親父ランナーの繰言

 

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事カテゴリ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まさ
 自衛隊の憲法解釈の問題と災害救助活動を一緒に語るのには、私は反応してしまいます。そもそも自衛隊は災害救助が目的ではありません。いっそのこと国土保全隊になればスッキリするのに。
 災害現場ではゆったり休めるベットは無理でしょうが、エネルギーさえ確保できないのならそれは問題でしょう。私はそこは出来てると思いますが。
 現状ではすぐに災害救助に行けるのは自衛隊しか居ません。自衛隊にもスキルと資材はそれなりにあると思いますが、土木では専門ではないと思います。どこでも食事や寝るところを確保する自衛隊のスキルと土木専門の業者が力を合わせてやる方がいいのではないでしょうか。
 公共事業の後期を遅らせて経費も国が持ってと呼びかければ参加できる業者もいるのではないかと思います。
 福島の事故の時でも自衛隊がヘリで水をかけるというパフォーマンスを長々とやってましたが、専門業者にお願いしたらポンプ車(だったかな)で直接水をかける事がもっと早く出来たのではないでしょうか。

 ちなみに災害現場にはボランティアではなく、仕事としていろんな方が駆けつけて活動してます。皆さん過酷な情況で活動してます。お疲れさまです。
 身近ではラン太郎さん。保険の手続きをスムーズにすすめ、給付を少しでも早く出来るように頑張ったと思います。福島にはDSPさんも行かれましたね。一般公務員も大勢行ってます。
投稿者:真野
災害時の件は全て伝聞です。被災者の方々を優先するのは当然ですが復旧や救助活動に必要なエネルギーさえまともに確保できないような状況に置かれているとなれば、人間らしい環境を整えてあげてこそ災害時の活動もより良いものになるのでは?一考を要するのではっていうのが今回の主旨です。
投稿者:まさ
 自衛隊(員)の地位向上ってよく言われますが、意味が分かりません。たしかに人命救助や災害復旧に力を尽くしてくれてます。たぶん過酷な状態での働きだと思います。
 しかし、状況はよく分かりませんが、休憩や食事は目立たないところでと言うのは災害現場では当然の心遣いじゃないでしょうか。そんなことより、日本を守るためにという純粋な気持ちで働いている自衛隊員に中東の戦争状態のところに行けという方が隊員にとってもつらいことではないでしょうか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ