2010/5/25




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


詳細はこちらをクリック。

このブログは、八田永子さんのDVD「即効!柔軟upのためのBody Work Theory」を紹介するブログです。

八田永子さんは、ストレッチの指導者としてダンサーやヨガのインストラクターに向けて「柔軟な体の為のBody Work Theory」を定期的に開催しており、これまで約300人の内90%以上の受講者の体を柔らかくする事に成功しています。

この八田永子さんのDVD「即効!柔軟upのためのBody Work Theory」は、個人向け以外に、ヨガ・インストラクターの方にもお勧めです

スポーツやダンスの準備運動にストレッチが欠かせないことは、今では当たり前の事実です。ストレッチを行うことで、ケガや故障を未然に防ぐことができるからです。

ところが、“身体が硬い”人にとっては、ストレッチはとても苦しいものと思いがちです。しかし、実はそんな辛い思いをしなくても、身体を柔らかくする方法があります。それが八田永子さんのDVD「即効!柔軟upのためのBody Work Theory」なのです。

実践者の声はこちらをクリック。

IYC(International Yoga Center)公認ヨガ・インストラクターの八田永子さんは、自宅スタジオでの教室の他、法人、教育・学校関係、個人向けなどヨガの出張講習やレッスン指導を行っており、アスリートやダンサー、ヨガのインストラクターに向けて「柔軟な体の為のBody Work Theory」を定期的に開催しています。

八田永子さんが、これまでにストレッチを指導したジャンルは、バレエ・社交ダンス・Hip Hop・エアロビクス・ヨガ・シンクロ・野球・フィギュアスケート・テコンドーなどと、とても広範囲に及んでいます。

以上のように、八田永子さんがストレッチを指導する相手は、第一線で活躍するアスリート達が多いので、ストレッチの指導内容には何よりも即効性と安全性が求められてきました。だからこそ、これらのノウハウが詰まったDVD「即効!柔軟upのためのBody Work Theory」は、一般の方にも安全かつ即効性のあるストレッチ方法なのです。

内容の一部を紹介します。

・全身の筋肉を柔らかくする「テニスボールストレッチ法」
・すね周りの筋肉を柔らかくする方法
・股関節周りの筋肉をほぐすには?
・背骨の可動域を広げるカンタンストレッチ
・ふくらはぎをほぐす技術
・足の指をほぐして、体の要所を柔らかくする方法
・「扁平足」「外反母趾」も矯正できるタオルを使った正しい足裏の作り方とは?
・柔軟性とパフォーマンスを覚醒させる歪まない立ち方とは?
・ケガを防ぐ足首のほぐし方
・アキレス腱を柔らかくする方法
・腕を鞭のようにしならせる方法
・インナーマッスルをほぐす方法
・柔軟性をアップする「ダラダラコロリン体操」
・柔軟に必要な筋力をつける「エビちゃん」体操
・骨盤を動かす為のスペシャルエクササイズ
・「がっせき」でひざと、おでこを床に付けるコツとは?
・ハムストリングをほぐす方法
・「がっせき」を成功させる法則とは?
・立位前屈で、体をペタンと曲げるには?
・長座前屈を成功させる二つのコツとは?
・ダンサーのような前後開脚はどのように?
・180度開脚で前屈を成功させる為には?
・体を機能的に動かす八田式「腹筋エクササイズ」
・肩関節に隠された、股関節の可動域をアップさせる秘密とは?
・肩甲骨の可動域を広げるには?
・股関節の可動域をひろげる方法

さらに詳しくは?こちらをクリック。

これらは、今すぐに実践できるストレッチ法の一部です。この内容を試せば、どんなに身体が硬い人でも、筋肉と関節の可動域を今よりもアップさせることができます。

八田永子さんのストレッチメソッドが全て詰め込んだDVD「即効!柔軟upのためのBody Work Theory」の値段は、12,800円です。これは、八田永子さんの個人レッスン約6時間分相当します。一見、高いと感じられるかもしれませんが、世間一般のパーソナルレッスンの相場は、3時間で20,000円〜30,000円しますので、それに比べればはるかにお得だと思います。

その上、購入者の方々のリスクを無くすために、DVD「即効!柔軟upのためのBody Work Theory」には、その効果を感じられなかった場合には、

全額返金保証

がついています。

保証内容は?こちらをクリック。

もし、今すぐ体を柔らかくしたいのであれば、体験者の90%がその効果に喜んだ、八田永子さんのストレッチメソッドDVD「即効!柔軟upのためのBody Work Theory」がお勧めです。これが最後のチャンスかもしれません!
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ