2017/10/9

遠征・女子  

女子もどんな形でもいいので勝つことにこだわって試合をしました。

結果は全勝。

内容としてもっと点差をあけて勝てるという試合もありましたが、とにかく今の時期は勝つことが大事です。

流れが悪い時も粘り強く頑張り、自分の判断でプレーできるようにもなってきました。

試合中に叱られても、今まではマイナスの気もちを引きずってプレーしていた選手が気もちを切りかえてプレーできるようになってきました。



シオンは、勝負所で自分の判断で落ち着いてプレーできているので、試合中は自分の判断を信じてプレーしてください。判断が違うときはベンチから声をかけます。

そのかわり、練習中の判断ミス、シュートミスには厳しく言います。



ミウは、2試合目の最後のシュート、よく決めました。

自分に自信をもってほしいです。

逃げている弱い選手は、2試合目の最後のシュートを決めることはできません。



ヒサキは、みんなから助けてもらっていることに気づき、自分のプレーやシュートの大切さをもっと自覚しましょう。

言われたら頑張ることができるので、まだまだ意識が低いです。

できるからこそ、最初から全力でやってください。



リンカは、全体を考えてプレーすることを意識してください。

カバーならカバーだけを考えているようです。

リバウンド、カバー、オフェンスのプレーなどやることはたくさんありますので、全体を考えることが難しいなら、バスケットは次々と大事なことが変わることを頭に入れて、今一番大事なことは何かをいつも考えてプレーしてください。


コトハは、気もちの切りかえが早くなってきました。

シュートが入るときはどんなときか、入らないときはどんなときか自分で言葉にして考えるくせをつけてください。

リバウンドもよくなってきています。



ナギは、ルーズボールは相変わらずチームで1番です。

課題は、集中力。

きついときでも走れる力はついているので、後はナギのチームや友だちに対する気持ち次第です。


ミヒナは、今、自分が変わるチャンスです。

えんりょしてプレーをする、自分はみんなより遅く入ったからこれくらいの頑張り方でいい、自分の本当の力を出さないでいい。

ミニバスを通して学んでほしいことをつかんでほしいです。

チームのために、自分が変わるために、にげないで考えてください。



カンナは、オフェンス、ディフェンス共にいい働きをしています。

後は、力強いプレーができるように意識して練習をしてください。

これからは、一つ一つのシュートを大切にしましょう。


ヒヨは、ディフェンスでよく考えて動くことができています。

オフェンスについては、練習中は相当言いますが、言われてへこむようでは6年生になったら強くなりません。

秋の大会ではオフェンスについては何も言わないので考えながらも思い切ってプレーしてください。



サクラも、ディフェンスでよく考えて動くことができています。

オフェンスでも思い切って速攻で走ることもできています。

6年生のために、こわがらずに精一杯プレーしてください。



リウは、ミヒナの代わりに出ていると考えているようではスタメンは取れません。

ちょっとうまくいかなかったり、動き方がわからないと動きが止まることが多いです。

5年生は思い切って動いてみること。

スタメンを取る気があるなら、頑張ったらチャンスです。



女子は、これからさらに変われます。

動作を速くすれば、さらに変われます。

練習中の一つ一つの動作を速くしましょう。

きつい練習が続きますが、自分の体のケア、体調管理をしっかりやってください

11



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ