「2013 (第67回)名岐駅伝」 豊川工業は出場  駅伝情報

第67回名岐駅伝競走大会
2013年2月3日(日) 午前11時(一般)・午前11時33分(高校)スタート!

名岐駅伝とは?
名岐駅伝(めいぎえきでん)とは2月の上旬に岐阜・名古屋間で行われる、男子一般の部と男子高校の部による駅伝である。愛知・岐阜・三重・静岡・長野・石川・福井から一定レベル以上の実業団・高校が集まる。

1930年(昭和5年)からほぼ毎年開催されており(1944年 - 1947年、1966年 - 1977年は未開催)、中部地区最古の駅伝にして最大の規模を誇る駅伝である。大会当日の深夜に中部日本放送で録画テレビ中継される。ただし最近はテレビ中継が行われていない。

(ウィキペディアより)

[ 区間距離 ]

  (一般)      (高校)
1区 13.4q

2区  7.3q  1区  7.3q

3区  6.0q  2区  6.0q

4区  9.8q  3区  9.8q

5区  5.3q  4区  5.3q

6区 11.8q  5区  5.2q

            6区  6.6q

――――――――――――――――――――
以上、一般の部 6区間 52.6q  大垣城ホール → 中日新聞社前
   高校の部  6区間 40.2q   岐阜県庁前 → 中日新聞社前


● 関連記事 (中日新聞さん、お借りします。)

名岐駅伝、3日号砲 

第67回名岐駅伝競走大会(愛知、岐阜陸上協会、中日新聞社主催、東新住建特別協賛)は3日、行われる。2日の監督会議で一般37チーム、高校49チームのオーダーが発表された。岐阜県大垣市―名古屋市の6区間52・6キロで争う一般の部は、元日の全日本実業団対抗駅伝7位のトヨタ紡織(愛知)と8位のトヨタ自動車(同)の2強が優勝候補。岐阜市―名古屋市の6区間40・2キロで競う高校の部は、昨年12月の全国高校駅伝を初制覇した豊川(愛知)と大会3連覇を狙う豊川工(同)の“豊川対決”が注目を集める。

 トヨタ紡織は全日本のメンバー7人のうち5人がエントリー。全日本2区で区間賞を獲得した18歳のケニア人、パトリック・ムトゥンガを4区(9・8キロ)に配置した。トヨタ自動車は4区に日本長距離界のホープ宮脇を据えた。2人の争いが勝負を左右しそうだ。

 2強を追うのは、いずれも1区に有力選手を置いたスズキ浜松AC(静岡)、愛知製鋼(愛知)、NTN(三重)。

 高校では、豊川が全国駅伝優勝メンバー7人のうち4人を登録。昨夏の高校総体5000メートルを制したケニア人のカレミ・ズクは3区(9・8キロ)を走る。対する豊川工は昨年11月の全国駅伝県予選で大会記録を更新しながら豊川に敗れたメンバーを全てそろえ、雪辱を期す。全国駅伝3位の伊賀白鳳(三重)も優勝を狙う力は十分にある。

(2013年2月2日 19時03分 中日新聞) 以上、原文のまま


◆ 区間配置発表!
一般の部 スタートリスト  高校の部 スタートリスト

以上です。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ