映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
俺のinstagram写真集 その13 /夏の思ひ出。  

はい、久しぶりの更新でございます。

京都の夏は殺人的に暑く、地獄のようなのですけども
なんだか今年の八月は雨が続き(しかも送り火とか京都の重要なイベントの時に限って大雨!)、梅雨みたいな感じで
「今年はなんか変な夏だなぁ.....」と思う次第でございます。

さて今回は、私の夏の思い出などをつらつらと書き綴ってみようかな、と。



クリックすると元のサイズで表示します

京都の夏の一大イベントと言えば「祇園祭」なのでございますが
今年は祭りが何十年ぶりに「前祭」と「後祭」に分かれるという
「本来の姿」に戻った形で行われる事になりました。

写真は「蟷螂(かまきり)山」で、こちらは前祭の時だけしか見れないので
仕事帰りに見にいってきました。

かなりリアルにカマキリで、思わず見入ってしまいますね〜。

カ〜マ〜キ〜リ〜!!



クリックすると元のサイズで表示します

さてこちらは「後祭」のメインである、150年振りに復活した「大船鉾」です。

150年ぶり、という事は今生きてる人間は誰もコレを見た事がないとゆーことで
その珍しさからか見物にくる人が大変多く
ただでさえ狭い京都の道が人で埋まり、写真撮るのもやっとの思いでございました。


クリックすると元のサイズで表示します

四条大宮の駅前に、「庶民」という大変流行っている立ち呑み屋があります。
朝は11時の開店から常に満員状態で
何度も入ろうと試みているものの余りの人のすし詰めっぷりに怖じ気づいてしまい
未だに入れておりません。

瓶ビール1本300円、食べ物も高いもので500円までと
そのあまりのコストパフォーマンスゆえなのでしょうか
もう本当に朝から晩まで常に満員状態でございます。

しかもこのお店が出来たのは割と最近で
開店した時に3日間ビール無料!というおっそろしい事をやってのけたんだそうな。
その男前すぎる営業スタイルが「おっさんの街・四条大宮」の土地に合っているのか
もう本当に羨ましい程の繁盛ぶりでございます。

今の私にとってどんな高級な料理店よりも敷居が高いのは、この「庶民」だったりします。


クリックすると元のサイズで表示します

八月三日。
嫁さんが幼少の頃を過ごした住之江にて。

この日は嫁さんの幼馴染みと住之江では有名な「源ちゃん」というレストランで(つい最近テレビで特集されたらしい)ランチを頂いたのだけど
嫁さんの幼馴染みの粋な計らいで「結婚祝い」のケーキが出てきてわたしと嫁さんめっちゃ感動。

なんだかノリで「ケーキ入刀」する事になり
出てきたナイフが刃わたり数十センチもある、明らかに何かの肉を切るような出刃包丁で
しかもそれに可愛らしくリボンが付いていて
私らも店の人らも皆大爆笑で
素晴らしく楽しいケーキ入刀ができました。

さらに嬉しい事に隣りのお客さんがミュージシャンらしく
口でトランペットの音色を出して「バラ色の人生」を演奏してくれました。
完全にトランペットでした。
あまりに凄いパフォーマンスだったので全身鳥肌でした。

あの人は一体何者なのか未だに謎なんですが
あの界隈では有名な方なんでしょうか。
表舞台には立ってない感じでしたが
こういう実力を持っている人がもっと表に出てきたら
日本の音楽シーンももっと面白くなるのになぁ、と思ったり。

そんなサプライズもありつつ昼間から酒を呑み続け
雨の降りしきる中、住吉大社にお参りに行ったり「おもかる石」に行ってみたものの改装中かなんかで持つ事ができずに重いのか軽いのかわからないままモヤモヤしながら帰ってきたり
夜は夜でおしゃれなイタリアンを食したり
京都に帰り着く頃には私も嫁さんもヘロヘロ〜〜。

本当に楽しいひとときをありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します

八月十六日。
祇園祭に続いての京都の夏の一大イベント、「五山の送り火」でございます。

この日は昼ごろからシャレにならん程の大雨が降り続き
一時は「中止じゃね?」と思いましたが点火するころにはなんとか雨も止み、
いつもどおりに夜八時の点火となりました。

この写真は今住んでいる団地の屋上に上がって撮ったものですが
「大」の字が「犬」っぽく見えますね。スマホのカメラでは夜景は撮りにくい.......

実はうちの団地、屋上に上がると6つの送り火のうち5つは見渡せる絶好の場所でございます。
残念ながら「鳥居」は見えませんでしたが
もうちょっと天気が良かったら見えたんじゃないかな〜?と....

どっかで「送り火全てを見渡せる場所はない」と聞いたことがあり
今までずっと信じていたのですけど
ここよりもうちょっと南に下がって高い建物があれば見る事も可能なのではないでしょうか?
京都タワーとかはどうなのかな.....(実は京都タワー登った事ないです。送り火の日の営業ってどんなんかな??)


クリックすると元のサイズで表示します

八月二十三日。

わたしの43回目の誕生日でございました。
嫁さんからのプレゼントは、白州ハイボールセット。

さすが分ってらっしゃる。

そしてその翌日(本日ですが)、団地内で地蔵盆があり
福引きで三等が当たり
アサヒのスーパードライプレミアム350㎖を12本もゲッツしました。

しばらくは酒には困らない、素敵な日々が送れそうですwwww



......という感じの、濃い夏の思ひ出でございました。
0




AutoPage最新お知らせ