映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
フリークス・シティ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「フリークス・シティ」

原題/Freaks of Nature
監督/ロビー・ピカリング
出演/ニコラス・ブラウン、ヴァネッサ・ハジェンズ、マッケンジー・デイビス、ジョーン.キューザック、他。
解説とあらすじ/人間とゾンビとバンパイアが共存する街を舞台に、突如として襲来したエイリアンから街を守るべく立ち上がった高校生3人組の戦いを描いた青春ホラーコメディ。アメリカの田舎町ディルフォードでは、バンパイアが上位カースト、人間が中位、ゾンビが下位という制度のもと、住民たちの秩序が保たれていた。ところがある日、上空に無数のUFOが襲来したことによって3種族の共存関係が破綻し、街は壊滅状態に陥ってしまう。人間のダグ、バンパイアのペトラ、ゾンビのネッドら3人の高校生は、手を組んで凶暴なエイリアンたちに立ち向かうが……。主人公ダグ役に「ウォールフラワー」のニコラス・ブラウン。共演にテレビドラマ「ゴシップガール」のエド・ウェストウィック、「スプリング・ブレイカーズ」「ハイスクール・ミュージカル」のバネッサ・ハジェンズ。「22ジャンプストリート」のオーレン・ウジエルが脚本を手がけた。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。(以上、映画.comより抜粋)

設定だけで勝ったも同然!!!!!

久しぶりにとんでもなく面白い映画に出会ってしまいました。
人間とゾンビと吸血鬼が平和に暮らす世界に突如としてエイリアンが侵略してくるというこの映画、何となく噂だけは知っていて「なんだこの俺のためにあるような映画」と観られる日を楽しみにしとったわけですよ。

わたしが映画を観るにあたって、基準にしているものがあります。それは

ゾンビ・幽霊・殺人鬼・吸血鬼・エイリアン・変態

の6大要素でございまして、このうちの一つが映画に出ていれば必ず観るんですけども
この映画にはなんとゾンビ・吸血鬼・エイリアンの3大要素が含まれております(実は終盤に明らかになるアレも含むと好きなもの4大要素....!)
しかもこれ、吸血鬼→人間→ゾンビの順にカースト制度が敷かれているのですけれども
それでもみんな平和に暮らしてる世界って最高じゃないですか?

いやもう最高なんです。

実をいうとこのままエイリアンが侵略してこないで、人間・ゾンビ・吸血鬼のなにげなーい日常を描いたような映画でも良かった。なんかもうこの素敵な世界を観れるだけでも十分幸せなんだもん....
でもね、エイリアンが侵略してきて、実はこの平和はとても脆いものだったことが分ります。

人間は「エイリアンが攻めて来たのはヴァンパイアのさしがねだ!」と言い

吸血鬼は「エイリアンが攻めて来たのは人間のさしがねだ!ていうか俺らをネタにしてさんざ小説とか映画で儲けやがって!!」と言い

ゾンビは「................脳みそ食べたい」

こうして一気に均衡が崩れて三者入り乱れての大抗争の勃発!
前半ちょっとダレ気味だった人物紹介から一転、ここから怒濤のエンディングまで一気に駆け抜けていきます。

たまに、抗うことの出来ないほどに強烈なグルーヴを持った映画に出会うことがありますが、本作はまさにそれで、そのグルーヴにのっている時の多幸感はハンパではなく、わたし鑑賞中ずっと涙流してました(←実話です
これだ、これなのだよ。
こういう映画が観たかったのだよ!!

ゾンビ・吸血鬼・ヘタレ童貞・エイリアン、そして青春、スクールカースト、恋愛、エロ、グロ、スプラッター、感動、それら全部を一気にぶっこんで映画作ってみた結果......大抵は破綻するんですけど、なんとこの映画破綻してない!それどころか伏線まできっちり回収していく手際の良さもあり、92分という短さながらここ数年味わった事のないような興奮を体験してしまいました。

一見むちゃくちゃなB級ホラー映画ですけども
あのおっさんが某大国の大統領になったせいで浮き彫りになってきた様々な問題(実はこの映画作られたのは2015年で、作ったほうもまさかこうなるとは思ってなかったでしょうが....)に一石を投じるような内容でもありますので
観るなら今でしょ!
と林先生ばりにオススメしたい映画なのでありますよ。

いやぁ映画はすばらしい。
たまにだけどこういう凄いものが出てくるんだから。
だから観るのをやめられない、また新しい出会いを求めて!

クリックすると元のサイズで表示します
↑ていうかまぁ基本バカ映画なので、ビール片手にゲラゲラ笑いながら観るのが正しいです
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ