映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
「あまちゃん」から「ごちそうさん」へ。  ドラマ


2013年を振り返る、にはちと早い気もしますが
今年はわたしにとって「大きな変化」があった年でもございます。

その変化とは、朝のNHKの連続テレビ小説、朝の連ドラを見るようになった事。

なんだ、たかが朝の8時から15分だけドラマ見るだけじゃねーか。
うむ、確かに朝の8時から15分だけドラマ見るだけですよ。でもね、これまで朝起きるのが面倒で、憂鬱でしかたがなかったのに、その朝の15分のおかげで朝が楽しくなり、なおかつ朝が来るのが待ち遠しくなったのです。
これはわたしにとっては、「朝なんて来なければいいのに」とか思ってたネクラ野郎が「朝って爽やか!素敵!」とリア充宣言するぐらいの、劇的な変化なのでございます。

きっかけは、「あまちゃん」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
↑じぇじぇじぇ!!

実際、この「あまちゃん」で朝ドラデビューした人も結構多いと聞きます。
「Cut」では「日本の朝を変えた」と特集を組まれるぐらいでしたし
ネットでもあまちゃんおもしろい今日のあまちゃんああだったこうだった、と評判も高かったせいもあって
これだけ騒がれるんなら相当面白いんだろうなぁ、と思い、ある日試しに見てみようとテレビをつけました。

この日はちょうど第7週(だったかな?)の「おらのママに歴史あり」の始まりの回でして
天野アキ(能年玲奈)の母・天野春子(小泉今日子)が実は昔アイドルを目指していた事が発覚するんですが、さすがにもう話が進みすぎていてそれ以前何があったのか分らないまま見ていても、「あっ、これは面白いドラマだな」というのは直感的に分かりました。
ヒロインである能年玲奈のフレッシュな魅力に惹き付けられ、その後も続けて見ているうちに周りにいる濃い人たちの魅力にも惹き付けられていきました。

アキの親友のユイちゃん(橋本愛)は超絶カワイイのに腹黒いとか
本来ならイケメン枠であるはずの足立ヒロシ(小池徹平)がひどい扱いだったりとか
アキの母の春子は朝ドラなのにビールばっかり飲んでいたりとか
たまーに「トシちゃんのものまね芸人」とか「前髪クネ男」みたいな飛び道具的なキャラが登場したりとか
たまーに糸井重里とか清水ミチコとか橋幸夫とかいうゲストが登場したりとか


とにかく見ていて楽しい、朝から元気が出てくるような、そんなドラマでした。
でも、震災を描いた週だけは、心が張り裂けそうにもなりました。

ユイちゃんにあからさまな死亡フラグが立っていたのでかなり心配しましたが、取り敢えずは無事で安心。
トンネルから抜け出した時のユイちゃんの表情がね、今でも忘れられないです。
震災の風景を直接的には映していないけど、その表情を見たらそれがどんなものだったのか分ってしまうぐらいに、絶望とか諦めとか不安とか、そういうものが渾然一体となった、なんとも言えない表情でした。橋本愛マジすげー。
それから、震災の状況を「壊れたジオラマ」で表現した演出も上手いなーと思いました。

なんだかんだで北三陸のみんなは逞しく、未来に向かって走り出していきます。

そしてドラマが終わり、「あまロス」に陥りました。
ああ、明日からあまちゃん見れないんだ.....
終わった.....
俺たちの朝が、壮絶に、終わった.......

しかし、すっかり「朝の8時に15分だけドラマ見る」体質になってしまっているので
あまり期待もしていなかった杏ちゃんがヒロインの「ごちそうさん」も惰性で見始めることになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

第1週は、主人公「め以子」の子供時代をじっくりと丁寧に描いていましたが
しょーじきこの時点で「面白い」とは微塵も思っていませんでした。
ああ、これ多分途中から見なくなるな......とも思っておりました。

「あら?」と思い始めたのは第2週、食いしん坊なめ以子が食べに食べてすくすくと横にではなくタテに成長し、身長の高さがコンプレックスのちょっとおバカな女学生になり、やさしいおばあちゃん(吉行和子)は他界して、なんと「ぬか床」に転生しめ以子を見守るのです。

「ぬか床」が喋るってのはおもろいなー。
このあたりから、徐々にこのドラマに感情移入していき、やがて西門・「通天閣」・悠太郎がめ以子の家に下宿することになり、ドラマ自体のテイストは完全に「少女漫画」になっていきます。

そしてこのドラマに完全に心を奪われたのが、「め以子決死の逆プロポーズ」の回でございます。

この決死の逆プロポーズのシーンは朝っぱらからボロボロ涙してしまったのですが、なんと西門通天閣悠太郎のヤロー、これを断りやがります。
西門てめー通天閣から突き落としたろうか!と殺意まで湧いてしまいましたが、まぁ彼にも色々めんどくさい事情があり幸せな家庭に育っため以子を思っての「お断り」だった......という展開で、やはり悠太郎はめ以子の事が大好きだったのです。なんだこのやろう、めんどくせぇヤツだな(笑)

さて、なんだかんだでめでたくめ以子と悠太郎は結ばれ、大阪に嫁いでいくわけなんですが
大阪篇に突入してから「少女漫画」だったドラマが突然昼メロのようなえげつない展開になり、なんかもう
「ええぇぇー!?」
って感じでございますよ。

イビリですよイビリ。小姑のイビリ。
朝っぱらから嫁をイビリ倒す小姑の和枝(キムラ緑子)はん!
先日はちょっと歩み寄るようなそぶりを見せておいて実は罠だったとか、あまりにドイヒーな仕打ちに
ついにめ以子はおかしくなったんじゃないかとさえ思った程でございます。
(ぬか床につづいて鯛まで喋り出したwww)

しかし師匠(近藤正臣)の知恵を借り、大量に余った「鯛」の始末をつけてま〜るく納めため以子は確実に成長し、強くなっております。いやぁ、見ていて清々しい。
朝っぱらから陰険なイビリで「見るのがツライ」という声も多数あるようですが、ちゃんと問題も解決させていっているし、なによりも朝ドラらしい「明るさ」は損なっていないというのも、このドラマの面白い所だと思います。

「あまちゃん」が朝ドラにおける変化球だったのに対し、この「ごちそうさん」は実に朝ドラらしい直球で勝負してきたな、という感じで、これからも目が離せません。
次週は西門・通天閣・悠太郎バーサス泉源太(め以子の幼馴染み)というとてつもなく面白そうな場面があるようなので期待大です。

あさイチの「受け」でも有働さんが「女の幸せ、で言うとやっぱ源太なんじゃないかな〜」とか言ってたし
もしかしたらこれから戦争があって通天閣が徴兵されて戦死したら........とか色々考えてしまいます。
株をやって稼いでる和枝はんも、世界恐慌で破産に追い込まれるんじゃないか.......とも。
巨大な歴史のうねりに飲み込まれて行くであろう、これからの「ごちそうさん」。
どうなることやら。
0

ウォーキング・デッド  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

「ウォーキング・デッド」

あらすじ/
保安官のリック・グライムズは逃走犯を追跡している際に銃弾に倒れ、病院で昏睡状態に陥った。彼が目が覚めると文明が破滅し、死体が歩き回る世界になり変わっていた。リックは自分の妻と息子が行方不明であると知り、武装した後、CDCが検疫して安全圏になったと噂があり自分の家族も避難していると思われるアトランタを目指して危険な旅に出発する。しかしながら彼はすぐに都市が「ウォーカーズ」で溢れてもう安全ではなくなったことを知る。(ウィキペディアより抜粋)


フランク・ダラボン製作の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン1を鑑賞しました。

海外ドラマといえば以前「フリンジ」にハマっておりましたが、シーズン3は1巻だけ観てそれ以降は観ていません。まぁそのうち観ようとは思っておりますが。
ツタヤに行けばそりゃあもう沢山の海外ドラマがレンタルになっておるわけですが、わたし実は「ドラマ」って苦手な方でして、あまり借りてみたりするという事はないんです。
そんなドラマが苦手なわたしでもフリンジは面白かったですし、実はジェニファー・ラブ・ヒューイット主演の「ゴースト/天国からのささやき」なんかもちょいちょいと観たりしています。

そしてようやく待ちに待ったこの「ウォーキング・デッド」でございます。
ゾンビがことのほか好きな私といたしましては、

こおいう海外ドラマが観たかったんだよぉぉぉ!!

と夕日に向かって叫びたいぐらいなもんでしてね、ええ、ほんともう大満足でごじゃいますよ。

まずはゾンビ(ここではウォーカーと呼ばれる)の造形なんですが、これがグレゴリー・ニコテロ率いるKNBエフェクトが担当しておりまして、その仕事ぶりは素晴らしいの一言。
「えっこれドラマなの!?」という気合いの入りまくった腐れ具合がもうね、いいんですよ。かなりお金のかかった映画レベルというか、最近の映画でもこんな良く出来たの観た事ないぐらいです。

そしてゾンビだけではなく、終末の世界に放り出された人間たちのドラマも重厚でね、こういうのをじっくり描いているのがいいです。逆にこれはドラマであることの強みというか、2時間という限られた時間しかない映画ではここまで丹念に描くことは出来ないとも言えます。

特に印象的だったのは2話の「生きてる人間がゾンビの群れの中をバレないように歩く」方法。これね、かなりビックリしました。あとシーズン1の最終話がね、かなりグッときました。ちょっと泣きそうになってしまいました。

主人公のリック・グライムズを演じる役者さんは知らない方でしたが、ちょいとヴィゴ・モーテンセンに似ているなかなかのナイスガイで、この終末の世界のなかで「人として正しい事」を貫こうとする姿勢は素晴らしいです。わたしもこういう人間になりたいものです。

あと脇を固めているのが「サイレント・ヒル」や「ミスト」が印象深かったローリー・ホールデン、「処刑人」が滅法面白かったノーマン・リーダス、そして「スリザー」のマイケル・ルーカーと何気に豪華だったりします。特にマイケル・ルーカーさんはその後どうなっちゃったの??という消え方をしたので気になるところ。もしかしたらシーズン2で再登場するのかしらん?

「ドラマ」とは思えぬ程の超高いクオリティで圧倒されること間違い無し。
ゾンビ好きはもちろんのことですが、ゾンビ嫌いな方でも十分にハマれる(かなりグロいけど!)素晴らしいドラマでございます。みんな借りて観ちゃおうぜ!そしてシーズン2を早く観たいんだぜ〜〜〜!!



↑予告編貼っておきます。
1
タグ: 海外ドラマ

マジすか学園2  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

「マジすか学園2」

あらすじ/
前作から数ヶ月後。旧四天王たちは卒業し、前田は3年生に進級したが、ラッパッパはかつての勢いを失いつつあった。校内を新たなヤンキーたちがうろつく中、ある人物が前田に宣戦布告し、下克上の幕が開く…。(wikiより抜粋)


にわかAKBファンのwataruでございますこんばんは。
連休中にこの「マジすか学園2」をイッキ見しておりまして、今夜はその感想などを書いてみようかと。
まぁぶっちゃけて言えば、パート1のほうがより暴力的で面白かったですが、こちらのパート2は「それなりに」面白いといった程度かなぁ。前田敦子や大島優子もそれほど出てきませんし、麻里子さまもね、あんまり出てきませんです。ちょっと残念です。ですがその代わりに新しい世代が出てきてこれが結構頑張っておりますので、なかなか見応えはありましたです。

で、今回はAKBではなくSKE48のメンバーが非常に印象深かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
* ゲキカラ(甘口) - 松井玲奈

旧四天王では唯一留年し、四天王の座に再び居座っている。喧嘩の実力は非常に高く、作中トップレベル。今は亡き優子に必ず卒業することを誓っている。
性格やキャラクター設定が前作と大幅に変更された。前作と比べると普通の会話を行えるようになっており、数ヶ月前までは敵対関係だった前田やその一派とも完全に和解している。
危険度や怒りの度合いは辛さで表現され、甘口の時は胸のペンダントの文字が「POP」、ゲキカラに覚醒した時は「ROCK」になる。普段は甘口だが、激しい怒りを感じたときはゲキカラへ覚醒し、学ランを袋叩きにしたカムバックとまゆげを軽く一蹴した。ミソの凶行によって瀕死の重傷を負ったが一命を取り留め、入院。最終決戦では入院中にも関わらず病院を抜け出し参戦した。最終話で前田に「来年こそ卒業しろよ」と言われたことから、今年度も卒業できなかったようである。

(wikiより抜粋)

前作でのラッパッパ四天王はほぼ怪人級の強者揃いでしたが、このゲキカラを除いて全員卒業しております。ていうかこのゲキカラさん、元々はガイキチなキャラクターだったんですが今作では物凄く可愛らしい一面も見せております。一気に好きになってしまいました。
しかしキレたときの目つきは相変わらず怖いです。
「富江」とかやってみたら凄くハマるんじゃないかなぁ.....とか思ったり。

クリックすると元のサイズで表示します
* センター - 松井珠理奈

出番の少ない前作から一転、主役級の一人として登場。幼少時に父親から家庭内暴力を受け、それを苦に母親が家を出てしまったなど、孤独に生きてきた過去が示唆されている。父親に対して殺意にも似た激しい憎悪を抱いており、それが同じ孤独な人生を歩んでいたネズミに惹かれていった大きな理由となっている。腹部に刃物で刺された際の傷跡があり、そのトラウマから金属などによる光の反射を見ると我を忘れてしまう。常にカーディガンを着用。回想シーンでは巻き髪になっている。卵焼きが好き。
チームフォンデュと同じクラスだが、寒ブリ以外にはあまりいい印象を持たれておらず、彼女も嫌っている。しかし、一部の生徒からの人望は強く、「つの字連合」の多くはネズミが嫌いだったが彼女の強さとカリスマ性に惹かれて連合に加入した。周りには一目置かれながらも校舎の屋上以外に居場所がなく、そこでネズミとよく会っている。
「ヘッセヲタ」と語るほどヘルマン・ヘッセの詩を好み、何度か引用している。2年最強。チョウコクを倒した他、ゲキカラに対しても臆せず戦いを挑み、本気の力を出すよう挑発するほどの余裕と実力を見せ付けた。1対1の真剣勝負を最上とする一匹狼だが、目的が同じため、ネズミと手を組む。その後はネズミに「お前が好きだ」と公言するほど心を開き、信用するがその真っ直ぐな性格故か、知らぬ間にネズミに利用されてしまう。実力を見込んだおたべにラッパッパ側に就くよう打診されるが、ラッパッパ側に就けばネズミを裏切ることになるため、ネズミとおたべの間で板挟みとなる。
その後、自分がネズミに都合よく手駒として操られていることを悟りながらもネズミを信じ、最終的にネズミを改心させた。最終話でネズミと共に前田からマジ女の「テッペン」を託された。

(wikiより抜粋)

この子、劇中では眉間にシワを寄せて終始怖い顔してますけど
物凄い美人。
ネズミ(まゆゆ)に対して殆どストーカーに近い友情を感じて......というかアレは友情以上の感情があるのでは?とか思ってしまったです。基本ヤンキーの友情やケンカの話なんですけど、ネズミとセンターの関係は仄かな百合の香りが。

クリックすると元のサイズで表示します
* ダンス - 矢神久美

シブヤ直属の舎弟。よくシブヤに殴られ鼻血を出すが、シブヤに対する忠誠心は極めて高い。

(wikiより抜粋)

なんだかいつも鼻血を流している。
というかシブヤに殴られることに快感を感じているようにもw
特に活躍する事もないが、妙に印象に残る顔つきでした。


さて、世代交代したラッパッパの四天王は、と言うと。

さしこ率いるチームホルモンは相変わらずヘタレ。
歌舞伎シスターズは能・狂言シスターズに改名したが、あんまり変わってない。
イケメンな学ランは洋ランになった。
そして新しい四天王に元・生徒会長だった峰岸みなみが「尺」と改名して参加。

峰岸みなみ、って面白い顔しているなぁ〜なんかあんな顔した小型犬居なかったか?などと思いながら観ていたら、だんだん可愛く見えてきてしまった。
うん、推してやっても良いぞ。

そんな感じで新しい世代も頑張っておりますが、ちょっと嬉しいのは卒業した四天王のその後もチラッと描いているところです。

クリックすると元のサイズで表示します
↑サドとトリゴヤ

サドは看護士に、トリゴヤは風俗嬢、ブラックはいつの間にか子持ちになりスーパーでレジ打ちをやっている。そんな彼女らが最終回でのマジ女VSやばくねの抗争に参加してくるあたりはさすがに燃えた。いいね、いいよ!

でも大島優子を三つ子にした意味がわからん。

登場させるのは別に構わんがなんで三つ子なの。双子でよかったんじゃね?

......と、大雑把にマジすか学園2を振り返ってみましたが、なんだかんだ言って可愛い女の子がきゃーきゃー言いながら頑張っている姿を見るのはいいです。すっかりおっさんになってしまったわたしですが、気持ちが少しだけ若返るというか。

わたしはやはりAKB48の楽曲には全然ピンとこないんですけど、この「マジすか学園2」の主題歌
「ヤンキーソウル」
は凄く好き。これはいい。カラオケで唄いたい!

マッチョマッチョ、ママママッチョ!
(マッチョ、とは言っていないが)

0




AutoPage最新お知らせ