遠くにあるGEOにいったらもしかして.....と思って行ってみたらビンゴでした。置いてましたよ。
目的はコレ1本のみで他には何も借りてません。ていうかうちからかなり遠いのでもう二度と利用することはないでしょう。GEOから家に帰るまでの道中急激に寒くなり雨も降り出して、身も心も冷えきった状態でキンキンに冷えたビールをチビチビと飲みながら鑑賞いたしましたよ。

うわー、ビミョー!

.....というのが率直な感想なんですけども、なんかねぇ、好きですよ、この映画。
全くホラー要素のない序盤の日常風景の描き方とかね、さすがフランス映画というかちょーオシャレでございます。ちょっとうっとりするぐらいにキレイなので、わたしのなかの乙女が20%ほど目を覚ましましたよ。

みていると気がつくんですけども、「あ、この映画女子が好みそうだなぁ.....」という感じで、雰囲気がとてもいいんですよねー。バタリアンズのコメンタリーでもきっと監督のどっちかはゲイなんじゃないかと言っていたぐらいですから、そのぐらいに乙女チックなホラー映画なんですよ。

劇中に出てくる古びたバレエ学校はまんま「サスペリア」で、しかも物語の設定上でサスペリアと関わりがあるというのも実に面白くて。なんなのこれ魔女三部作の番外編??

そして主人公リュシーと哀しみの少女人形アナ。リュシーとアナ。リュシーとアナ......リュシーとアナといえばパスカル・ロジェ監督の「マーターズ」のヒロイン二人組もリュシーとアナですねぇ。あのリュシーとアナもちょっと百合っぽい感じだったんですが、リヴィッドでのリュシーとアナも終盤などは百合っぽい感じになっておりましたし、なんでしょうか、リスペクトって事でよいのでしょうか。
百合っぽいといえば実は「屋敷女」もそんな感じでしたしねー、この監督さんたちはこういうのが好きみたいですねぇ。

全体的な雰囲気はとても良くて、陰惨なフレンチ・ホラーとはまた一味違う新境地を切り開いた感もあります。
謎は謎のまま、あえて説明もせず。この手合いは逆にキッチリ説明されちゃうと幻滅してしまう所もあるのでね、こういうのが丁度いいんですよ。なんだか分類不能な化け物もでてくるし......(このなんだか良く分らない化け物が評論家からは酷評されてるようで、「カテゴライズできないもの作るな!」って言われちゃったらしいですね。でも本人たちは新しいもの創ったった!と満足してるようですが。)

吸血鬼でもない、魔女でもない、ゾンビでもない、幽霊でもない、そして何故か機械仕掛けもあったりする、謎の化け物。そんな化け物であるがゆえに人間ばかりでなく太陽や月からも見放され、屋敷の中だけでしか存在することが許されないという哀しみ。魂を入れ替える事によって解放されるラストシーンはあまりにも美しくて、そして切ない。遠い目をしてうっすらと微笑むリュシーのカットで、この映画は終わります。

バタリアンズの方々も結局何がやりたいのかよく分んなかった、と言ってましたけど別にそれは分んないままでもイイ、とも言ってましたし、要はコレ雰囲気で楽しむ映画なんですよね。そういった意味ではここ最近こういう映画あまりなかったものでとても新鮮に感じられましたし、映画としても印象に残るものがあってとても良かったです。前作「屋敷女」の超絶スプラッターを期待してると脱臼するぐらいに肩透かしですが、「サスペリア」みたいな雰囲気でゴリ押す映画が好きな人にはたまらない映画だと思います。

特に女子にオススメ!



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
0




AutoPage最新お知らせ