平成27年 第29回全日本小学生女子ソフトボール大会 田中・黒田原フレンズ優勝     平成25年度第24回関東中学選抜ソフトボール大会 黒田原優勝 平成25年度中学総体第35回全国中学校ソフトボール大会 黒田原準優勝 おめでとう第10期栃木県選抜中学全国準優勝

2010/5/23

5月23日 のつぶやき  高校野球

投手が投手板に触れて走者への牽制球が暴投し、球が場外に出た場合
公認野球規則7.05
 (h) 一個の塁が与えられる場合 ── 打者に対する投手の投球、または投手板上から走者をアウトにしようと試みた送球が、スタンドまたはベンチに入った場合、競技場のフェンスまたはバックストップを越えるか、抜けた場合。

たとえば投手が投手板を外し、牽制球が場外またはベンチに入った場合。投手から野手に変わるため。
7.05
(g) 二個の塁が与えられる場合 ── 送球が、
 (1)競技場内に観衆があふれ出ていないときに、スタンドまたはベンチに入った場合(ベンチの場合は、リバウンドして競技場に戻ったかどうかを問わない)。
 (2)競技場のフェンスを越えるか、くぐるか、抜けた場合。
クリックすると元のサイズで表示します
第3試合は、雨の中でボールも汚れが頻繁になる。
2死。走者三塁。四球のときの投球がワンバウンド。捕手がボール交換を要求したが、打者走者がその隙を見て二塁に進塁。プレイが一段落しタイムが宣告された。ソフトボールでは良く見かける塁間の短いためフォアボールのバッターランナーが二塁まで行ってしまう・・・
5.10
(h) 審判員はプレイの進行中に、"タイム"を宣告してはならない

タイムが宣告されるまでは、汚れたボールをベンチに転がさないように気をつけよう。
0
タグ: 矢板東 黒磯



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ