HERA ""JAPAN""Fishing Style..

Enjoy,happy Fishing..
No Fishing,No Life..

情報発信で生まれる何かがある。
その日の為に・・


HERA FISHING STYLEはゴミ持ち帰り運動に参加しています。
来た時より釣り場を綺麗に。

 

記事カテゴリ

最近の投稿画像

最近の投稿画像
いやー。。

最近の投稿画像
あと少しで・・

最近の投稿画像
いろいろ!

最近のトラックバック

 

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

カレンダー

2022
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

掲示板

掲示板の設定が行われていません

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

強いタックルって・・?

糸が太ければ強いって訳でも無い。
そりゃあPEラインや5号以上のラインを使えば話は変わりますが、へらぶな釣りにおいてはしなやかさある程度の細さは必要。

号数でいえば針や釣りやすさやウキや竿にかかる負担を考えるとハリスは太くて1・5号までかなって思います。勿論道糸はその倍。

超浅場での短竿でなおかつストラクチャー狙いって事なら自分でもこれくらい。

普通に竿12尺以上で2本以上の水深なら道糸2号ハリス1号で問題はないはず。


50a以上の実績があるからそれ以上の号数になんて事はオススメしません。ネガカリで竿やウキへの負担や魚に見切られるリスクの方が確実に糸が切れるリスクより大きいですからね。

経験上ですが尺半上(45a以上)なんてのは重いが激しい抵抗はしません。35〜40a前後が最初のツッコミは1番パワフルですね。

もしハリス1号以上で切られるって方はまず魚種が違う(マブ・鯉)マブナなんてのは本当に最初のツッコミでハリス1号が切られる事もしばしば・・切られるから号数を上げたら同じ引きでマブだったって事は自分も経験しました(笑)

あとは竿の選択で切れるか切れないかは決まります。
1番はまりやすいのが、大型狙いだからキンキンの硬調先調子って選択をすると魚をかけた時の最初のツッコミで竿に余りの部分がなくラインが持たない・・やはりある程度の余りの部分、柔らかさを持ちながらも魚をコントロールする張りがある竿がオススメです。

へらぶな釣りの強い究極のセッティングは 強い=太い、強い=硬いって事ではないみたいですね(^O^)/

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:getfishlife
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ