映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ザ・ライト/エクソシストの真実  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ザ・ライト/エクソシストの真実」

原題/THE RITE
監督/ミカエル・ハフストローム
出演/アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、ルトガー・ハウアー、他。

あらすじ/
信仰を見失ったアメリカの神学生マイケル(コリン・オドノヒュー)は、卒業を間近に控え、司祭になる道を捨てようとしていた。だが、恩師に引き止められた彼はローマに渡り、バチカンのエクソシスト養成講座を受け始める。やがてマイケルは、異端だが“一流のエクソシスト”だと讃えられるルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の悪魔祓いを手伝うことになる。そんなある日、16歳の少女の儀式に立ち会い、悪魔の存在を疑うマイケルだったが、彼を待ち受けていたのは、その疑惑を完璧に打ち砕くような数々の恐るべき出来事であった……。(goo映画より抜粋)


神と悪魔の戦い。

ううん、わたしには信仰心など全く無いので神とか悪魔とか言われても全くピンときません。
でも、エクソシスト.....悪魔祓い、というのは映画的にとても面白い題材だと思いますし、ここ最近もブームっぽいですもんね。ツタヤにいけば「エクソシズム」とかちょっと面白そうですし、これから公開される「ラスト・エクソシズム」なんかも予告観ただけでもかなり面白そう。

かの名作「エクソシスト」なんぞは取り憑かれちゃった女の子の首がグルッと一回転したり緑色のゲロを吐いたり挙句の果てに「スパイダーウォーク」などという超反則技を繰り出したりしますが、この「ザ・ライト」ではそんなあからさまな現象は起きませんし、はみ出しエクソシストであるアンソニー・(レクター)・ホプキンスさんなどは見習いに対して
「なんだ?首が回ったり緑色のゲロを吐くと思ったのか?」
などと言っております。

この映画でとても面白いなぁと思ったのは、まずエクソシスト養成学校ですね。これは実際にあるらしく、建物などもとても近代的でハイテクなんだそうです。実際映画でもめちゃくちゃモダンでハイテクな授業をしておりましたが、やってる事は「悪魔祓い」ってのもなんかおかしな話ですよね。あとは悪魔憑きなのか精神疾患なのかを見極めるためにまずは精神科医に見せてみるとか、へぇ〜なるほどなぁとか思ったりとか。んで、こりゃどうも精神的なもんではないなぁと判断されれば神の戦士エクソシストの登場、となるわけです。

見習いエクソシストである主人公などはもともと信仰に疑問を感じているし、目の前で起る超常現象に対しても懐疑的ではあるのですが、本人しか知り得ない事を悪魔さんに言い当てられちゃったりして「こりゃマジかも」と思うようになっていきます。
そもそも師匠であるアンソニー・ホプキンスさんもちょっと胡散臭いところがあるので、「インチキか?マジなのか?」というモヤモヤが生じて、観ている方をグイグイと引き込んでいくところは映画的でとても上手いなぁと思いました。

さて終盤で「これはマジでやべぇ!」的な展開になり、見習いエクソシストはマジ悪魔とガチで勝負することになります。いやいや、ここはなかなか手に汗握る展開で燃えますね。
悪魔さんて知られたくない個人情報をガッツリ握っているもんですから、そこを突いてくるんですよね。やり方きたないわー。
まぁ悪魔ですからやり方汚いに決まってるんですけども。

ショッキングな描写はあまり多くなく、ホラー映画っぽい印象はあまり無いのですが、それでも十分ゾッとするほどオソロシイ良作でございました。
でも個人的に一番グッときたのは、

クリックすると元のサイズで表示します

アリシー・ブラガたん。

今一番好きな女優さんです。
デビュー作は「シティ・オブ・ゴッド」なんですが全然覚えてない.....><
この人に注目したのは「レポゼッション・メン」からでして、その後の「プレデターズ」といいアクション路線で活躍してくのかなぁ、と思っていたら、こちらの「ザ・ライト」ではとても知的で黒ブチ眼鏡なんかかけちゃって、このメガネ女子っぷりもかなりたまらんものがありました。

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ