注目! 「熊本城マラソン2013」 内 『金栗記念 第57回熊日30kmロードレース』  日本国内競技会情報

宮脇(トヨタ自動車)、川内(埼玉県庁)ら注目

第2回熊本城マラソンの『金栗記念第57回熊日30キロロードレース』は17日、熊本市中央区の通町筋電停前をスタート、びぷれす熊日会館前をフィニッシュとする日本陸連公認コースで行われる。注目の「公務員ランナー」川内優輝(埼玉県庁)や、国内屈指のスピードを誇る宮脇千博(トヨタ自動車)らそうそうたる選手が集い、例年以上に見応えのあるレースが期待できそうだ。スタートは午前9時。

 今回は市民ランナー34人を含む60人が出場予定で、招待選手は13人(女子2人)。優勝候補の筆頭はハーフマラソンで日本歴代3位の1時間0分53秒の記録を持つ宮脇。そのスピードに引けをとらないギタウ・ダニエル(富士通)や箱根駅伝で活躍する設楽啓太(東洋大)が絡む展開か。川内は2時間8分15秒で優勝した3日の別府大分毎日マラソンと同様、持ち味の粘りと勝負強さで対抗できるかが見どころだ。

 本番2日前の15日は、招待選手の一部が熊本入りした。設楽は谷川嘉朗コーチ(千原台高出)と昼すぎに到着。早速調整に励み、「調子は上々。積極的に先頭についていき、状況を見て仕掛けたい」と30キロの日本学生記録1時間30分0秒の更新に自信を見せた。

 五輪や世界選手権の出場者を多数輩出してきた伝統の熊日30キロは昨年、熊本城マラソンの1種目として衣替えした。熊本市の中心部から西南部を巡るコースで、高低差は20メートルと少ない。しかし、要所に上り坂、下り坂が待ち受け、スピードとスタミナの双方を要求する設定だ。

 16日は午後5時から同市のホテル日航熊本で開会式が行われる。(岡本幸浩)

●先頭ランナーの通過予定時刻(往路/復路)

▽通町筋電停前   (9時)
▽本荘3丁目交差点 (9時5分/10時25分)
▽平田高架橋    (9時17分/10時13分)
▽熊本西大橋    (9時23分/10時7分)
▽あきた病院    (9時36分)
▽中原町交差点   (9時54分)
▽びぷれす熊日会館前(10時30分)

●10キロごとに順位速報

 熊本日日新聞社は17日の熊日30キロロードレースの模様を携帯電話版とスマートフォン版の各「くまにちコム」(有料)で速報する。トップグループの状況や、上位選手の10キロごとの通過順位を伝える。URLはhttp://kumanichi.com/qr/


熊本日日新聞2013年02月16日


「第57回熊日30kmロードレース」 招待選手 (兼 出場予定選手)

【男子】
( 1) 川内  優輝 25(埼玉県庁)
( 2) 宮脇  千博 21(トヨタ自動車)
( 3) 外丸  和輝 26( 〃 )
( 4) ギタウ・ダニエル 25(富士通)
( 5) 的場  亮太 23(小森コーポレーション)
( 6) 丸山  文裕 22(旭化成)
( 7) 益田 賢太郎 24(NTT西日本)
( 8) 西    恭平 21(九電工)
( 9) 設楽  啓太 21(東洋大)
(10) 大津  顕杜 21( 〃 )
(11) 後藤田 健介 22(駒大)
(12) 山川  雄大 22(帝京大)
(13) 鈴木    駿 22(神奈川大)

【女子】
(301) 水口  侑子 27(デンソー)
(302) 竹村  理沙 25(九電工)

※ナンバーカード、名前、年齢、所属の順

<補足> 大津(東洋大)欠場
第2回熊本城マラソン実行委員会事務局は1月23日、金栗記念第57回熊日30キロロードレースに招待選手として出場予定だった大津顕杜(東洋大、千原台高出)が体調不良のため欠場すると発表した。

以上、熊本日日新聞

● テレビ放送予定
RKKテレビ
 2013年2月17日(日) 午前8時〜11時30分まで生中継
 ※ 熊日30kmの独占放送も含め、「第2回フルマラソン」(男子優勝争い)「城下町4q走」まで、実施3コースすべて放送予定。

TKUテレビ熊本
同じく午前8時55分から13時30分まで
今年はフルマラソンをスタートから上位選手のフィニッシュまで生中継。
(去年はRKKとの実質リレー中継という形で午前11時からというなんとも中途半端な時間帯からの中継開始ではあったが今年はフルマラソン中継らしい放送体制を敷いて放送する。
ただし、午前11時50分からはニュース
放送するため中断するかもしれません。)


● 参考までに ランネット 大会レポ 「第1回熊本城マラソン」 平均評価点=77.9

事前情報は以上です。
ギタウダニエル VS 宮脇 VS 箱根ランナーの激突「熊日30km」
地下翔太(球磨村役場)が2連覇を目指す「第2回フルマラソン」
そして、中学生も走る「城下町4q」の3部構成で展開する
『熊本城マラソン2013』
いよいよスタートまであと18時間をきりました。
参加人数が多すぎていろいろと大変かと思いますが、
運営側はスムーズな運営ができるよう、また出場選手はスムーズな競技運営にできるだけ協力した上でそれぞれの目標に向かって頑張ってください。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ