| 投稿者: fgfdgfdfs

「中学2年で英検準2級に普通に合格する方法」
そんな合格法があったら知りたくないですか?

詳しくはこちらから



topimage.jpg


普通に考えれば中学2年生が英検準2級に合格するのは相当に難しい
ですよね。帰国子女なら別の話ですが・・・


中学2年生で平均的な英語力は英検4級レベルだそうです。
だから、英語準2級だなんてレベルが高すぎると思いますよね。

でも、やり方、勉強法さえ覚えればそんなに難しい事じゃないと
いう人がいました。

その人は、土井稔さんで、

「中学2年で英検準2級に普通に合格する方法」


という教材を作った人です。

土井さんの息子さんは、この勉強法で、
中学2年で英検準2級に合格したというのです。

お母さんならご存じのことでしょうが、
中学2年生で英検準2級に合格というのは
中学3年生になれば、高校受験に専念できるし、
当然有利になりますよね。

それにこの勉強法は、一度身につけてしまえば、
いろんな勉強に応用できてしまうのです。

その合格法、勉強法を知りたくないですか?

続きはこちらから




この勉強法を読んだ方の感想を一部紹介しますと

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

高校1年の息子を持つ母です。
息子は高校受験の際、英検3級に3回トライしてやっと合格しました。

だから、このノウハウに出逢ったときは正直、
もっと早くに知りたかった!という感じです。

一気に読んでしまいました。これは、準2級合格への最短コースですね。
準2級レベルの英語力が身につく…ということは、とりあえずおいといて
とにかく合格できれば、いいんです。

合格するためには、どこにポイントを置いて、どこを捨てるか?とても効率的で無駄がない学習法だと思います。必要な教材も書店で手に入りますしね。

これから高校受験される方はラッキーですよ。
英検合格への最短コースを駆け抜けられますから。

そして、このノウハウは英検だけでなく、他の資格試験や教科にも応用できるところがいいですね。秋の英検準2級一発合格目指して、親子で頑張ります。

まだレベル的には無理かなと思っていましたが、希望が湧いてきました。
ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私はこの英語勉強法で英語力が大きく上がった一人です。(多分、同じような人は何人もいらっしゃることでしょう)

私にとって一番大きかった効果(?)は、まず、
英検という誰でも知っているはずの本当の実力
が、自分がそれまで思っていたものとは全然違う、
180度違うということがしっかりと認識できたことです。

この英語勉強法を手にしたときは、正直ガツンと頭を殴られた気持ちでした。
確かに、理に適っている・・・なぜこれに今まで気づかなかったのか・・・
そのような気持ちだったのを覚えています。

この方法論は、根性や気合といった前時代的なものではなく、
記憶の忘却曲線に乗っ取った、科学的な英語勉強法です。

スタート時期の違いがあっても、それぞれに模範となるスケジュールも紹介されているので安心してすすめることができます。

もっと具体的な効果を書いてほしいと皆さんは思ってらっしゃるかも知れませんが(笑)この事を認識出来たことで私の英語の勉強に対する姿勢が全く変わり、
今までの何倍も効率よく英語を学習する事ができるようになったと思います。

とにかく感謝感謝です。
まず、親の自分が納得できないと、子供には教えられませんから・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と評判も良いみたいですね。


もちろん、この勉強法は、中学2年生の方だけでなく、他の方もできます。
この機会に英検準2級合格しませんか?


また、この教材には、100名様限定で特典が付いています。
返金保証、メールサポート、
また、先着10名だけですが、中学2年生の方で英検準2級に合格して体験記をだしたら
お祝い金もくれるそうですよ。


詳しくはこちら


サポートの都合上、いつ無くなるかわからないそうです。お早めに




このサイトは、土井稔さんの「中学2年で英検準2級に普通に合格する方法」の勉強法 効果 口コミなどの情報を公開しています。








早稲田大学高等学院自己推薦入試攻略パーフェクトガイド 中埜聖司 入試対策
赤ちゃんの夜泣きが止まる安眠講座 ベビーシッター阿部美里 口コミ
魔法のトイレトレーニング講座 保育士 杉浦しずく 口コミ - 魔法のトイレトレーニング講座
0

2011/12/14 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ