2009/9/27

らぶぷらす  

「Weekly 4Gamer」8月29日〜9月4日分によると、ライターマフィア梶田による熱狂的なプレイレポートや、スタッフインタビューが2本合わせて、「週間記事アクセスランキング」のホシー(★)数にして230個近いアクセスがあったとのこと。 2009年9月10日付けの産経新聞紙面で記事になるなど、多種のメディアで大きく取り上げられた[4][5]。


--------------------------------------------------------------------------------

注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ]


--------------------------------------------------------------------------------

ストーリー [編集]
事情によりとわの市へ引っ越してきた主人公。その街にある私立十羽野高校、転入したての主人公に3人の女の子との運命的な出会い。学校生活の中で様々な出来事を共有し次第に仲良くなっていく主人公たちの運命はいかに・・・。

登場人物 [編集]
主人公(プレイヤー)
声:なし
十羽野高校へ転入してきた高校2年生。転入後は、テニス部と図書委員会に所属し、かつアルバイトもこなす。
ゲーム冒頭部分で一人称を「俺」「僕」のいずれかから選択できる。
高嶺 愛花(たかね まなか)
声:早見沙織
テニス部に所属する高校2年生。親が開業医で自らも文武両道なお嬢様。女子部のエースだが、生真面目すぎるため部活内で浮いている。
血液型はA型。誕生日は10月5日。星座は天秤座。趣味はお菓子作りとピアノ。
小早川 凜子(こばやかわ りんこ)
声:丹下桜[6]
図書委員に所属する高校1年生。常にイヤホンをしており一人でいることが多い。
血液型はB型。誕生日は8月17日。星座は獅子座。趣味は読書、音楽(特にロンドンパンク)、ゲーム(格闘ゲーム)。
姉ヶ崎 寧々(あねがさき ねね)
声:皆口裕子
ファミレス「デキシーズ」でアルバイトをしている高校3年生。大人びている性格・容姿のせいでひとに頼られがちである。
血液型はO型。誕生日は4月20日。星座は牡羊座。趣味は家事、ホラー映画。
開発初期の段階では大学生という設定だった名残で、薄化粧をしている。右目に泣きぼくろがある。
のど飴が好きで、お腹を空かせた動物にのど飴をあげようとするなど、やや天然。
ホラー映画が好きで、わざわざ何度も観るほど。

s2
鼓動メモリアルなどの過去の恋愛シミュレーションゲームは、特徴として、愛であることが自供されます、そして、それである間、大部分が自供されて、恋人になって、それが列挙されるというそれがあるゲームの目的はゲームの中心でしたか?苦痛である、愛のプラスの最大について。 現実の時間、季節、および「恋愛生活」のときに自供された後に、「リアルタイムクロック」で「恋人部分」のDS内蔵時計を使用することで適合した、そんなにリアルタイム、続く、すべてを通して、永遠は開発されています。 外観キャラクタ、様々なキャラクタのタイプ、「文武を逃してください、道路がnaoする両方(サイ)、」、「Tsundere、」 (より若い)であり、「穏やかさ(時代の)」、および「時代と、より若い設定」は使用されています。
2は、コナミのUchidaプロデューサーにもかかわらず、恋人が無限であり、真っすぐになりながら「私は長い間楽しむことができたゲームに行きたくなかった」ようになった後に毎日、meikotowariによると、「終わりはそれであればそれを捕らえるのであったこと」への、どの構成に、なるように続くと仮定しました。
そのうえ、それ…そして、少女話してください、置く、価値がうまく利用されている状態で、このCompositionだけのシステムもタッチパネルとDSのマイクを機能アップしました。 特徴は、少女とのコミュニケーションによって、少女のヘアスタイルと衣服が変化しながらプレーヤーに頼る様々な状況を楽しむことであることができます。
それ、ディレクターのmeihiro石原に応じて、無線電信は、「いくつかのフランチャイズが将来展開できるなら、データを引き継ぎたい」という注意から敏感であるように、交信します。

「愛のプラス」がミクシィ日誌「注目に値するキーワード」3である、それ1位公開日である2009年9月3日にそれになりました。
4Gamer.netと#12316、における「毎週の4Gamer」8月29日; 私は、作家マフィアKajitaによる熱心なプレーレポートと2つのスタッフインタビューが合って、それが「週の幹部の記事アクセス」の(*)をhoshiの数にすると聞いて、9月4日頃に、アクセス230断片がありました。 4は時5大規模に多くの種類のメディアがサンケイ新聞でふさわしい状態で始められた分、2009年9月10日に記事などを区切ります。


--------------------------------------------------------------------------------

ご注意ください: 話、仕事、およびキャラクタに関するコア一部が以下の記述で明らかにされます。 →、記述はサボられます。

--------------------------------------------------------------------------------

話の編集
towanoで事情で都市を動かす英雄。 それらは、10の個人的な高値が町で教育して、動く分野と3人の少女をセットアップする英雄にとって、致命的なミーティングです。 様々な出来事は幸福に徐々にそれになる英雄の学校生活と運命で共有されます: まさしくその。
キャラクター編集
英雄(プレーヤー)声: 10の分野高校に入って来た高校のNoneThe2年 入って来た後に、それはテニスクラブと本の委員会のものです、そして、アルバイトは扱われま
0

2009/9/27

rabu  

ラブプラスの最大の特徴として、ときめきメモリアル等といった従来の恋愛シミュレーションゲームが、その大半が告白されることがゲームの目的であったのに対し、ラブプラスは告白され恋人となってからがゲームの中心であることが挙げられる。告白された後の「恋人パート」ではDS内蔵の時計を使用した「リアルタイムクロック」により、現実の時間や季節に合せた、リアルタイムで永遠に続く「恋愛生活」が展開される。登場キャラクターのタイプにおいても、「文武両道なお嬢様(同歳)」「ツンデレ」(年下)「おっとり(年上)」「年上・年下設定」という様々な性格を用いている。

コナミの内田明理プロデューサーによると「長く楽しめるゲームにしたかった」ため、「攻略すれば終わり」ではなく、恋人となってからの毎日がエンドレスで続く構成とした[2]。

また、DSのタッチパネルやマイクを活かし、デート中にスキンシップしたり、女の子に話かけたりと、本作ならではのシステムも充実している。女の子とのやり取り次第で女の子の髪型や服装が変化するなど、プレイヤー次第で様々なシチュエーションが楽しめるのも特徴である。
0

2009/9/27

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ