2012/4/30  22:51  大会結果 「第62回中越陸上競技選手権大会」 決勝記録一覧表  新潟県内情報

● 2012年4月29日(日)・30日(月) 長岡市営陸上競技場

● 長岡市陸上競技協会HP総合成績表(=決勝記録一覧表)掲載。

● 当ブログ管理者が選ぶ好記録

◆ 男 子 (2名選出)
(一般高校男子100m・決勝)
 1) 10.77(+2.4m) 長谷川 雅人 (十日町総合高校3)

(一般高校男子走幅跳)
 1) 6m98(+1.8) 片桐  健太 (八海高校)

◆ 女 子 (3名選出)
(一般高校女子200m) 椛澤ひかる (長岡商高3)
予選2組(-0.8m) 25.17=大会新で1着 (ツイッター情報より)
決  勝 (-1.2m) 25.22で1着

(一般高校女子走高跳)
 1) 1m63  古見由莉香 (長岡大手高校)

(一般高校女子やり投) 
 1) 44m70  小島  鈴菜 (十日町総合高校2)

以上です。 
0

2012/4/29  19:24  「第46回織田幹雄記念国際陸上」 女子100mA決勝 7レーン・土井杏南に注目!  日本国内競技会情報

第46回織田幹雄記念国際陸上競技大会 女子100mA決勝
● 2012年4月29日(日) 広島広域公園陸上競技場 (広島ビッグアーチ)

[スタートリスト](所属の隣の数字は予選ラウンドでの記録)
1レーン・ 佐野  夢加 (都留文科大学職員) 11.62(+1.6)
2レーン・ 北風  沙織 (北海道ハイテクAC) 11.61(+1.6)
3レーン・ 福島  千里 (北海道ハイテクAC) 11.36(+0.6)
4レーン・ 市川  華菜 (中京大)        11.45(+1.6)
5レーン・ BREEN Melissa (メリッサ・ブリーン AUS) 11.30(+1.3)
6レーン・ 高橋 萌木子 (富士通)        11.51(+1.3)
7レーン・ 土井  杏南 (埼玉栄高校) 11.53(+0.6)=高校新
8レーン・ 渡辺  真弓 (東邦銀行)       11.51(+1.6)



[女子100mA決勝 結果]風=追い風0.3m

1着 11.34 (3レーン) 福島  千里 (北海道ハイテクAC)
2着 11.36 (5レーン) BREEN Melissa (メリッサ・ブリーン AUS)
3着 11.50 (7レーン) 土井  杏南 (埼玉栄高校) =また高校新!
4着 11.55 (6レーン) 高橋 萌木子 (富士通)
5着 11.61 (2レーン) 北風  沙織 (北海道ハイテクAC)
6着 11.62 (4レーン) 市川  華菜 (中京大)
7着 11.64 (8レーン) 渡辺  真弓 (東邦銀行)
8着 11.78 (1レーン) 佐野  夢加 (都留文科大学職員)

※ 関連記事は随時更新します。
ここまでは、埼玉栄高校・土井杏南選手「女子100m11秒50=高校新記録達成」の動画をお届けしました。


※ 「織田記念陸上2日目」 その他の関連記事
 ロンドン五輪代表選考会を兼ねた陸上の織田幹雄記念国際大会は最終日の29日、広島市の広島広域公園陸上競技場で男女計11種目が行われ、男子百メートル(A決勝)は19歳の山県亮太(慶大)が10秒16で優勝した。山県は予選で日本歴代5位の10秒08をマークし、五輪参加標準記録A(10秒18)を突破した。日本選手権3連覇中の江里口匡史(大阪ガス)は2位。

男子やり投げでは、10年世界ジュニア選手権銀メダリストのディーン元気(早大)が日本歴代2位の84メートル28で日本選手トップの2位となり、五輪参加標準A(82メートル00)をクリア。同種目はスチュアート・ファーカー(ニュージーランド)が86メートル31の大会新で優勝。村上幸史(スズキ浜松AC)は5位だった。

女子百メートルは福島千里(北海道ハイテクAC)が11秒34で制した。女子百メートル障害の木村文子(エディオン)が13秒04で、男子棒高跳びの荻田大樹(ミズノ)は5メートル65で共に五輪参加標準Bを突破して優勝した。
 

(2012/04/29 毎日新聞時事通信社



3

2012/4/29  7:52  注目! 「第46回織田幹雄記念国際陸上競技大会」 in 広島ビッグアーチ  日本国内競技会情報

● 2012年4月28日(土)・29日(日)
 広島広域公園陸上競技場 (広島ビッグアーチ)


● 大会情報はこちらから

● [関連記事] 39歳早狩が優勝=織田記念陸上女子3000メートル障害

 陸上のロンドン五輪代表選考会を兼ねた日本グランプリ(GP)シリーズ第3戦、織田幹雄記念国際第1日は28日、広島広域公園陸上競技場で行われ、女子3000メートル障害で39歳の早狩実紀(京都光華AC)が9分57秒17の大会新で優勝した。同800メートルは久保瑠里子(エディオン)が2分5秒39で日本勢最高の2位。新宮美歩(東大阪大)が2分5秒47で3位に続いた。タムシン・マヌ(オーストラリア)が2分2秒86で制した。 
 最終日の29日は男女100メートルなどが予定され、女子のエース福島千里(北海道ハイテクAC)、男子の江里口匡史(大阪ガス)らが出場する。(2012/04/28-20:33 時事通信社

● 上記関連記事の詳細結果
 
◆ 女子3000mSC(GP)・決勝
 1)  9:57.17  早狩  実紀 (京都光華AC)
 2) 10:09.34  荒井  悦加 (エディオン)
 3) 10:13.94  齋藤    梓 (新潟アルビレックスRC)
 4) 10:15.63  後潟 華奈子 (順天堂大)
 5) 10:30.93  中村  仁美 (パナソニック)
 6) 10:35.91  村山 麻衣子 (ヤマダ電機新潟)
 7) 10:44.15  空山 真由美 (小島プレス)
 8) 10:46.09  花岡  紗耶 (愛知教育大)
 DNF)        高柳    恵 (松山大)
 DNS)        山岡  礼奈 (松山大)

◆ 女子800m(GP)・T決勝 総合結果 上位8名
 1) 2:02.86  タムシン・マヌ [オーストラリア] =大会新
 2) 2:05.39  久保 瑠里子 (エディオン)
 3) 2:05.47  新宮  美歩 (東大阪大)
 4) 2:06.56  陣内  綾子 (九電工)
 5) 2:06.73  須永  千尋 (資生堂)
 6) 2:08.70  山本    瑞 (中央大学)
 7) 2:08.87  竹内 麻里子 (中京大学)
 8) 2:09.31  黒川  由子 (富山・I Most)

※ 2日目・女子100mAファイナルで「高校新記録」が出た模様です。
詳しくは次のスレッドで紹介します。
2

2012/4/26  23:21  注目! 「第57回山形県縦断駅伝競走大会」 (動画もあるよ)  駅伝情報

● 2012年4月27日(金)・28日(土)・29日(日)
 山形県遊佐町・月光橋(がっこうばし)スタート →(最終日)山形新聞・放送会館「山形メディアタワー」前 フィニッシュ
 全3日間 全28区間 総距離297.1km


● 関連サイト
 山形新聞 「第57回山形県縦断駅伝特集」
 YBCラジオ 「第57回山形県縦断駅伝」特設サイト
 山形陸上競技協会 「第57回山形県縦断駅伝競走大会」結果ページ
(参考までに2010年大会の記録

● 関連動画

[開会式編] 
2年ぶり県縦断駅伝 3日間の健闘を誓う
[YBCニュースevery. 2012年4月26日(木)]

[1日目 遊佐町・月光橋→新庄市役所前 10区間・105.1km]


第57回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)は27日にスタートし、第1日は10区間(遊佐〜新庄間)、105.1キロでレースを繰り広­げた。ほぼ風のない好条件の下、南陽・東置賜が2区でトップに立つと独走態勢を築き、大会記録を2大会ぶりに更新する5時間31分26秒で第1日初優勝。悲願の総合Vに向­けて好発進した。 [山形新聞社]

※ 1日目の記録はこちら

[2日目 新庄市役所→長井市役所 10区間・111.9km]


第57回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)は第2日の28日、新庄市役所前をスタート、長井市役所前をゴールとする10区間、111.­9キロでレースを行った。第1日を制した南陽・東置賜が前回マークした自身の大会記録を一気に9分15秒塗り替える6時間0分18秒で第2日優勝を飾った。 [山形新聞社]

※ 2日目の記録はこちら 気象情報 (ただし、風向・風力は不明)

● 2日目終了時点総合結果 (20区間・217.0km)
[総合1位とのタイム差で表示します。]
 1)        南陽・東置賜 11時間31分44秒=大会新記録
 2) +12分34秒 天童・東村山
 3) +19分27秒 北村山 (前回総合優勝チーム)
 4) +23分41秒 山形市
 5) +27分16秒 寒河江・西村山
 6) +31分55秒 長井・西置賜
 7) +36分17秒 新庄・最上
 8) +43分52秒 上山市
 9) +44分41秒 鶴岡・田川
10) +50分23秒 米沢市
総合記録なし)  酒田・飽海 [19区走者途中棄権] 

[3日目 長井市役所→山形新聞・放送会館「山形メディアタワー」前 フィニッシュ 8区間・80.1km]



第57回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)は29日、長井市役所前をスタート、山形市の山形メディアタワー前をゴールとする8区間、8­0.1キロで最終日のレースを行った。南陽・東置賜が4時間13分58秒で3日連続優勝を遂げ、完全優勝で初の総合V。悲願達成を、総合成績15時間45分42秒の大会新­で飾った。

○ 3日目(80.1km) 結果一覧 気象情報 (ただし、風向・風力は不明)

● 記録集はこちらからダウンロード 
6

2012/4/25  22:50  大会結果 「第41回柏崎陸上競技選手権大会」(2日目)  新潟県内情報

● 2012年4月22日(日)(2日目) 柏崎市陸上競技場

● alrescha_p_93(ツイッター)に、2日目の結果をわかる範囲内で掲載。
前日の「下越地区高等学校陸上競技記録会」に引き続き、観戦お疲れ様です。


● [注目の動画] 男子4×100mR・決勝
[注目チーム]
3レーン・東京学館新潟高校Bチーム
 [霜鳥佑・須貝陽太郎・高橋智哉・峰田昌輝]

4レーン・新潟医療福祉大学
 [木原真人・山川宗一郎・山崎勇哉・吉本政貴]



結果並びに全チームの走順はこちら

※ ● alrescha_p_93さんのコメント
東京学館新潟高Bは3走→4走のバトンが何だかミスした?(上手く繋がらなかったというか、流したというか)ように見えたのがちょっと気になりましたね…。まあ、今後更に調子を上げていくとは思いますが…。
(2012/04/22 17:05:46)


● 男子200m(一般・高校)決勝
3レーン 山崎  勇哉 (新潟医療福祉大学)
4レーン 木原  真人 (新潟医療福祉大学)
5レーン 須貝 陽太郎 (東京学館新潟高校)



結果はこちら


その他の柏崎選手権の動画はこちらから。

[ここからは2012年5月5日更新]
● 決勝記録一覧表 (すべてPDF)
一般高校

中学

小学生

以上です。産大附属高校の小林要先生、メールいただきありがとうございました。
旧メールサーバーの閲覧が遅くなり決勝記録のアップが遅くなりまして申し訳ありませんでしたが、本日アップしました。
1

2012/4/22  19:57  大会結果&動画 「平成24年度春季 下越地区高等学校陸上競技記録会」   新潟県内情報

● 2012年4月21日(土) 新発田市営五十公野公園陸上競技場

● alrescha_p_93(ツイッター)に、わかる範囲内で結果掲載。

● 女子4×100mR @
[出場チーム]
1レーン 新潟商業
2レーン 新潟明訓
3レーン 新発田商業A
4レーン 新潟中央
5レーン 三条
6レーン 新潟 (DNS)
7レーン 新発田商業B
8レーン 高田北城
9レーン 日本文理



結果並びに走順はこちら

● 女子100mH・第1組
2レーン 榎本    彩 (新発田商3) 
3レーン 大谷内菜々子(長岡商2)
4レーン 今井 珠理亜 (新潟商1)
5レーン 千野  優花 (長岡商3) 
6レーン 戸田 あすか (新潟商2) 
7レーン 山田  智香 (長岡商2) 
8レーン 齋藤  一葉 (新発田農業3) 
9レーン 一丸  知世 (巻2)



結果はこちら

● 男子1500m・第4組
[注目選手] 14レーン・1248番 相馬  一生 (村上桜ヶ丘3) 



結果はこちら

● 女子1500m・決勝
[注目選手]
1レーン・257番 大川原麻美子 (新潟東3)
2レーン・397番 高山  育実 (三条1) =高山琴海(シスメックス)の妹さんです。
6レーン・728番 小倉  真紀 (新発田2)




結果はこちら

● 女子400m・第3組
2レーン 田村    遥 (新発田商3) 64.51
3レーン 藤間  優実 (新発田3)   63.85
4レーン 広田  有紀 (新潟2)    57.78
5レーン 池野  千春 (新潟中央3) 63.08
6レーン 出塚  千恵 (新潟明訓2) 59.12
7レーン 小林  奈央 (新潟商2)   63.22
8レーン 本望  里紗 (新潟商3)   63.19
9レーン 廣瀬  莉子 (高田北城3) 61.97



結果はこちら

以上です。 alrescha_p_93さんとniigata1832さん(動画撮影)、情報ありがとうございました。
9

2012/4/20  23:34  注目! 「第60回兵庫リレーカーニバル」  日本国内競技会情報

● 2012年4月21日(土)・22日(日) 神戸市須磨区・ユニバー記念競技場

● 関連サイトは兵庫陸上競技協会HP神戸新聞HPサンテレビの案内ページ

● スタートリスト&結果





3

2012/4/19  22:19  注目! 2012年度新潟県陸上界 「春の○○選手権」  新潟県内情報

「春の○○選手権」 競技日程

[その1] 第41回柏崎陸上競技選手権大会
2012年4月21日(土)・22日(日) 柏崎市陸上競技場

[その2] 第80回記念 上越陸上競技選手権大会
2012年4月28日(土)・29日(日) 上越市高田公園陸上競技場

※ 上越市陸上競技協会HPに競技日程が掲載されております。

[その3] 第62回中越陸上競技選手権大会
2012年4月29日(日)・30日(月) 長岡市営陸上競技場

※ 長岡市陸上競技協会HPに競技日程が出ています。

[その4] 2012新潟市陸上競技選手権大会
2012年4月29日(日)・30日(月) 新潟市営陸上競技場

※ 関連サイトは新潟市陸上競技協会(中央)HP

[その5] 第67回佐渡陸上競技選手権大会
2012年5月3日(木) 佐渡市陸上競技場

[その6] 第38回下越陸上競技選手権大会
2012年5月3日(木)・4日(金) 胎内市総合グラウンド陸上競技場

以上です。
いよいよ高校生もシーズン・インですか。それとも5月6日から開幕の「春季各地区大会」まで体力温存でしょうか?
「春の○○選手権」どの会場とも、大荒れの天気にならなければいいですね!
2

2012/4/14  22:08  「平成24年度 第1回下越地区中学校陸上競技記録会」 お疲れ様でした。  新潟県内情報

唐突ではありますが、今日は(中止にならなければ)新発田市営五十公野公園陸上競技場で
「平年24年度 第1回下越地区中学校陸上競技記録会」が行われたはずです。
今年度(=4月1日以降に)開催される、新潟県内で行われる日本陸連公認競技会の1発目として開催。私は今日も会社で仕事していた為観戦できませんでしたが、素晴らしいといえるような記録は出ていましたでしょうか? 観戦に行かれた方は拍手コメントで報告してください。
さてこの記録会は、3ヵ月後の7月12日にビッグスワンである「中学校通信陸上競技新潟県大会」の標準記録を狙う為の競技会ということでよろしかったですかね?
何年か前に「第1回記録会」を観に行ったとき(藤石佳奈子選手が出場していた時)は結構風が強かったですが、それに比べれば今日の競技場での風は比較的穏やかだったのではないかと推測しております。どうでしょう?
そんなこんなで、「陸上全国インターハイ(=高校総体)新潟開催年」の2012年新潟県内競技会シーズンが幕を開けました。新潟県内の下越地区中学生が、高校生よりも一足お先に「シーズン・イン」を果たしました。
さぁ、今年はどの選手が台頭してくるのでしょうか? このあと開かれる「春の○○選手権」の結果にもご注目いただきましょう。

◆ alrescha_p_93(ツイッター)からのコメント

昨日、新潟県の中学生の記録会をちょっと見てきました。風が強くて(向かい風ばかりで)特段目を見張るような記録はありませんでしたが、男子四種の石井雄大(本丸中3)選手が2336点。コンディションが良ければ夏には全中参加標準は突破しそうですね。
また、男子3000mで一着になった選手(震災の関係で福島県から来たと紹介がありましまが、お名前忘れてしまいました…)は、タイムこそ9分28秒くらいでしたがスタートから終始レースを引っ張りフォームを含めてなかなかいい走りだなぁと感じました。強い選手とのレースが見てみたいですね

[ 2012/04/15(SUN) 00:33:29 ]

ということで、ツイッターの方から情報が入りました。
どうもツイッターの方は新潟県の住民ではないようですが、こうやって熱心に観戦に来てくださるのは非常にありがたいのではないでしょうか? 今後ともよろしくお願いしますね。
20

2012/4/11  23:17  注目! 2012全日本競歩輪島大会  競歩

この競技会のメイン・イベントはこちら!

2012(第96回)日本陸上競技選手権50km競歩

2012年4月15日(日) 午前7時30分スタート!
石川県輪島市・輪島市文化会館(ふらっと訪夢)前発着周回コース (1周2km×25周)


● 関連サイト 石川陸上競技協会HP

● スタートリストはこちらからダウンロード

○ 結果速報記事 山崎、2年ぶり8度目の優勝=ロンドン五輪代表に決定

 陸上の日本選手権50キロ競歩は15日、ロンドン五輪代表選考会を兼ねて石川・輪島市文化会館周回コースで行われ、日本記録保持者の山崎勇喜(自衛隊)が3時間41分47秒で2年ぶり8度目の優勝を飾った。山崎は2004年アテネ、08年北京に続き3大会連続で五輪代表に決まった。
 山崎は自らが持つ日本記録(3時間40分12秒)を上回るペースで歩き、終盤に失速したものの、2位以下を寄せ付けず圧勝した。
 谷井孝行(佐川急便)が日本歴代2位の3時間43分56秒で2位に入り、ロンドン五輪代表の有力候補となった。既に代表に決まっている森岡紘一朗(富士通)は3時間45分22秒で3位だった。 (2012/04/15-16:04 時事通信社

◇山崎、別格の強さ
[ 毎日新聞 2012年04月15日 11時25分(最終更新 04月15日 19時46分) ]

 山崎の強さは別格だった。序盤から3年前に自身が輪島で出した日本記録(3時間40分12秒)を上回るハイペース。昨夏の世界選手権代表トリオの森岡、谷井、荒井も食い下がったが、7キロ手前で集団を抜け出し、あとは一人旅。中盤以降のオーバーペースが響いたラスト5キロの失速は反省材料だが、「ホッとしました。五輪でのメダルが夢なんで……」。相次ぐ故障、失格を乗り越えてつかんだ五輪切符は、重かった。
3




AutoPage最新お知らせ