2017/7/1

夏の大会・男子  

男子は、1勝4敗。惜しい試合もあったし、力の差があった試合もありました。



負けた試合でも、内容がいい試合もありました。もう少しでどうにか勝てそうというところまできている感じがします。

特に、1試合目と3試合目。

もう少しで・・というのは、大事なところでシュートの決め手がないところが勝てない理由だと思っています。

シュートの決め手を作るには、一人一人がもっとレベルアップしないと決め手が作れません。キャッチミスやドリブルの時に目線が下がるなど基本的なことがしっかりできないと、動き方だけ教えても決め手にはならないからです。



そこで、秋の大会を見すえてチームの力をつけていきたいと思っています。


まずは、ディフェンスの力をつけること。

これは、1P対2Pの練習の時にはげしくやり合っていないことがディフェンスの力がついていない原因です。そして、ディフェンスの力がついていないので、試合のようにきつい場面でのシュートがありません。だから、試合でシュートをおとしてしまいます。
まずはここから改めたいと思っています。


次に、シュート力。

フリースローやジャンプショットが入りません。大事なのはシュートを打った回数ではなく、試合を想定して本気でシュートを打った回数です。男子はシュート練習はしていますが、試合を想定したシュートではないことが多いようです。


最後に体力。

大事なところでフラフラしたプレーがあり、ボールを取られたり、競り負けたりしています。夜ごはんの約束、守れていますか?体をしっかりと作って、体力をつけていきましょう。



夏の大会で1つ順位を上げたことで満足はしていないと思います。

これから暑くなる時期に、走りこみをして、シュート力、ディフェンス力を上げて秋の大会では男子の目標を叶えましょう。

6年生はもちろん、5年生以下の選手の意識の高さが勝ち負けのポイントをにぎっていると思います。

みんなで目標に向かって前進していってください
6

2017/6/24

夏の大会・女子  

女子の夏の予選が終わりました。5月の大会で負けたことで、チームにとって大切な基本に戻ることができました。



夏の大会を通して、全員の成長を感じました。



5年生はよく6年生を助けてくれました。自分達が今やるべきことをよく考えてプレーすることができていました。この大会のような頑張りを続けていたら、5年生もメダル候補になると思っています。

サクラは、足をよく動かし、ディフェンスを頑張っていました。サクラのカバーの寄り方が一番速いです。速攻のシュートもたくさん決め、思い切ってロングシュートも打ちました。どんな相手に対しても、こわがらないでプレーができるようになってきています。


ヒヨは、言われたことを守ってディフェンスのカバーをすることができていました。特に最終戦で2Pが勝てたのは、ヒヨが最初に思い切りのいいカバーをしたからです。ルーズボールもカットもよくねらっていました。





6年生はそれぞれがプレッシャーを感じながらも自分達の力を信じてプレーすることができました。




シオンは、今がとても大事というときに逃げずにシュートに行っていました。ここでシュートに行かないと試合の流れが相手チームに行ってしまうというときに頑張ることができていました。ドリブルをするときに弱気になることもありましたが、今までの自分の努力や経験を考えて自分にもっと自信をもってください。


ミウは、とても強気で集中したプレーをする試合と弱気になったプレーをする試合がありました。とても強気で集中しているときは、シュートも入るし、周りもよく見えています。弱気の時はボールをもらって自分が何とかしようという積極性がありません。ミウがいつも強気で集中したプレーができれば、チームのレベルアップは間違いありません。


ヒサキは、この大会中にいいリバウンドがいくつか見られました。飛びつき方がよくなってきています。ただ、試合によってシュート率にばらつきがあるので、いつも安定して高確率でシュートが決められるようになってください。センタープレーの種類を広げることと、左側を多く使うようにこれから練習していきましょう。


リンカは、この大会の3試合目ぐらいからとてもいいカバーやルーズボールが見られるようになりました。オフェンスのときのパスのつなぎ方もとてもよかったです。できることが増えると余裕を持ったプレーができるようになるので、「パスをしようと思ったけど、ディフェンスがいるから自分でシュート」など状況判断をしながらのプレーが確実にできるようになってほしいと思っています。


コトは、ディフェンスがよくなりました。あきらめずに頑張ることができるようになっています。最後の試合の2Pのときに、途中走力が落ちそうになっていたので、しっかり走りこみをして体力をつけましょう。オフェンス面でも、1対1や1対2で突破しようと強気で攻めるようになってきています。ドリブルの力をもっとつけて、1対1の強い選手になってください。


ナギは、ルーズボールでチームを助けました。3試合目、5試合目と大事なところでぶつかることをこわがらずにボールを取ることができていて、点には表れないけれどとても大事なプレーをしてくれました。センタープレーも少しずつできるようになってきていて、フェイクからのシュートで大事な得点をあげてくれました。これからは、ジャンプショットの確率をもっと上げることと、ディフェンスの粘り強さをもっと出せるようにしてください。


ミヒナは、自分で声を出してパスをもらいターンをしてシュートを決めるなど試合のたびにいいプレーを見せてくれました。今大会で一番光ったプレーは、5試合目のミヒナのカバーです。指示された通りの逃げないカバーで、相手チームの4番がリズムをつかめませんでした。ナイスファインプレーです。これから、ジャンプショットの確率とリバウンドの取り方をおぼえて、されにレベルアップしてください。


カンナは、いいところで速攻のシュートを決めることができました。難しい角度からでも力をぬいてやわらかくシュートを打ち、決めることもできています。オフェンス面では自分の判断でプレーできているときはとてもいいプレーが出ています。ディフェンス面では、カバーの時に相手の選手の迫力にこわがって引きながらカバーすることがあるので、前に出てカバーができるようにこれから練習していきましょう。



試合に出ている10人だけではなく、下級生もよく応援していました。練習中も見ている時間が長い日もありましたが、チームのために一緒に頑張ってくれました。チーム全員で勝ち取った大会だったと思います。目標に向かって一歩前進です。


ただ、チーム全体としてではなく一人一人の成長率を考えたときに、もう少し技術や判断力がついているはずなのですが、そこまで到達していません。

基本の練習やきつい練習、イージーシュートを落した後やミスの後に自分を甘やかしている状態だとすると目標の達成は厳しくなります。


目標の達成は、自分の強い意識次第です。

目標に向かってみんなで声をかけあって励まし合って頑張りましょう
8

2017/5/22

カップ戦・女子  

女子は、2日目だけ見ることができました。

一人一人の選手の成長やチームの成長を感じることができました。


みんなの目標は高いところにあるので、負けた試合で出た課題を書きます。

最後の試合で負けた大きな理由は、2月に負けた試合と同じ理由です。

どんな相手でも、自分たちが今まで頑張ってきたことをそのままやればいいのに、相手チームのことを警戒しすぎて積極的に攻めることができませんでした。

大きなチームでも、小さなチームでも、速いチームでも、積極的に攻めることは変わりません。



負けた理由は他にもあります。

フリースロー、ジャンプショットの確率の悪さ。

ディフェンスの動きや位置を考えずにパスを投げてしまう判断力の悪さ。

大事なところでリバウンドが取れていないこと。

トラベリングやウィークサイドを抜かれてしまったこと。

ファールの内容がよくなかったこと。

出された指示を忘れてしまったこと。



負けた試合から学ぶことはたくさんあります。

試合に出た10人全員それぞれに課題がたくさんありました。

あの試合で、「自分のせいで負けた」と思えるような選手になってほしいと思います。

まだまだ、人に頼っている選手が多いようです。



女子もまた基本的なことをやり直す必要があると感じました。

自分に足りないことは何か、しっかりと考えて、足りないことを特に集中して練習をしてほしいと思います。

夏の大会に向けて、レベルを上げていきましょう
9

2017/5/20

カップ戦・男子  

男子は基礎練習を中心に練習をしていたので、カップ戦で久しぶりにゲームを体験しました。

久しぶりのゲームということもあり、動きが固いかなと思っていましたが、予想の逆でとてもいい動きをしていました。



特に、ディフェンスは全員でボールをねらっていました。

6年生はみんな積極的にシュートに行っていました。

リバウンドやディフェンスの切りかえしなど、前よりも少しふんばれるようになったように感じました。



1日目の2試合目、2日目の2試合目と惜しい試合も経験しました。

1日目の2試合目は、同点で終了のはずが急に延長戦となり、気もちが切れたことと体力が続かなかったこと、イージーシュートがかなり外れたこと、アウトナンバーでシュートを決めることができなかったことが敗因となりました。



今回のカップ戦で、男子は基本的なことから取り組んで、まずはすべての土台をつくるという方向性が間違っていないことを確認できました。

体力や筋力はすぐにつくものではありません。

きついことをさぼらずに頑張ることができれば、力がついていくと思います。



一人一人の力が上がれば、チーム力が上がるはずです。

男子の力がついていくのを楽しみにしています

10

2017/5/8

男子の感想と自分の決意  

4月の大会、連休の練習試合が終わりました。

男子は練習試合で負けが続き、苦しい試合が続いていましたが、4月の大会で大きな1勝、入れ替え戦でも大事な1勝をあげることができました。



4月の大会の後に、6年生の男子とFコーチが話しをしました。



4月の大会を終えた感想

ジン・・・・1部に残れてうれしかった。1部に残ったらいろいろな経験ができるからうれしい。

ヨウダイ・・1部に残って試合をするのが大事。強いチームと戦って学習するから。リバウンドが取れてよかった。

カイト・・・1部に残ってよかった。いろいろなことができるから。7月の大会に出れてうれしい。

ニッキ・・・きつかったけど、みんながシュートを決めてくれて楽しかったし、うれしかった。

アヤタ・・・くやしい。けがをして出れなかった。


自分がどんな選手になりたいか


ジン・・・・どんなディフェンスもあきらめないで抜けるガードになる。

ヨウダイ・・170cmの相手でもリバウンドを取れるようになる。1対1でジンやニッキを抜く力をつける。

カイト・・・シュートを打ったら、必ず決める。リバウンドは絶対一発で取る。

ニッキ・・・みんながシュートを決めれるようにアウトナンバーを作りたい。

アヤタ・・・ジンやニッキと3対3ができる力をつける。リバウンドを取って点を入れる。



チームはどうなりたいか


ジン・・・・秋に県大会に出たい。

ヨウダイ・・秋に1位になって県大会でも1位になる。

カイト・・・夏の県大会にも出場したい。

ニッキ・・・全国大会出場。

アヤタ・・・体力をつける。シュートを増やす。シュートの確率を上げる。いっぱい点が取れるようにする。






4月の大会では男子の意地を見せてもらいました。

男子は試合経験がないので、これからも我慢の試合が続くと思います。

それでも、6年生にとって最後の1年です。

力がつくことを信じて、自分の言ったことに責任をもって練習に取り組んでほしいと思います。

6年生の頑張りに期待しています
11

2017/5/7

女子の課題  

4月の大会、連休の練習試合が終わりました。

勝った試合もあったし、負けた試合もありました。

勝った試合の中では、大きく点差をあけて勝つことのできた試合もありました。



勝った試合、負けた試合を通して、女子は基礎練習の必要性を強く感じました。

キャッチ、イージーシュート、ふんばる力、ストップ、ディフェンスの足の運び。

キャッチする瞬間の弱さも気になります。

基本的なことがしっかりとできていないと、相手チームの選手は「負けているけど追いつけるかも」「もっと点差をつけて勝つことができるかも」という気もちになります。

相手チームの選手が、試合中に勝つことをあきらめてしまうくらいの試合ができるように、練習から基本的なミスに対して厳しく練習することが大事だと思います。



負けた試合からは、もう一つ大きな課題が出てきました。

体力がないことです。

ふんばれず、ファールが多くなる。

走り負けてしまう。

きついときに基本的なミスが増える。

体力はすぐにはつきませんが、みんなで約束したことを守れば、3ヶ月後に体力の基礎はついていると思います。

そこからの走り込みで、体力は確実につく予定です。



きつい練習が始まりますが、みんなの目標のために必要な練習です。

毎日確実に力をつけて、土日の試合でいろいろなことを試してみてください。

土日の試合のたびにプラスの変化のあるチームになってほしいと思っています

9

2017/4/16

練習試合・女子  

女子は、練習したことや自分でやってみようと思ったことを試合のたびに試すことができています。

勝ち負けというより、試合の内容がいいです。


できなかったことができるようになるというのはとても大事なことです。



シオンは、ディフェンスの一歩が速くなっています。ディフェンスの時に足が広がるようになり、足の運びが速くなってきていることは大きな成長です。

課題は、パスの判断ミス。判断ミスが起こっているときは、自分がきついときにひざが曲がらずつったってパスをしているときです。


ミウは、逃げないプレーが増えてきました。ジャンプショットもぐっとひざを使って打つことができるようになっています。

課題は、パスを強く投げることとバウンズパスを手首を使って仲間が取りやすいように投げることです。


ヒサキは、パスをもらうタイミングがよくなりました。リバウンドへの飛びつきもよくなっています。

課題は、ゴール下のシュートの確率をさらに上げることとセンタープレーの技をもっと増やすことです。


リンカは、ジャンプショットのフォームがよくなっています。打ちこめば、ジャンプショットもロングシュートも入るようになると思います。

課題は、ディフェンスの足の運びとファールをしないで正しくコースに入ることです。



コトは、1対1を試すことができました。センターへのパスもよくなっています。

課題は、ディフェンスの時に最後まで粘ってつくこと。抜かれていないのに途中でプレッシャーをかけるのをやめてしまっています。


ナギは、シュートや1対1の判断がとてもよくなっています。ルーズボールもとてもいいです。

課題は、カバーに出た後の戻りなどディフェンスの動きをしっかりと覚えることです。



ミヒナは、シュートが入る回数が増えたことと1対1を試そうとしてるところがとてもいいです。

課題は、リバウンド。見ているときがあるので、取りに行きましょう。



カンナは、シュートをするときに角度が悪かったり、ディフェンスがいたりすると一工夫する力があります。

課題は、ルーズボールに対してがばっと取りに行く気もちの強さが足りないこと。取った後にシュートが入らなかったらどうしようとかドリブルを取られたらどうしようとかいう弱気な気もちがあるのかなと感じています。取りに行く気もちが足りないので体で取りに行かずに手だけで取りに行っています。マイボールになったら、「自分でシュートに行くぞ」というくらいの強気の気もちでプレーができるようになったら、チームはもっとレベルアップします。カンナは、シュート力もあるし、パスをする力もあるので、後はミスをこわがらない強い気もちが持てるよう、自分に自信が持てるように練習をしてほしいです。



ヒヨは、状況判断してプレーができるようになってきました。思い切ってシュートに行くこともできています。

課題は、ドリブルの時に目線を下げないこと。目線が上がるとシュートもパスももっとよくなります。


サクラは、速攻のシュートが入るようになりました。ディフェンスの足がよく動き、カットのタイミングもよくなっています。

課題は、ロングシュートのアーチをもっと上げること。ひざをぐっと使ってシュートをするように練習をしましょう。



チームの課題は、オフェンスとディフェンスの切りかえ。

マイボールになるまでじっと見ているので、走るスタートが遅いです。

リバウンドと声の課題も前の大会から引き続き継続です。

もう一つ、速攻の課題ですが、後5本ぐらい速攻が出そうです。



チームや個人が伸びる時期が何回かありますが、4月のこの時期はぐっと伸びる時期にあたります。

今、練習をさぼると伸びないので、上手になりたかったら精一杯練習に取り組んでください。

明日はゆっくり体を休めて、火曜日から頑張りましょう
10

2017/4/16

練習試合・男子  

男子は、アヤタが入部して初めての練習試合でした。

アヤタの入部で、これからの男子の伸びしろはぐっと上がりました。

これからチームとしての形を作っていくことになりますが、その前に必要な心意気が男子には足りません。



アヤタが入部する前からチームを任せてきた6年生4人に、上級生としての覚悟やチームを引っ張っていく覚悟がまだない。

練習で、女子にダッシュで負ける。

下級生に声かけをして言うことをきかせることができない。

自分の課題に対して本気で取り組めない。

6年生がこれでは、下級生は頑張りません。



試合で勝ちたい気持ちは伝わってきます。

でも、きつい練習や基本練習に対して本気で頑張れていません。

今日の試合でも、3試合目のベストの前に6年生に強く言っただけで動きに必死さがでる。

試合で勝ちたいなら、試合中は集中して必死にやらないと自分もチームも上達していきません。



本気で勝ちたいのか、自分のできることをちょっと頑張るくらいで褒められれば満足なのかで本気で教えるかどうか変わってきます。

口先だけで「勝ちたい。1部で優勝したい。」と言うのではなく、まずは@練習で、女子にダッシュで負けないこと、A下級生に声かけをして言うことをきかせること、B自分の課題に対して本気で取り組むことを練習する姿で見せてください。



男子のチームとして、個人としての伸びしろを最大限まで伸ばすのか、今のままくらいでいいのか。

6年生の覚悟や本気がどこまであるのか、火曜日からの練習の姿を見てみようと思います


8

2017/4/3

練習試合・男子  

男子の練習試合。

2試合目、3試合目と試合を見ました。



2試合目は逆転負けの試合でした。

男子はまだ試合経験が足りない選手が多いので、これから練習すればいいという部分があります。

たとえば、判断力。

大きな選手に対して、どこまできっていくのか。

ロングシュートやジャンプショットの選択もあります。

きっていってファールをもらうという選択もあります。

ステップを工夫してシュートをねじこむという選択もあります。

そういった判断力がまだ足りません。



次に、体力。

最後まで全力で走ることがなかなかできません。

体力がないので、疲れて指示されたことを忘れることもあります。

少し当たられるとフラフラとしてしまうこともあります。




シュート力。

ゴール下のシュート、ジャンプショット、ロングシュート。

打っている数が少ないです。

とにかくシュート練習をしましょう。




ただ、これから練習をすればいいというだけの敗因ではありません。



大きな理由は2つ。



まずは、意識が低い。

苦手なところや注意されたことに対して、本気で取り組んでいません。

まずは、6年生の意識を変えないといけません。

ジンは、左のドリブル、左のシュート、左のパス。

ヨウダイは、目線が下がる。

カイトは、キャッチからのシュート。

ニッキは、パスをもらうための声。

勝ちたいという気もちや強くなりたいという気もちは6年生は強く持っています。

でも、そのための課題に対する本気の努力は足りません。



2つ目は、ユウザやタイザのようにやる気があって練習を頑張る選手を集めること。

特に、6年、5年、4年の選手に声をかけてメンバーを集めるエネルギーをもつことが大事です。

下級生が多いので、今は勝てても秋の大会では体力差や体格差が他チームと比べて大きくなります。

今だけではなく、秋の大会を見すえてチーム力を高めていかないといけません。

もちろん、メンバーが集まっても今出ている選手が意地を出して頑張り、そのまま試合に出るかもしれません。

集めたメンバーを出したいということではなく、チームに競争を起こしたいということです。

1つ目の意識の低さにもつながりますが、男子には競争がないので自分の課題に必死に向き合っていないことが気になります。



男子にはのびしろがたくさんあります。

でも、のびしろをのばすためには自分の努力と意識が必要です。

負けるための練習はしていません。

勝つために本気で自分の意識を変えていきましょう
7

2017/3/30

カップ戦・女子  

このカップ戦は、とても収穫がありました。

ただ勝っただけではあまり意味がありません。

できなかったことができるようになって初めて勝ったことに意味があるようになります。



このカップ戦で、2つの指示を出していました。

練習したことを試すように指示を出したのですが、それをよく守っていました。

できなかったことを意識することができていて、成長を感じました。



パスを出す選手、パスをうける選手ともに声を出すように指示を出していましたが、その指示はまだ半分しか守れていません。

この声が出るようになったら、得点力が高くなると思います。



もう1つの指示は、とても大事な指示なのでこれからも忘れずに取り組んでほしいです。



頑張れば結果が出ます。

やればできるようになります。




女子の課題は判断力。

いろいろな場面や練習で判断力をきたえていきます。

いつも考えながら練習してください。




頑張るのもやるのも自分自身。

残り1年もないミニバスを仲間と一緒に精一杯やりぬいてほしいです
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ