映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
そういえば観ていたあれこれ。/その3  映画

大変ご無沙汰しておりますwataruですこんにちは。
みなさんはGWいかがお過ごしでしょうか??

さて、久しぶりのブログ更新でございます。
久々に映画の事書きます。
映画の事書くの昨年の7月以来だったかな〜.......
それまでの間何も観てなかった訳ではないんですが、なんとなく。

今回もまた何本か一気にまとめて書いてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

「ドラキュラZERO」

いやぁ、好きですねぇ、こういうの。
ドラキュラを英雄として描く映画って珍しいですしね。
でも「ドラキュラを英雄として描いたら多分こんな感じ」という想像の範囲を超えるような事はなく
観てたら大体予想どおりであったため、それほど心に残るものはなかったです。

ですが、ラストはロマンチックで良かったですね。
あれから長い長〜い時が流れて二人がまた出会う場面。(ドラキュラはそのまま生き続けてるけど妻の方は生まれ変わり)そしてまた続編を匂わすような......わるくない、わるくないよこういうの。
今度は現代でドラキュラ大暴れすんの観てみたい!


クリックすると元のサイズで表示します

「泣く男」

ナメてた男が実は殺人マシーンでした映画の最高傑作といっても過言ではない「アジョシ」の監督が
今度は元から殺人マシーンの男を真正面から描いてみました的な映画。

正直、「アジョシ」ほどの感動はなかったです。
なんだかチャン・ドンゴンの目つきが気持ち悪かった、というか.....
最初観たとき「あれ、この人チャン・ドンゴン??」とか思っちゃいましたしね、
おそらくは役づくりなんでしょうけども、うーん、なんか違う。それなんか違う、みたいな。

ただ、アクションはとてつもなく素晴らしかったです。
今作では「銃」にこだわったというだけあって、銃撃戦の熾烈さはハンパないです。
特に集合住宅での戦闘ね、ここ最近観た映画の中では群を抜いてます。
これだけでも観る価値あるので未見の方は是非。

クリックすると元のサイズで表示します

「寄生獣」

最初に「寄生獣」が映画化される、と聞いたとき
「そ、それだけはやっちゃいかん!!」
と思ったものです。(同様に「アイアムアヒーロー」も)
でもあれですね、映画化されたらされたで、観てしまったら
「おっ、なかなかやるじゃん!」
とか思っちゃうのよね。

先日テレビでやってたやつは嫁さんに気を使ってチラ見程度だったんですが、(嫁さんはホラーは苦手だし、血がちょっとだけ映っても「ギャー!」とか言う人なのでこういうのは観れない)嫁さんが居ないスキを見計らってレンタルで借りてきてこっそりと観ておりました。

阿部サダヲがミギーの声をやってて「それなんか違う」感が拭えないし新一とミギーの関係性もね、「それなんか違う」感が拭えないんですけどもね、全体的に見て悪くないですよ、うん。

島田を演じた東出くんもなかなか気持ち悪くて良かったですし、深津絵里もイメージぴったり。そして最後にちょっとだけ出ていた「後藤」演じる浅野忠信もイメージぴったりで。
「完結編」も観てみたいなぁ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

「イコライザー」

実はこちらもナメてた男が実は殺人マシーンでした映画。
あまりにフツーな佇まいなのでナメられてるデンゼル・ワシントンさんが実はかつてCIAでなんかやっていたらしい、ぐらいしか情報が与えられないので、その得体の知れなさが際立ってしまい物凄くおそろしい映画になっております。

デンゼルさん普段は優しいのですが、いったん「そういう場面」になってしまうと表情が一変。
目つきめっちゃこわい。
最初の殺しの場面で「こりゃ殺すしかないな」と思ったデンゼルさんが髑髏の置物をターゲットに向けるシーンとかめちゃくちゃ怖かった。ああ、これ殺されるわ.....なんまんだぶなんまんだぶ。

自分の勤め先のホームセンターの商品を武器にして、しかもそれを何食わぬ顔で棚に戻すあたり
「こいつアタマおかしいわ.....」
とか思っちゃうのですが、これぞ現代の必殺仕置人、いいんです!


クリックすると元のサイズで表示します

「ゴーン・ガール」

嫁さんと一緒に観ようと試みたんですが
冒頭のくだりで嫁さんが
「ムリ!これムリ!」
とギブアップしたのでわたし一人で鑑賞。

結論から言うと「嫁さんと一緒に観なくてよかった......」というぐらいのものすっごい怖い映画でした。
特に後半の展開はもう観てられないわー!というぐらいにおっそろしい。
自分の血を抜いて床にばらまきまたそれを拭き取るとか、目的を達成するためには自分の身体を傷つける事に何の抵抗も感じない女。
ムリ!おれがムリ!

さすがフィンチャー、よくもまぁこんなオソロシイ映画を撮ったもんだ。
えらいっ!!

(でも私の中でのフィンチャーの最高傑作は「ファイトクラブ」です。タイラー・ダーデン最高!!)


クリックすると元のサイズで表示します

「ベイマックス」

これなら嫁さんも観れるだろうと鼻息荒く借りてきました。
実際観てみたら
驚いた事に私よりも感情移入して嫁さん号泣。

なんとなくですが「アイアン・ジャイアント」や「Mr.インクレディブル」を思い出しました。
すばらしい映画でしたよ、うん。

ベイマックスのぷにぷに感がたまりませんでした♡



............という感じで今回は終了です。
このGW中に「96時間/レクイエム」が観れたらいいなぁ〜(近所のレンタル店は全部貸出中!)


0




AutoPage最新お知らせ