オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法 ECサイトで使えるサーバー

 

バトミントン上達のプログラム  バトミントン上達法

長谷川博幸さんがバトミントンの上達法を
教えています。
長谷川博幸さんはオリンピック総合コーチです。
長谷川博幸コーチのバトミントン上達法


オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法


試合が開始され、まずは相手がどのような感じで動くのか
様子を見るために打つショットというものがあります。

図8場面としては、ロングハイサービスを打ってきたあとの返球を、
ストレートで返すというものです。
狙いは利き腕側のサイドラインです。

ここを狙う理由としては、「相手がどのくらい踏み込めるか?」
そして、「その返球はどのようなものなのか?」
これを知るためです。

このショットは相手の動きを見るために行うショットですので、
シャトルよりも相手の行動に意識を向けるようにしてください。

フットワーク、シャトルワークなど読み取るべき情報はたくさんありますので、
無駄な一打にならないように意識して行う必要があります。
ショートサービスを打たれたときの対処C

ショートサービスをフォアで打ってきたときは、
別の対処法というものがあります。

基本的には「テクニック4」で行ったことと同じです。
「ショートサービスを打たれる ⇒ ネット際へ返す」というものです。

しかし、ここではフォアで打つことを前提にした場合のパターンを見てみましょう。

バトミントンが短期間で上達出来る方法

近視回復、レーシックの基礎
アラフォー世代のアンチエイジング化粧品
0

 

10回の練習でマスターバトミントン上達法  バトミントン上達法

長谷川博幸さんはオリンピック総合コーチです。
長谷川さんが教えるバトミントン上達プログラム。
実戦で勝つためのプログラムです。

ショートサービスを打たれたときの対処B

さて今度は、シャトルをネット際に落とすパターンを見ていきましょう。

ショートサービスを打たれた際にネット際ギリギリで返球すると、
相手側としてはすくい上げることしかできず、こちら側はスマッシュで切り返し、
ポイントにつながりやすいとう利点があります。

図5これも先ほどお伝えした、
バックバウンダリーラインまで打つことと同様に
確実にポイントにつなげるための有効な一打と言えるでしょう。

ただし、このショットの注意点としては、
なるべくネットギリギリで打たなくてはならないため、
ミスをしてネットに引っかけてしまうということが挙げられます。

ですので、十分に練習を行い正確なショットが
打てるようになってから本番の試合で
実践することが重要になってきます。

【ショートサービス後の狙いは、ネット際ギリギリのショット】がポイントです。

バトミントンのトッププレーヤーになるための上達法
バトミントンテクニックが身に付く上達プログラム
長谷川博幸のバトミントンで勝つための8つのテクニック
長谷川博幸のバトミントン上達10回プログラム
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ