2012/8/27  23:54  あっぱれ! 「第47回全国高専体育大会陸上競技大会 男子110mH」 で長岡工高専・須藤選手が3連覇達成  新潟県内情報

第47回全国高等専門学校 体育大会

日程:2012年8月25日(土)〜26日(日)
場所:コカ・コーラウエスト スポーツパーク
鳥取県布勢総合運動公園陸上競技場 (鳥取市布勢)


「国立米子工業高等専門学校 陸上競技部」作成の特設HP

鳥取陸協携帯サイト

決勝記録一覧表

ということで、高専のインターハイとも言える「全国高等専門学校 体育大会」の陸上競技大会が昨日までの2日間鳥取で行われましたが、その男子110mHで長岡工業高等専門学校5年生(大学でいえば2年生に当たる)の須藤大翔選手が優勝。2010年45回大会2011年46回大会に続いての優勝ということで、3連覇達成です!
これはもう、誰が見ても「あっぱれ!」でしょう。
今回で言えば、彼の持ちタイム(=2012年のシーズンベスト)が出場選手中ナンバー・ワンということで、「きっちりと力を出し切れば負けることはないだろう」と私は見てましたので、勝った本人もおそらくホッとしているのではないでしょうか。
優勝記録は14秒70の大会新記録。そのタイムだと大会前のシーズンベスト(=持ちタイム)14秒27には及びませんが、何より、やはり「3連覇」ってのはすごいでよね。
なお、須藤選手は2009年の44回大会でも3位入賞ですので、今回の3連覇をもって「4年連続の3位以内入賞」という見方もできます。
このように本人もよく頑張ってますが、指導者も素晴らしい人ですよ。
今もなお現役バリバリハードラーの江田茂行先生が指導してますからね。
いい指導者のもとで、いい素質をもった選手が頑張る。
「ナイスコラボレーション」といったところでしょうか?
ということで、須藤選手、3連覇おめでとうございました。江田先生もお疲れ様でした。
4




AutoPage最新お知らせ