映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
そういえば観ていたあれこれ/その7 「シン・ゴジラ」「ローグ・ワン」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「シン・ゴジラ」

解説とあらすじ/「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。総監督・脚本は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎が准監督。14年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出し、リピーターが続出するなど社会現象とも呼べる大ヒットを記録。興行収入は81.5億円に上り、第40回日本アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか7部門で最優秀賞を受賞した。ある時、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸で開かれた緊急会議では、地震や海底火山の噴火など事故原因をめぐって議論が紛糾する。そんな中、内閣官房副長官の矢口蘭堂は、海底に正体不明の巨大生物が生息し、それが事故の原因ではないかと推測するが……。矢口役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインに総勢328人のキャストが出演し、狂言師の野村萬斎がゴジラのモーションキャプチャーアクターとして参加した。(映画.comより抜粋)

ゴジラです。怪獣映画です。
実を言うとわたくし、それほど怪獣映画は好きではありません。パシフィック・リムも怪獣よりも巨大ロボよりも森マコさん目当てでしたし、例外的に平成ガメラシリーズが好きなぐらいで、「あなたのことはそれほど」状態なのでございます。しかしこちらのシン・ゴジラ、エヴァの庵野監督だけに一筋縄ではいきません。怪獣なんかそれほどな私をガッツリとそちら側に引きずり込んできましたよ。

まず第一印象は「これはエヴァ」だな、という事。
ゴジラは「使徒」で、エヴァの居ない現代でどうやってこの使徒に立ち向かうのか?というのが緻密すぎるシュミレーションによって描き出されていきます。

「怪獣出た!」と大騒ぎしてるのにとにかく会議、会議、会議。このあたりは同じ怪獣を題材にしててもハリウッドと日本じゃこうも違うのか、と驚いたところです。あちらではまず口より先に手が出ますからね。

色んな人が出てきて色んな人がテロップで紹介されていきますが、もう分らせる気がないやろ、ぐらいに文字多いし消えるの早いし情報量多過ぎだし、1回観ただけでは「あっ?え??」で2回観ても全体の3割ぐらいしか理解できてないです。でもなんかそういうごちゃごちゃとした所がすごい好きです。

そしてゴジラという使徒=災害に対しての対処、または作戦がね、めちゃくちゃ燃えるんです。
もうね、無人在来線爆弾がね、最高過ぎて燃えました。

あとは登場人物についてなんですが
レンタルで観る前から既に尾頭ヒロミさんの評判を知っておりましたので、さてどんなもんかと思っていたのですが実際観てみると確かにこれは萌えますね!
セル版の膨大な特典映像の中には、この鉄仮面の尾頭さんが最後にちょっとだけ微笑むシーンを何パターンも撮ってた(聞くところによると20パターン超えてるらしい)と聞いて、庵野監督凝ってるなぁというか

これぞ真・変態

だと思いました。同じく庵野監督の実写版「キューティーハニー」にも市川さんがほぼ尾頭さん状態で出演してるらしいので、全く興味なかったけど観てみたくなったよ!

あと石原さとみさんが「ガッズィーラ」とか言うのがイラッとする(笑)


クリックすると元のサイズで表示します


「ローグ・ワン」

解説とあらすじ/「スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。「エピソード4 新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのかを明らかにする物語となり、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソが、反乱軍の仲間とともに、帝国軍からデス・スターの設計図を奪う決死のミッションに挑む姿が描かれる。主人公ジン・アーソ役は「博士と彼女のセオリー」でアカデミー主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。監督は2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ。(映画.comより抜粋)

スターウォーズ。
白状すると、これもまた「あなたのことはそれほど」状態なのですよね。
とりあえず、全作観てはいるんですけども。
なんか映画好きの義務的な感じで。
観てますよ、ええ、観てますけども、「好き?」と聞かれたらちょっと困ってしまうというか。

このシリーズはやはり特撮とかCGの、技術面における最新のものとか究極のものが観れる、という面で観ていたもので、正直物語については「割とどうでもいい」というか。

スターのウォーズ、なのにあまり戦争って感じもしなかったし。

しかしこのローグ・ワンは、本筋の話のように華やかではなく、泥臭く、「あっ、そうか。これは戦争なんだな」と思わせてくれました。華やかな表舞台の裏ではこんな事が行われていたのですね。歴史に埋もれた戦士たちが繋いだ「希望」に胸が熱くなりました。
これですよ。こういうスターウォーズが観たかったのですよ!!!!!!!

JJエイブラムスの「フォースの覚醒」はなんかシリーズに対しての愛があまり感じられなくて全然のれなかったんですが、このローグ・ワンはシリーズに対しての本当の愛があるように思います。
ラスト近くのダースベイダー無双も強烈に印象に残ってますし。本来アイツ超ヤバいヤツですから、その怖さが充分過ぎる程伝わってくる名場面だったと思います。

棒っきれ1本でストームトルーパーしばき倒すチアルート/ドニーさんが最高過ぎました。
みんな大好きドニーさんがスターウォーズに出た、ってだけでも素晴らしい事です。

最高です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ