2011/2/8  0:44

とまどいながら  

クリックすると元のサイズで表示します

レポート提出前日の大学院のミーティングルームにて。友人と、議論の内容を書き加えながら、構想を練る。今も昔もやることは変わりない。



「書物を買い求めるのは結構なことであろう。ただしついでにそれを読む時間も、買い求めることができればである。」
             

ショウペンハウエル著『読書について』より。



古本ばかり買い集めてしまう。部屋には、読んでもないのに買い集めた本が、平積みになっている
もしかして、一生の間で一度も目を通さない本もあるだろう(たぶんある)。

でも、忘れたときに、買っておいた本が必要になることがある

その「必要なとき」のために厭くまで集めていると思う・・・

それにしても、大学院に行ってから、自分と同じように「書籍部」の法律書のコーナーで嬉しそうに本を物色する人が多いことに気付く(笑)

類は友を呼ぶのか・・・・むしろ、そんな人が集まるようにシステムが出来ているのか・・・

こんばんは元ゼミ長です。妙に懐かしくなり、移設先でなくこちらで更新とりにくゴメン。

とりあえず、テストも終わって法律の話はウンザリしているので、法律の話はしない(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.月日が過ぎて・・・

そろそろ卒論発表会らしいですね(ああ・・・聴きに行きたかった)

僕らの卒論発表会から・・・かれこれ1年も経ってしまう

とりあえず、卒論発表の前に「お馬鹿な」集合写真を撮ったおぼえがある
自分は出席できなかったが、卒論発表の後の酒はさぞかし美味かったのだろう電話越しに仲間たちの楽しそうな声を聞いたのを憶えている・・・

そして、卒論発表の後は「ゼミ合宿」
対審式では負けてしまったけど、あの経験は自分のなかでかなり意味のあるものだったと感じている。
その時に、熊谷先生から、もらったエコバックは愛用している

今思えば、「下呂温泉」という中年っぽい渋いセレクトは正解だと思うそんな卒業旅行・・・

そして卒業式・・・

昨年の2月から3月は自分にとって、本当に幸せな時間だったと思う

それから1年が過ぎ・・・この1年間は、「失敗」とそのたびに「新たな課題」が明確になった年だった。

思うように上手くいかない、努力しているつもりでいても結果が伴わない

僕に限らず、他の職種についた同期の仲間たちも同じように感じていると思う

月並みな発言だがそうやって人間は強く賢くなるのではないかと思う

また、新しい環境で、同期にも先輩にも誰も知り合いがいない状況で、はじめは妙な疎外感を勝手に感じていた

しかし、最近やっと空気にも馴れ、除々に自分らしさを(良くも悪くも)出せるようになってきた

と・・・そんな自分の一年の総括なんてどうでもいい

おそらく明日卒論発表で、発表する4年生はみんなドキドキしていると思う

でも、当日は自分の研究(?)の成果を自身を持って堂々と発表してほしい(みんなの卒論のテーマが興味深くて、本当に本当に聞きたかった)

卒業後にゼミの同期の卒業生とも話したが、卒業すると、卒論への愛着が妙に強くなる。そして、「卒論を書いてよかったな」って思うのだ。

それは、卒論は、自分が新潟大学法学部で4年間を過ごした「足跡」になるからだと思う・・・

言い方は悪いが、大学4年間遊び続けようと、勉強しようと勉強しなかろうと、卒論は誰しも等しく書かなければならない。

だからこそ、卒論の持つ意味は決して小さくない

みんなが卒論の発表を無事にやり終え、美味しいお酒を飲むことを心より願っている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.夜想

真夜中にぼんやりおもうこと・・・

当たり前のことかもしれないが

これだけ世界には人がいるのに、今まで出逢った人と「よく出逢えたな」辰辰と・・・思う

そして、すれ違う人なんぞ、これから一生一度も逢えないかもしれない

別にそんな人全員と関わろうとは思わない。

でも、人と人との出逢い、かかわりを改めて大切にしたいと感じるOK



市街地から離れた丘の上に僕のマンションはある。部屋から外へ出る。

今日も眩いばかりに、都会の明かりが輝く夜夜

法律の勉強に追われてばかりで、知らぬ間に感傷を忘れていた☆彡☆彡

久方の感傷は、学部時代、大学の裏の海で夕陽を見ていた夕日その感傷に近かった・・・
1

2010/12/5  2:36

ブログ移設  

こんばんは。とりにくです。

とりあえず、以前に王死魔から話のあったブログ移設ですが。
今しがた完了したので、あとで連絡回しますね。

取り急ぎ報告だけってことで。
それじゃまた
0

2010/11/30  19:36

すまない 何も書くことはなかった  

少しだけ寒くなった・・・

といってもこれまで故郷・大学共に雪国で生きてきた自分にとって 何てことない

新潟と違って雨も降らない、毎日晴れる。ただ、それが逆に寂しくもある・・・

アレだけ嫌っていた新潟の気候が恋しいこのごろ

皆さん今晩は 元ゼミ長ですこのブログがやるせないほど停滞しているので無理やり書きます

ただ、長文を書くのも面倒なので適当に・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.懐かしく思うとき

廊下で、学部時代お世話になったO先生やM先生とよくお会いする

校舎も違うし、人も違う中で・・・学部時代にお世話になった方に会うと
 
何故かホっとする そしてとても懐かしく思う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.なんとなく

このホームページにレジュメがアップされていると安心する

「ああ、みんな頑張ってるなー」と嬉しくなる

気になって中身を見ることもある 素直に良く考えて主張が練られているな・・と感心する

そんな感じで実は未だに後輩達からも新鮮な刺激を受けている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3.時には弱気にも

最近とても伸び悩んでいる

やってもやっても、力がつかない、結果が出ない・・・

やり方が悪いのかもしれない、それともそもそも能力の限界か(信じたくないが)
そんなこんなでちょっと最近自信を喪失しているのである

そのためか・・・ブログも少々元気がないはずだ(笑)

ただ、壁にぶち当たったり、自分の力の無さを痛感するために、今の場所に居るのではないかとも思う

そんなことを思うと、無理やりではあるけれど・・・悩ましい現状も1つの試練だと思える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4.昨年度卒業生のみんなは・・・ 

元気だろうか、ふとそんなことを思ったりする-_ゞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5.ということで・・・

民法の予習でもしようかな

それではまた
1

2010/10/24  2:52

刹那い日々  


クリックすると元のサイズで表示します


「『人間たちって』ちいさな王子さまが言った。

 『特急列車に乗っているのに、なにをさがしているのかもうわからないんだね。だからせかせか動いたり、同じところをぐるぐるまわったり・・・・・・』

  そしてつぶやいた。

  『そんなこと、しなくていいのにね・・・・・・』」
               サン・テグジュペリ「星の王子さま」


誰しも必死に走り続けているのかもしれないランナー
それは確固たる目的か、漠然としている・・・しかし周りの歩調に合わせなければ不安で、とりあえず並走しているのか、ただただ時間にスクロールされているのか×o×

時間がある することが在れば追われる 特急列車なんてもんじゃない。新幹線だ。いや、ジャンボジェットかもしれない。いやいや・・・・ブルーインパルスか・・・・いや、ステルス戦闘機に乗らざるを得ないのかもしれない◎o◎

ただ、何せ速いと道端の石ころも、道行く人の顔を見えやしない。何気ない会話も、花も蝶々も・・・スピードばかり求められて、もっともっと気付くべきものを見落としているのかもしれない目目

生活についても然り、勉強についても然り・・・最近そのことを痛感している。

一歩ずつ周囲を見渡していると、遅々として進まない'_';

それでいて全力疾走でも疲れてしまう、トキにはPAに寄る事も大切だ車無理に突っ走りすぎて、疲労から取り返しのない「事故」を起こしたら本末転倒。

そんなことを思う10月の夜。午前3時ということはご愛敬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.最近の生態について

 学部時代を凌ぐめちゃくちゃさ加減である 平日は1〜2時間ぐらいしか寝れん3時間寝れば「凄くいっぱい寝た気分」になる

友人曰く「常にしんどそうな顔をしてる」らしい

大学院に入ってからのモットーは「体のためにムチャをしない」だったがもはやその目標もどこへやら・・・

ただ、予習がとにかく終わらないのだ半ば泣きながらやっている(笑)

息抜きする時間もなくなってきたてか、今の住んでいるところに娯楽やステキな飲食店(たとえば、焼肉の食べ放題とか、しゃぶしゃぶの食べ放題とか、すたみな太郎とか、アボカーレとか、もう食べ放題とか食べ放題とか食べ放題とか・・・)がないのだ
学生向けの飲み屋も少ない

今、新大周辺に住んでいるみんなは、実は凄く恵まれた環境にあることに気付くべきだ(僕は当事気付けなかった)

海がある波波、イイ飲食店が沢山ある、カラオケもある、雀荘もある、スーパーもある、ドラッグストアもある・・・・この環境はメチャクチャいい環境なのだチョキ

実は、ドラッグストアやスーパーが近くになくて困っている´Д`結局コンビニ頼りの生活で、同じコンビニに一日に3回ほど行っている(ほぼ毎日)
そもそも飯を作る時間がオシイのでコンビニのおにぎりや弁当屋の弁当で生活している¬_¬
見本のようなダメ生活である。

とりあえず、風呂に入りながら、便所に入りながら判例評釈を読むのは辞めようと思う@〜@@〜@@〜@

仮にロースクール生になるとしても、こんな人になってはいけません、絶対にいけません'_';'_';


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.少しはまともなことも書かなきゃいけないのかな

「勉強の8割は民法の勉強をしなさい」と言われることがある。

多少の誇張はあっても、似たような言葉を良く聞く気がする¬_¬

実際に痛感しているのは・・・・ロースクールにおける「民法」の重要性はメチャクチャ高いということだ!!
「そんなの当たり前だろ?」と思うかもしれないが、本当に本当に重要なのだ´Д`

民法の思考方法って、他の法領域の基礎になっている。はっきりいって、民法がわからなければ行政法なんて絶対に分からない!!!!!商法だってそう・・・・・

だから石畝ゼミのみんなは「ああ、民法ゼミでよかった」と思ってゼミに励んでほしい(笑)
ついでに民法のゼミの人じゃなくとも、ローを目指す人はしっかり民法を勉強して欲しい。

たぶん今は卒論に手一杯で「民法の勉強したくてもできねぇぇぇぇぇ'_';'_';」って感じだと思う。それでも、民法の勉強をしたい人のために・・・・自分の大学院で大学院生に人気のある基本書をちょっと紹介したいと思う^▽^(宣伝ではない)
学部時代にロースクール生に定評のある教科書を手に入れて勉強することにはメリットが多い
(1)実際に定評のある教科書は多くのロースクールでも指定教科書(でなくても参考文献)になっていることが多く、入学時に既に「使い慣れた教科書」として戦えること
(2)ロースクール生は金がない。だったら、定評のある教科書を確実に買う!!と節約になる。
などのメリットがあるチョキ

ちなみに、同期が総じて「使いやすい」という教科書やシェアの多い教科書は・・・


民法総則:佐久間毅「民法の基礎1 総則」(有斐閣)

物権法:佐久間毅「民法の基礎2 物権」(有斐閣)

担保物権法:道垣内弘人「担保物権法」(有斐閣)

債権総論:中田裕康「債権総論」(岩波書店)、潮見佳男「プラクティス民法債権総論」(新山社)

債権各論:潮見佳男「ライブラリ法学基本講義 債権各論T契約法・事務管理・不当利得」(新世社)、潮見佳男「ライブラリ法学基本講義 債権各論U不法行為法」(新世社)

家族法:二宮周平「家族法」(新世社)、内田貴「民法W 親族・相続」(東京大学出版会)

といった感じでしょうか・・・内容への言及はしません。詰まるところ、自分の肌に合う教科書を見つけるのが大切です!

ただ、少しだけ個人的な意見を言うと、内田貴先生の民法シリーズは改めて読むとわかりやすく・かつ面白く書かれているな〜と思う。他の本で小難しく書いていることも、噛み砕いて分かりやすく記述されているGOOD!

あと、困ったら山本敬三先生の「民法講義」である。これは座右にあると非常に便利です

そして、友人には近江幸治先生の教科書の根強いファンもいます

もちろんこの他にも良い教科書はたくさんあるはずですGOOD!

教科書は「恋人ハートハートです、なので、あなたの「肌にあった」ものを選んであげてください(なんだかイヤラシイ表現だ)

ただ、教科書に関しては「浮気チューチュー失恋」が許されます○。その気になれば簡単に通読できる教科書1冊+辞書的なドラえもん的教科書を備えておくのが理想的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3.久しぶりにブログを書こうとしたら
すっかりブログの書き方を忘れていた◎o◎そもそも、何から書き始めたらいいかわからん・・・・

忘れていることといえば、自分が昔バレーボールをやっていたことも、バンドをやっていたことも、法律相談部だったことも・・・・すっかり遠い遠い昔のことのようで夕日ヒヨコ
たまに思い出して、一人で黄昏ている夜夜

本当は今夜はサタデーナイトダンスダンス夜の橋気分的にはアース・ウインド&ファイアーの「セプテンバー」に合わせて朝まで踊り狂いたい気分であるダンスダンスダンスダンス(もっとも、そんな体力は持ちあわせていない。キモチだけである。)

新潟の海にはサワライナダが来ているらしい(ソースは本○釣具店のホームページ)
つりてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
と午前4時半に叫ぶ23歳

よし、今から吉○屋に行こう!!まだまだ若いぜ花束
   

1

2010/9/19  23:03

どうしようもないせぷてんばぁ  釣りバカ達の休日

ひさしぶりです 先々代ゼミ長です


そういえば、同窓会の写真があったので(随分と存在を忘れていた)アップしておこう

それにしてもあまりいい写真がない・・・・

全部一次会の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

メガネ、王死魔、アニ戦、ババチョフ

クリックすると元のサイズで表示します

とりにく、ババチョフ

クリックすると元のサイズで表示します

ババチョフ、とりにく、あにさきす(チョコボール)

写真の中にすけべなおっさん(王死魔いわく)も含まれています 暇な人は探してみてください目

正直書くようなことが思い浮かばないんで手短に終わらそう 何かロースクール生ぽいことを書こうかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.例の裁判

数日前に元芸能人O氏に判決が下ったみたいですね・・・・
どうも事件の事実から見てアノ事件にそっくりだなぁと思ったんですよ

なんか勉強したことあるような´Д`

そうです「最高裁平成元年12月15日第三小法廷決定」です 刑法判例百選T〔第6版〕の4事件です 百選でのタイトルは「不作為の因果関係」になってます

どうやらO事件についても保護責任者遺棄致死までの因果関係が認められるかどうかが問題みたいですね・・・・・

まあ言及はしませんが'_';

法律の勉強をしていると、新聞や週刊誌で問題状況を報じられる以前に、事件の争点が見えてしまったりする◎o◎

これも法学を勉強する人の特権なのかもしれない(それが言いか悪いかは別にして)

是非この事件をきっかけに百選をもっている人はチェックしてみてください¬_¬

控訴審も注目したいと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.新大祭が近いらしい

今年も図書館の古書バザーをやるのだろうか??

毎年古書バザーの日をやるせないほど楽しみにしていたのに、今年は新潟にいない。

その日だけでも新潟に行きたい気分だ・・・・

ああ、掘り出し物を手に入れたいT_TT_TT_T

誰かに俺の代理人として本の物色をお願いしたいくらいだ・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3.ふらすとれーしょん

名古屋港は一箇所を除いて(知多っていう名古屋市から遠いところ)全面釣り禁止なのだ´Д`´Д`魚
したがって釣りをすることはできません・・・・

ああ、釣りがしたい あと1カ月もすれば「サワラ」が新潟に帰ってくる*^_^**^_^*
あのサワラとの熱いファイトと、数釣りができる楽しさをなんとしても味わいたい汗汗 

ああ つりがしたいつりがしたいつりがしたいつりがしたい

釣りバカな僕だから、気分転換に趣味の釣りができない今の生活は欲求不満なのだ風邪

何としても秋にサワラを釣りに新潟に行く 釣り欠乏症で死にそうであるオバケオバケオバケ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4.夢

幼少のころ、真剣にウルトラマンになりたかった炎今だってなれればいいなとおもっている(笑)

最近、夢を見た。ウル○ラマンになる夢だった(正確にはウル○ラマンA)

↓以下夢の中

でもまあ夢の中とはいえ、ウル○ラマンになるのは大変だったT▽T

怪獣にやられる前に変身しなければ死んでしまうし

変身して、怪獣にパンチをくらわすと、怪獣の皮膚がネバネバしたりトゲトゲしたりしてたまったもんじゃない汗汗

ついでに街には人がいるから、足元には細心の注意をしなければならないブーツ

なんとか安全なところに非難させようとして手の上に人を乗せても、握り潰さないように気をつけなければならなかった@〜@@〜@

とにかく巨人になると神経を使うので、それだけでムチャ疲れるのだ

ついでに怪獣が炎がマジで熱い炎炎炎

もうパンチもしたくないし、炎も食らいたくないから至近距離に行きたくもない

遠くから光線技を連発して怪獣を倒してしまった

実に子供に夢をあたえないような怪獣の倒し方である(笑) 

↑ここで終わり

目が醒めた・・・・うーん 夢の中で小さいころの夢が叶ったけどウル○ラマンというのも実に大変なものだな

変に大人になってしまったから・・・ヒーローになる夢さえ「現実的」になってしまったのかな、と少し寂しくなった

そんな切ない秋の朝落ち葉落ち葉落ち葉

また今日も「ああ・・・勉強しなくちゃ」と思う
これはこれで現実的だ(笑)

ああ 思いっきり遊びてえチクショウ

毎日 焼肉でスポーツ大会で、ついでに釣りができて、酒池肉林の宴だったらいい・・・・


ああ どうでもいいブログ書いちまった



いい夢みろよ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ