斉藤家のトライアル6

トライアルはおもしろい自転車遊びです。

YOU TUBEに動画をアップしてます。
http://www.youtube.com/user/toranoanamasakazu

FACEBOOKはじめました。

http://www.facebook.com/toranoanamasakazu

 
わくわくバイクトライアル広場所在地地図リンク TEAM HURRICANE チームハリケーンリンク トラの巻 トラトラ道場 GLITTER TUNE

自由項目1

自由項目2

自由項目3

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

QRコード

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ナオキとナツキのパパ
色々教えていただきありがとうございます。獅子舞のたとえはよくわかります。獅子舞嫌いです。
投稿者:RYOGA親父
一口にデザインって難しいですね。
流行り廃りってのやトレンドなどもあります。
クルマのデザイン・・・デザインってのはクルマの車両設計・配置ですから、サイトウさんの仰る事はカースタイリングを指していることだと思います。
クルマのスタイリングは60年代にほぼ完成してしまって、あとは壊して再生を繰り返しています。70年代に入ってガーニッシュとかモールとかサーフィンラインとか増えましたが、90年代に入って逆にシンプルな方向に振り、10年代に入ってまた過飾的な方向になっています。
またスタイリングは時代におけるテクノロジーにも呼応して、背面衝突に対する安全性が問われると、Cピラーが太くなったり、側面衝突が取りざたされるとBピラーやドア断面に凹凸が増えてきました。
最近の傾向は世界自動車業界生き残り大作戦で(詳細は会った時にでも)やたらエンブレムが大きくなったり、顔がでかくなりました(知らんふりで来たのはアルファだけ)。
その流れと現在予防安全システムの関係でフロント周りにカメラを構えるので顔が異常に大きくなっています。
豪華というより華美ですね。
何かもう獅子舞みたいな物もあって、何だか自分の知らない世界に入っている気がします。
サイドビューに関しては色々うねっていますが、それはそれで意味がありまして、より薄い鋼板で歩留まりよくするには、折り目を付ける方が丈夫に楽になるんです。
半端ないVACDを求められる車業界において、トレンドと生き残りの方策ともいえます。
クルマを直線多面体で作ると面が凹んで見えるのはスタイリングの方法論。

まぁ、色々有るみたいですけど、結局のところスタイリストが「自分が発したトレンドが世界に蔓延してゆくのが楽しみ」だったり、世界最高の市場となった「中国において、ああいうのが中国人に好まれる」と思っているのでしょう。

因みにカウンタック(クンタッチ)で有名なガンディーニは10年前に「世界で一番良いデザインの車が日本にはある」と言って、ワゴンR紹介したと言う話が有りました。

長文失礼!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ