2012/8/14  22:52  祝! 「第47回全国定通制高校陸上 男子三段跳」で新潟勢が金メダル獲得  高校陸上

標題の件、お盆休み真っ只中の2012年8月13日から始まった第47回全国高等学校定時制通信制陸上競技大会(東京・国立競技場で開催)の大会2日目・男子三段跳で、我が新潟県の、高田南城高校の小川瑞基選手 (3)が優勝。金メダルを獲得しました。
やりましたね。
総勢37名が出場した午前中実施の予選では、小川選手は予選B組の実質18番目に登場し、予選通過標準記録=11m50を超える12m63(風は追い風1.0m)を1回目で跳んで、悠々と決勝進出決定。
決勝では、決勝進出者12名中の12番目に登場し、1回目に12m47をマークしてトップに立つと、2回目以降は12m78、12m81と尻上がりに記録を伸ばし、トップをキープしたまま前半戦を折り返す。小川選手は後半に入っても4回目に12m91(追い風2.9m)、5回目は12m82と安定した記録を残し、5回目終了時でもトップをキープ。
このようにして迎えた最終6回目では、福岡・大川樟風の新谷滉路朗選手 (3)が記録を12m71まで伸ばし5位から一気に2位に上がるも、小川選手の12m91までには及ばす。さらに5回目までで12m47の2位だった埼玉・大宮中央の高木拓真選手も6回目は5回目と同じとなる12m47と記録を伸ばすことができず3位どまり。とどめは、3回目終了時点で2位となり後半戦では試技順7番目に割り当てられた長谷川翔太 (岡山・理大附属3)の6回目はファウル、12m41で4位フィニッシュ。
この時点で、(小川選手の最終跳躍を待たずに)小川選手の金メダルが確定、最終跳躍は無風の中13m24と記録を伸ばし、競技終了。
1回目に12m47を跳躍した後は、誰にもトップの座を明け渡さない素晴らしい試合運びではないかと思いますがどうでしょう。
今年の「全国定通制高校陸上」では、新潟県勢女子がいまだに入賞者ゼロと苦戦している中、三段の小川選手は予選トップ通過、決勝でも1位と頑張ってくれました。
見事な金メダル獲得です。
さぁ「47回全国定通制高校陸上」はいよいよ明日が最終日です。
新潟県勢、小川選手に続く選手が現れることを期待しつつ、今日はこの辺で。

小川選手、金メダル獲得おめでとう。 「あっぱれ」!
2

2012/8/14  22:45  注目! 「第56回北陸地域陸上競技選手権大会」  北信越・北陸地域情報

第56回北陸陸上競技選手権大会
● 2012年8月25日(土)・26日(日) 富山市南中田・富山県総合運動公園陸上競技場

● 関連サイト  富山陸協のホームページ
 [競技日程.xlt 2012/08/14掲載]

● 「第56回北陸陸上競技選手権大会」 各県予選会成績
あくまで参考程度にご覧ください。

(1) 新潟 「第66回新潟県陸上競技選手権大会」 
男子決勝記録一覧表  女子決勝記録一覧表

(2) 富山
決勝記録一覧表は富山陸協のHP
全競技結果はアスリートランキングドットコムを参照のこと。

(3) 石川
第73回石川県陸上競技選手権大会 全競技結果

(4) 福井
第51回福井県陸上競技選手権大会 スタートリスト&結果
決勝記録一覧表

以上です。スタートリストにつきましては、大会当日、プログラムを購入してからのお楽しみということでご容赦願います。
それじゃ、競技日程の方、お急ぎの方は至急富山陸協のHPでダウンロードしてゲットしてください。
3




AutoPage最新お知らせ