ストレートネックの改善体操  ストレートネック症状 原因
ストレートネッツク・頚椎症・頚椎ヘルニア改善プログラムは徳永接骨院の9万人以上に及ぶ施術実績の集大成です。
クリックすると元のサイズで表示します
>>>詳細を先にみる


■ストレートネック改善の体操

ストレートネック改善のための体操をご紹介します。

ストレートネックを改善するには、実は首の骨(頚椎)だけではなく、
その下の背骨(胸椎)のケアが必要になります。

人間の背骨は上から頚椎(7個)胸椎(12個)腰椎(5個)が並んでいます。

ストレートネックと言えば首の骨(頚椎)に、アプローチしたくなりますが、
問題は頚椎の下にある胸椎、

特に胸椎の上半分(上部胸椎)の柔軟性がポイントなのです。


上部胸椎は、背中から見て左右の肩甲骨(けんこうこつ)の間の背骨と思って下さい。

上部胸椎の運動

クリックすると元のサイズで表示します
1 肘を曲げて、肩に手を置きます。
2 左右の肘を前に向けながら、背中を丸めます。

クリックすると元のサイズで表示します
3 左右の肘を外に開き胸を広げます。
4 あごを軽く反らし、斜め上を見上げます。
     
5 この2つを動作を3回繰り返します。


ポイント

・背中を丸める時は自分のおへそを見るように行う。

・動かす時は息を吐きながら行う。  

・伸ばす時は背骨をまっすぐ起こすことを意識する。
        

無理はせず、痛みがない範囲で行ないましょう。

上部胸椎をやわらかくするための体操を毎日行うと、
ストレートネックやそれによって引き起こされている症状が改善すると思います。

首の痛み、慢性的な肩こり、重度の頭痛でお悩みでしたら、
徳永接骨院の「頚椎症・頚椎ヘルニアの改善プログラム」がお役に立つと思います。

>>>詳細はこちらから


0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




AutoPage最新お知らせ