入院期間はどれくらい?〜頚椎ヘルニア手術〜  頚椎ヘルニアの手術
〜頚椎ヘルニア手術〜
入院期間はどれくらい?
※一般的な例を記載しています。


>>手術をしないで治す治療法の紹介


手術当日

●手術後安静時間 6〜8時間
 カラー装着で起立、歩行ができる

●3日目以降 シャワー可能、リハビリ開始

●2週目以降 外出・外泊ができる

●4週目以降 頚肩腕体操開始、カラーを徐々にはずす

●5週目以降
 (退院後) カラーを完全にはずす

●車の運転ができる

上記は術後経過の一般的なものです。
術後は医師の許可のもとですすめて下さい。



>>手術前後の治療法

しかし、手術と言うのは治療の最終手段と認識して下さい。

なぜなら手術をせずに頚椎ヘルニアを改善している例は、
非常に多くあるからです。

有名なのは、神奈川徳永接骨院の手法による頚椎ヘルニア改善法などです。

高い評価を受け、多くの実績を上げています。

頚椎ヘルニアで治療や手術をお考えの方は
是非ご参考にしご活用されると良いでしょう。

>>神奈川徳永接骨院
>>頚椎ヘルニア・改善治療











0
タグ: 手術 頚椎 ヘルニア

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ