映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
地獄でなぜ悪い  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「地獄でなぜ悪い」
WHY DON'T YOU PLAY IN HELL?

監督/園子温
出演/國村準、堤真一、友近、二階堂ふみ、星野源、坂口拓、長谷川博己、他。

あらすじ/
極道・武藤組の組長・武藤大三は、服役中の妻・しずえの夢でもあった、娘のミツコを主演にした映画製作を決意する。
映画の神様を信じるうだつのあがらない映画青年・平田純と、通りすがりの普通の青年・橋本公次を監督に、スタッフやキャストは全員自分の子分のヤクザで構成した。さらに、武藤組と対立する池上組の組長で、ミツコに恋心を抱く池上純と池上組全体を巻き込んで、事態はとんでもない方向に進んでいくのであった。

(以上、ウィキペディアより抜粋)


前々からこのブログで書いてる事なんですが、わたしは園子温監督が苦手です。
「自殺サークル」「紀子の食卓」、「エクステ」とかはおもしろいなーと思ってたんですが
「冷たい熱帯魚」を観てから急に苦手になりました。
「恋の罪」は観ていません。そういえば「愛のむきだし」も観ていません。
「ヒミズ」は原作とは違う希望の光が見えるエンディングが素晴らしかったので、ちょっとだけ苦手意識がなくなったかな。

で、今回の「地獄でなぜ悪い」なんですが
これはね、めっちゃおもろかったです。
終盤などは園子温らしい地獄絵図でおもろかったです。

WHY DON'T YOU PLAY IN HELL?

まさに「地獄でなぜ悪い」というタイトルが示すとおりに
地獄の沙汰もなんとやら、たぶん、誰も観た事のない「映画」が撮れたんじゃないでしょうかね。
その映画が日の目を見るかどうかとかは問題ではなくて。

できれば「SUPER8」の少年たちが録った自主ゾンビ映画がエンドロールで流れたように
この映画のエンドロールでもそーいうの入れて欲しいという気持ちもありましたけどね。

一生に一度の何かを得られるのなら死んでもいい、という
何かモノを作ってる人ならではの「想い」が画面から滲みでてくるようで
観ていてニヤニヤしてたけど、心の一部分がきゅううっ、となってくるというか
監督自身の「映画への愛」がストレートに伝わってきたというか。

細かい事は抜きに、おもろかった。
おもろい映画は大好きです。
これからもどんどんおもろい映画を撮ってください園子温!



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪

1

ビザンチウム  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ビザンチウム」

原題/BYZANTIUM
監督/ニール・ジョーダン
出演/シアーシャ・ローナン、ジェマ・アータートン、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、サム・ライリー、他。

あらすじ/
放浪生活を送る16歳の少女エレノアと8歳年上のクララが、海辺のリゾート地を訪れる。若いウェイターのフランクと知り合ったエレノアは彼に自分に似た孤独を感じ、親近感を抱く。一方、クララは内気な青年ノエルを言葉巧みに丸め込んでいた。クララは彼が唯一の肉親である母から相続した老朽化したゲストハウス「ビザンチウム」を改装して売春宿に仕立て、ポン引きの男を誘惑する。だが、クララとエレノアの真の姿は、人間の血を吸って生きる吸血鬼の母娘なのだ。
ある日エレノアは、自転車事故を起こしたフランクと再会。けがをした彼の様子をみて、エレノアはフランクが白血病である事を知る。フランクと心を通わせるにつれ、“自分たちの秘密を知った人間は抹殺する”という掟に良心の呵責を感じたエレノアは、自分の生い立ちを文章に綴る事でフランクに告白する決意をする。フランクは彼女の告白に動揺しながらも、エレノアへの愛を貫こうとするが、それに気づいたクララはフランクの命を狙う。
一方、クララが吸血鬼になるきっかけを作った“同盟”と呼ばれる不老不死の吸血鬼集団が2人に迫っていた……。

(以上、ウィキペディアより抜粋)

いやー、なんか映画単体で記事書くの久しぶりだなぁ。
「ゼロ・グラヴィティ」以来ですね、3ヶ月ぶりぐらい。
まぁ、それでも色々観てはいたんですけどね、前回の記事でも書いたように色々と忙しくて書こうという気すら起らず.....

さて、今回はニール・ジョーダン監督の美しい吸血鬼映画「ビザンチウム」です。
この監督さんで有名なのが「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」なんですけど、実ははわたくしコレを観ておりません。吸血鬼映画として名作と呼ばれてるのになー、なんか知らんけど観てないんですよね。

あと同監督で観ているものはといえば赤頭巾ちゃんの童話をめっちゃダークに解釈した「狼の血族」や、途中のアレで「えぇーー!?」と全世界がひっくり返ったかと思われる「クライング・ゲーム」ぐらいで、私にとってはあまり馴染みのある映画監督というわけではありません。

しかし「ラブリーボーン」「ハンナ」で鮮烈な印象を残したシアーシャ・ローナンと
これまた「ヘンゼル&グレーテル」「アンコール!」でグッときたジェマ・アータートンが
私の好きな映画のジャンルの一つである吸血鬼映画で共演とあっては観ないわけにはいきませぬ。

で、その吸血鬼映画というジャンルの中で私にとっての生涯ベスト1の映画は
「ぼくのエリ/200歳の少女」
(原題/LET THE RIGHT ONE IN)←※正しい者を招き入れよ、という意味。
であるわけですが、このビザンチウムはさすがにぼくエリを超えるほどの作品ではありませんでしたが
今まで観てきた吸血鬼映画の中でも私の中ではなかなかの上位にくい込むぐらいの良い作品だったようにも思います。

実際のところ、この映画はシアーシャ・ローナン目当てで借りてきてウキウキで観始めたわけなんですが
なんかこう、シアーシャ・ローナン最高!ってわけでもないんですよね。
というのも、観ていてシアーシャ・ローナン演じる吸血鬼エレノアは吸血鬼として「生きる」覚悟に欠けてるんちゃうかなー、とちょっとイラッとしたりしたんですよね。
それに対してジェマ・アータートン演じる吸血鬼クララのなんと逞しい事!
吸血鬼として「生き抜く」覚悟ができていて、そのためには手段を選ばずどんな汚い事でもやる。うむ、潔い!
ていうか超カッコいい!
惚れてまうやろー!

そしてエレノアが恋する白血病で余命いくばくもない青年フランク。
これをケイレブ・ランドリー・ジョーンズが演じとるわけですが
これがなんとも儚げな雰囲気を醸し出していて良いんですわー。
「おれ....もうすぐ死ぬんスよ.....」
みたいな感じがもう全身から漂ってくるんです。とにかくいつも具合が悪そうです。
具合わるいと言えばちょっと前に観た「アンチヴァイラル」でもケイレブ君、具合めっちゃ悪い人でした。
あれはわざわざ自分から望んで具合悪くなってるという病んでる映画でしたけども、このビザンチウムでのケイレブ君は望んでもいない難病に冒された苦しみや哀しみ、みたいのが伝わってきて良かったですねー。

そんなケイレブ君、わたしは最近知った俳優さんなんですが
映画デビューはコーエン兄弟の「ノーカントリー」だったそうですね。
あの映画は生真面目な殺し屋アントン・シガーさんの印象がキョーレツ過ぎて全く思い出せません......

映画的にはキレイな感じでしたし(序盤で豪快な首チョンパがありますが)
エレノアとフランクの純愛にもキュンとしたし
クララの豪快な生き様にもグッときたし
吸血鬼同盟の成り立ちとか、そのへんの設定とかも面白いものがありましたしね、
個人的にはとてもナイスな吸血鬼映画だと思いました。

これはやはりニール・ジョーダン監督のインタビュー・ウィズ・ヴァンパイア観なくてはいかんですなぁ。
あと、ぼくエリも再見したくなりましたねー、てかぼくエリはブルーレイ出てないよね、出来ればブルーレイで観たいっス。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチっと♪


2

俺のInstagram写真集 その9/復活しました。  


やぁ、どうもどうも。
ご無沙汰しておりますwataruですこんにちは。
前回の記事でブログ辞めちゃうかもーなんて言っておりましたが
しれーっと復活しましたよしれーっと。

今年の一月と二月はもう本当に色々ありまして
あんな事やそんな事やこんな事などもう怒濤の如く押し寄せてまいりまして
しょーじきブログ書く余裕とかも全然なかったですし.....
引っ越しに伴う住環境の劇的な変化もありまして
先日ようやくネット回線の移転も終了し
ようやく自分の中で余裕が出来始めた、という所で
ブログ再開、となったワケでございます。

とはいえ復活第一回目の記事は映画ではなくて写真ネタなんですけどねー、
あまり映画観てなかったもんですから.....(とはいえエリジウムとか死霊館とかレンタルではちょいちょい観てましたが)


クリックすると元のサイズで表示します

さてわたくし京都のわりかし北の方から南の方ではないそこそこ真ん中のあたりに住処を変えたもので
休日の散歩コースは京都御所とか鴨川とかそういった自然が豊かなキレイなものではなくなり
写真のようなしっぶーい街中を散歩することが多くなりました。(ここは西院の駅の近く)
ていうかこの写真のような所で一人で呑めるようになるまでにはまだまだ修行が足りません。

クリックすると元のサイズで表示します

四条烏丸から四条通りを四条大宮方面に向かって歩いていって、なんちゃらカフェの角を曲がって路地に入ると
このような良さげなお店がたーっくさん並んでる場所があります。
なんとなく敷居が高そうな気もしますが中には私でも気軽に入れそうな店もあったりなんかして。
この通りには外から見たら絶対につけ麺屋には見えないつけ麺屋もあり
ラーメンやつけ麺好きな私としては是非一度行ってみたいものであります。

クリックすると元のサイズで表示します

雪、降りましたねぇ、雪。
関東の方ではシャレにならんぐらい降ったそうですが
ここ京都では積もってもすぐ溶けてなくなってしまう程度でした。
真っ白に雪化粧した御所は素晴らしくキレイでした。

クリックすると元のサイズで表示します

先日京都国際マンガミュージアムの前を通りかかったところ
京都精華大のマンガ学部の卒業制作展をやっており
しかも入場無料ときたもんですからこれはラッキーついでに漫画も読めるし♪とルンルン気分で入場。

マンガ学部といってもコースが色々あって、ストーリーマンガとかギャグマンガ、カートゥーン、マンガプロデュース、更には大学院までとかなりの気合いの入れようで、さすがにマンガについて4年もみっちりやってきてるだけありみなさん絵はとっても上手です。中には何人かプロとしてデビューしてる人も居るようです。

でも、みなさん絵は上手いんですが「イマドキの絵」ばっかりで個性的なものが見当たらなかったなー、というのが正直な感想で、もっとこう、むちゃくちゃやってもいいんじゃね?優等生過ぎじゃね?みたいな....
でも中には「おっ、こいつは....」と将来が楽しみな人も居たりしてね、
「俺の食卓」ってマンガ描いた人。
こういう人に「売れて」欲しいなぁ〜。

あと、帰り際に缶バッジもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

前からよく足を運んでいた「つけ麺マン」というふざけた名前のつけ麺屋で
「濃厚まぜ麺クロちゃん」
なるものを食しました。
この店は時々変な名前のメニューを期間限定で出してきます。なかなか攻めてるつけ麺屋です。
ドロドロ、ギットギトの混ぜ麺の麺を食べ終わったあとは残ったタレにご飯を混ぜて喰らうのが「粋」だとお店側が申しておりましたので、ならばわたしも粋に食べてみようということでライス(小)を注文してタレと混ぜて食べてみました。見た目はヒドいですが美味いです。
これぞ男のメシという感じがたまりません。

クリックすると元のサイズで表示します

前々から読みたかった吾妻ひでおさんの「失踪日記2/アル中病棟」を購入。
前作「失踪日記」は読んでいなかったんですが、読んでなくても全く問題なくて
とっても楽しく読ませて頂きました。
とはいえ作者が「おもしろおかしく」描いていますが、これ壮絶ですよ。
アル中に片足突っ込んでるような私ですから、これ読んでゾッとしましたね.....

あと実は吾妻ひでおさんのマンガ読むのはこれが初めてだったんですけども
女の子がカワイイですねー!
他のも読んでみたくなりました。
まずは「失踪日記」からかな!



........というわけで復活第一回目の記事はこんな感じで。
復活したとはいえ更新のペースは月に2〜3回できればいいかな、という感じですし映画も前ほど頻繁に観れなくなったのでもう「映画のブログ」とは言えなくなるかもしれませんが、なんちゅーか、細々と、やっていこうかなぁ、と思います。今後ともよろしくお願いします。どうかどうか。


2




AutoPage最新お知らせ