後方除圧術 頚椎ヘルニアの手術  頚椎ヘルニアの手術
頚椎ヘルニアの手術法




■後方除圧術(椎弓形成術)

脊髄の後方(首の後頭部側)から脊髄、神経根を除圧します。

首の後方を切開し、椎弓の片側の骨を専用の機械で削って切り開き、もう一方には切り込みを入れて蝶番の役割を与えます。

椎弓形成術による手術方法は、他にも色々な術法があります。又、術法によってはこちらも骨移植が必要になります。

手術に掛かる時間は2〜3時間程度が多く、入院期間は約2週間程度です。
術後は翌日から歩行が可能で、リハビリを行います。術後の頚椎カラーは基本的には装着不要です。

この術法の欠点として、頚椎後方の筋肉を傷める点がよく報告されています。

しかし手術を行う前に、試していただきたい事として、
9万人以上に及ぶ施術実績がある、頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネッツクの改善プログラムという物が掲げられます。

頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネッツクの改善プログラムは
頚椎治療の専門家、徳永接骨院の9万人以上に及ぶ施術実績の集大成です。

首の治療・手術等でお悩みの場合はご覧になって頂く事をお勧めいたします。


>>>詳細を先にみる
0
タグ: 手術 頚椎 ヘルニア

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ