映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
シング・ストリート/未来へのうた  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「シング・ストリート/未来へのうた」

解説/「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の半自伝的作品で、好きな女の子を振り向かせるためにバンドを組んだ少年の恋と友情を、1980年代ブリティッシュサウンドに乗せて描いた青春ドラマ。大不況にあえぐ85年のアイルランド、ダブリン。14歳の少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。さらに家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥っていた。最悪な日々を送るコナーにとって唯一の楽しみは、音楽マニアの兄と一緒に隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ること。そんなある日、街で見かけた少女ラフィナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは、自分のバンドのPVに出演しないかとラフィナを誘ってしまう。慌ててバンドを結成したコナーは、ロンドンの音楽シーンを驚かせるPVを作るべく猛特訓を開始するが……。(映画.comより抜粋)


......私がウチでゴロゴロしていて、しょーもない事とかワケの分らないギャグを言った時とかに嫁が

「なんやあんた、思春期なん?」
と言うので私は

「そうだよ思春期だよ。これから夜の校舎窓ガラス叩き割ったりとか、盗んだバイクで走り出したりすんだよ!」

と返すと

「ってかあんたバイク乗れんのかっ!?」

.....というやりとりが最近ありましたが

このシング・ストリートという映画はリアルに思春期な中学とか高校の頃に観ていたら確実に
人生狂わされるタイプの映画
ですので、これから観ようとしている方は覚悟が必要ですよ。

かくいう私もリアルに「ブルース・ブラザーズ」とか「ザ・コミットメンツ」とかで人生狂わされてるもんですから。

クリックすると元のサイズで表示します

だいたいほら、バンドやるなんてホラ、女の子のモテたいからやるもんでしょうよ。
そういう不純な動機から音楽始めるのが若者ってぇもんです。

ところがどうですか、やってくうちに女の子よりも音楽の方に気持ちが傾いていく。
音楽で成功して、この糞溜めみたいな現実から抜け出してやる
という野望が生まれてくる。

この映画で描かれている「曲作り」のシーンは凄くリアルで観ていて「おお!そうそう!そんな感じ!」と首を縦に振り過ぎてムチウチになるぐらいです。
かくいう私もバンド経験者なので、練習スタジオ内でなんとなーく弾いたフレーズから発展していって一つの曲になった事何度かあります。
これぞモノづくりの醍醐味。一人で作るのではなく共同での作業なので出来上がったときの感動はマジでハンパなく最高なのであります。

この映画はその「喜び」をとても上手く描けていると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

そして劇中の楽曲も最高。
モロに80年代なんだけど、なんなのこの「時代を超越してる」感。
この映画のサウンドトラック本気で欲しいですわ.....

そういえば序盤にデュラン・デュランの「リオ」のPV出てきましたね。
あれ私も観たことあります。物凄くかっこ良くて衝撃うけましたね。
あれはたしか実の兄貴がレーザーディスクをVHSにダビングしてきて私も一緒に観たんですけど
そういう思い出がかぶりまくったというのもあって
このシング・ストリートという映画は、他人事ではない映画なのです。

若者は、夢を追いましょう。
叶うか叶わないかは問題ではないのです。
そこにどんな過酷な現実が待ち構えていようとも
抗って打ち砕くぞ!という姿勢が大事なのです。

この映画は若者に観てもらいたい映画ではありますが
かつてそういう情熱を持った若者だったおっさんにこそ観てもらいたい映画です。

それなりに心は痛むかもしれないけど
あの時に注いだ情熱は決して無駄ではなかったと思える映画だから。

音楽は素晴らしい。
本当に音楽は素晴らしい。

これはそういう映画です。
大傑作!!!!

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ