2015/2/22  20:51  大会結果 「東京マラソン2015」 上位500名  フルマラソン

● 「東京マラソン2015」 フルマラソン 記録集

男子上位500位まで.pdf

女子上位500位まで.pdf

以上です。
0

2015/2/12  21:15  注目! 熊本城マラソン2015 & 第59回熊日30kmロードレース  フルマラソン

● 2015年2月15日(日)午前9時より順次競技開始

● 熊本城マラソン2015 HP

● RKK熊本放送の番組HP (熊日30kmをメインに午前8時から11時30分まで生中継)

● TKUテレビくまもとの番組HP (フルマラソンをメインに8時55分〜14時まで生中継、ただし11時50分から12時までは定時ニュース放送のため中断あり)

● RKKテレビにおける、TBS系全国ネット番組とRKB送出九州ブロックネット番組 放送時間変更のお知らせ

RKKテレビではサンデーモーニングと午前10時からの九州ブロック番組(15分×2本)の時間に「熊本城マラソン2015」が放送されるため、
サンデーモーニング は大会当日13:00〜14:54に変更(録画放送)
九州ブロックネット番組(15分×2本)は同日15:00〜15:30に変更
列車に乗って 世界一の九州が始まる!

これらの番組が放送時間を移動して放送するため、本来なら14時から15時24分まで放送されるはずの
「全日本実業団山口ハーフマラソン」は深夜0時50分からの放送となる。

● 熊日30kmロードレース 記録表
男子記録表.pdf
女子記録表.pdf
0

2015/2/5  21:45  注目! 「第53回愛媛マラソン」  フルマラソン

● 2015年2月8日(日) 午前10時スタート!
 松山市・愛媛県庁前スタート 〜 堀之内西入口フィニッシュ 42.195km


● 愛媛マラソン公式サイト

● 南海放送「愛媛マラソン」HP

● 愛媛新聞「愛媛マラソン」特集

● かずまるのblog

以上です。さて、当日の出場者数は果たして1万人を超えられるでしょうか?
選手のみなさん、体調崩さないように気をつけて本番当日を迎えてくださいね。


0

2015/2/5  21:28  注目! 「第53回延岡西日本マラソン」  フルマラソン

● 2015年2月8日(日) ひる12時05分スタート!
 延岡市役所前発着点 42.195km


● テレビ放送 「旭化成スポーツスペシャル 第53回延岡西日本マラソン」 制作:テレビ宮崎

地上波 フジテレビ系列九州7局 大会当日ひる12:00〜14:30 生中継

BSフジ 大会当日23時より、フジテレビ系列九州7局で生中継された番組を編集した「ダイジェスト版」を放送。(〜24:30まで)

● 関連サイト
 第53回延岡西日本マラソン(延岡市)

GGN速報室・記録速報サイト(携帯・スマホなどにも対応)

川内、足立ら軸に展開 延岡西日本マラソン

2015年01月29日(最終更新 2015年01月29日 06時00分) 西日本新聞

 2月8日に宮崎県延岡市役所前を発着点に開かれる第53回延岡西日本マラソン(九州陸上競技協会、延岡市など主催、西日本新聞社など後援)の出場選手が1月28日、実行委員会から発表された。招待選手は28人。今回初の女性選手36人を含む556人がエントリー。昨秋の仁川アジア大会男子マラソン銅メダルの公務員ランナー、川内優輝(埼玉県庁)に地元旭化成の足立知弥らが絡む、ハイスピードな展開になりそうだ。

 川内は2時間8分14秒(2013年ソウル国際)の記録を持つ国内トップランナー。左足首の故障が気がかりだが優勝候補の筆頭。足立は昨年の福岡国際で2時間9分59秒をマークし、サブテンランナーに仲間入りした。今回は旭化成勢として7大会ぶりの優勝と、大会記録(2時間11分5秒)の更新を狙う。

 石田和也(西鉄)は第50回大会を2時間11分57秒の好記録で制した実力者。前回大会で力を出し切れなかった大沼恭教(トーエネック)、千葉健太(富士通)、的場亮太(小森コーポレーション)は成長が楽しみ。伊藤祐哉(トヨタ自動車)、兼実省伍(中国電力)、小山司(SUBARU)ら初マラソン選手にも期待がかかる。スタートは午後0時5分。

=2015/01/29付 西日本スポーツ=


遅咲き30歳初マラソン、北島V 延岡西日本マラソン

西日本スポーツ 2月9日(月)6時21分配信


三十路(みそじ)男が“快感”の初マラソンV!! 第53回延岡西日本マラソン(西日本新聞社など後援)は8日、宮崎県延岡市役所前を発着点に行われ、初の42・195キロに挑戦した30歳の北島寿典(安川電機)が2時間12分28秒で初優勝を飾った。並走していた加藤徳一(ヤクルト)を35キロすぎに突き放し、そのまま独走した。1分6秒差の2位に加藤。昨年の仁川アジア大会男子銅メダルの公務員ランナー、川内優輝(埼玉県庁)は25キロすぎに先頭集団から脱落し、2時間15分16秒の8位に終わった。


 今大会から出場可能となった女子は箱山侑香(ワコール)が2時間39分34秒で初代女王になった。(スタート時曇り、気温9・9度、湿度52%、西の風8・5メートル)


初マラソンで優勝のフィニッシュテープを切る北島

 初体験の喜びに浸って走った。スタート直後、北島が沿道で耳にしたのは「カワウチ〜」という声援ばかり。それが、独り旅になってからは自分の名前を呼ばれるようになった。「先頭を走るのはいいものだなと」。ゴールテープを切ると、会心の笑みを浮かべた。

 向かい風を切り裂き、35キロすぎで前へ。自分の体を“風よけ”にしていた加藤を置き去りにした。「(相手が)苦しそうだったし、影を見たら少し離れていた。向こうは急に風を受けてきつくなるから」。初マラソンとは思えない絶妙の仕掛け。2012年ロンドン五輪6位の中本を育てた安川電機の山頭監督は「レース勘は持っている」とうなずいた。

 東洋大時代に箱根駅伝で区間賞を獲得。安川電機でも主要区間を任されるなど駅伝の経験は豊富だ。「でも、マラソンになると大会直前でけがをしてばかりだった」。エントリーした昨年の大会も右膝痛で棄権。今回も2週間前に左膝を痛めたという。「一人だったら無理だなと思っていた」。勇気を持って挑戦に踏み切ったのは、昨年10月に結婚した美奈さん(29)の後押しもあった。

 2歳年上の中本は、この延岡西日本で3位に入って飛躍につなげた。その先輩について行くようなマラソン練習を、これまでほとんどしたことがない。「これで中本さんに挑もうという気持ちになれるかも」。遅咲きの“新人”にとって、忘れられない日向路となった。

 ■加藤、手応え2位

 2位の加藤も30歳で初マラソンに挑んだ。「力を付けてから」と満を持して臨んだ大会で終盤までトップ争いを展開。「もっときついと思ったけど、余裕を持って走れた」と手応えをつかんだ。一方で35キロすぎで北島に突き放されたことには「仕掛けに対応しないといけない」と反省。2時間13分34秒のフィニッシュタイムに「もっと高いレベルの記録を出したい」と意欲的だった。

 ■川内調整不足、失速8位

 顔をゆがめてゴールした川内は救護室へ運ばれた。自己ベスト(2時間8分14秒)に遠く及ばない2時間15分16秒。それでも「想定通りの走りだった」と淡々とした口調でレースを振り返った。

 昨年12月の防府読売マラソン後に左足首を捻挫。「練習量は(普段の)半分、質は10分の1以下だった」。捻挫は完治したが、体力が戻りきれずに「25キロからペースについていけなかった」と現在の状態を明かした。

 今後は15日の高知龍馬マラソン、3月のソウル国際マラソン(韓国)に出場予定。今年の目標は2016年リオデジャネイロ五輪の選考レースとなる12月の福岡国際マラソンだ。「国内選手を倒してリオを決めたい」。調整不足の中でも「粘った」と存在感を見せた公務員ランナーが五輪ロードをたくましく切り開く。

 ■初代女王は箱山

 初代女王となった24歳の箱山は、来月の名古屋ウィメンズに向けて弾みをつけた。2度目のフルマラソンとなった今回は強風の中のレースということもあり、2時間30分48秒の自己ベストを更新できなかった。それでも初優勝の味は格別。「(名古屋は)世界選手権の最終選考レースなので、いい選手がそろうと思う。その中でどれだけ戦えるか試したい」と意気込んだ。
.
最終更新:2月9日(月)6時21分



0

2015/2/3  19:31  注目! 北九州マラソン2015  フルマラソン

● 2015年2月8日(日)午前9時スタート
 北九州市役所前をスタートし、北九州国際会議場前をフィニッシュとする42.195km

制限時間は号砲から6時間

● テレビ・ラジオ放送

地上波RKBテレビ
 大会当日 10:30〜11:30 、 12:57〜14:24

BS-TBS
 同じく 12:59〜14:24

RKBラジオ(& ラジコプレミアム)
 同じく 12:00〜16:00

● 関連サイト
 大会公式HP RKBテレビの番組HP

以上です。
0

2015/1/31  13:25  「別府大分毎日マラソン」 NHK-R1  ラジオ中継制作から撤退  フルマラソン



毎年2月の第1日曜日に開催され、日本男子若手ランナーへの登竜門として位置づけられている
「別府大分毎日マラソン」
ラジオの中継においては長年に渡りNHKラジオ第一放送(R1)で、正午スタートの15分後=12時15分から中継放送されていましたが、
2014年大会の放送を最後にNHK-R1はラジオ中継制作から撤退いたしました。
この大会、テレビ放送がTBS系列制作のため、TBS系列のテレビ局がない秋田県・福井県はNHK-R1の中継で別大マラソンを聴いていたというマラソンファンも多かったことかと思いますが、
今年度からはRKBラジオとOBSラジオの2局ネットのみで中継になったということで、秋田・福井のファンの方は「ラジコプレミアム」に入会しない限りRKB-OBSラインの「別大マラソン実況中継」が聴けない、ということになってしまいました。
この大会では、NHKがメインの大会主催者ではないということもありますが、
マラソンには興味がないという一般のNHK-R1の聴取者から「のど自慢」などの通常番組を流してほしいという要望が多かったといったところでしょう。
NHK-R1で聴いていたマラソンファンにはちょっと残念なお知らせかな、という感じがしますが、
今ほど申し上げた通り、今年からはRKB-OBSラインでのラジオ中継となりますので、直接受信か「ラジコプレミアム」でラジオ中継をお楽しみいただければと思います。

というか、ラジオ中継には全く興味がない人たちには全く関係ないお話でした。
でも、一応お知らせということでお伝えしました。
1

2015/1/29  20:30  注目! 「2015(第64回)別府大分毎日マラソン」  フルマラソン

● 2015年2月1日(日) 11時50分〜14時23分まで
 TBSテレビ系列28局ネットで生中継


● 毎日新聞社「別府大分毎日マラソン」大会公式HP

● RKB毎日放送(制作局)「2015別府大分毎日マラソン」番組HP

● 最新の関連ニュースは毎日新聞サイトでご覧ください。
0

2015/1/20  19:26  注目! Nittoスポーツスペシャル「第34回大阪国際女子マラソン」 タチアナ・ガメラ3連覇なるか?  フルマラソン

● 2015年1月25日(日)ひる12時より フジテレビ系列28局ネットで生中継(14:54まで)

● 2015年1月25日(日)ひる12時10分スタート!
 大阪市・長居陸上競技場=「ヤンマースタジアム長居」発着点 御堂筋折り返し 42.195Km


● 「大阪国際女子マラソン」大会公式サイト

● 関西テレビ(制作局)「大阪国際女子マラソン」番組HP

● その他の情報は、入り次第更新します。

● 記録集.pdf



※ 追加情報
タチアナ・ガメラ(ウクライナ)と重友梨佐(天満屋)
20q以降 タイム差情報 pdfファイル

2015owm_gamerashigetomo.pdf
0

2014/12/7  22:10  大会結果 「第68回福岡国際マラソン選手権大会」  フルマラソン

第68回福岡国際マラソン選手権大会
● 2014年12月7日(日)12時10分スタート
 福岡市・平和台陸上競技場を発着点とする福岡市内マラソンコース 42.195km


● 記録集.pdf

マカウが初優勝=藤原が日本勢最高の4位
第68回福岡国際マラソンは12月7日、福岡市の平和台陸上競技場発着の42.195キロで行われ、元世界記録保持者のパトリック・マカウ(ケニア)が2時間8分22秒で初優勝した。大会は来年の世界選手権(8月、北京)の日本代表選考会を兼ね、藤原正和(ホンダ)が2時間9分6秒で日本勢で最高の4位に入った。
 マカウは38キロ付近でモンゴル出身のセルオド・バトオチル(NTN)、ラジ・アセファ(エチオピア)を引き離して独走。藤原が粘り強い走りでこの3人に続いた。
 足立知弥(旭化成)が5位。ロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)は12位と振るわなかった。(スタート時の気象=晴れ、気温8.5度、湿度49%、東南東の風0.9メートル)。 (2014/12/07-16:51 時事通信社

残念なレース=第68回福岡国際マラソン
来夏の世界選手権代表選考会の男子国内初戦となったレースを終え、宗猛男子長距離・マラソン部長は「残念という思いが一番強い」と語った。日本陸連はリオ五輪をにらみ「2時間6分30秒」を目標タイムに掲げているが、日本勢のトップは33歳の藤原で、2時間9分台。最有力とみられた中本は12位と精彩を欠いた。
 さほど実績のないモンゴル出身のバトオチルが自ら仕掛けて自己ベストを更新したのとは対照的に、全体に積極性も欠いた。「もう少し意識を変えないと世界で戦えない」と酒井勝充強化副委員長。宗部長は、中本の世界選手権代表入りの可能性について、来年の東京またはびわ湖毎日で2時間6分30分を切ることを条件に挙げた。(2014/12/07-18:53 時事通信社
0

2014/11/13  23:10  「横浜国際女子マラソン」 2014年大会で終了  フルマラソン

第6回横浜国際女子マラソン
● 2014年11月16日(日)12時10分スタート!

テレビ放送
● 2014年11月16日(日) ひる12時〜14時51分まで
  テレビ朝日系列24局+YBS山梨放送+FBC福井放送+JRT四国放送(徳島県)+RKC高知放送+UMKテレビ宮崎  以上、全国29局ネットで放送

※ 一部の地域は11時58分55秒から放送(UXなど)

● 文化放送 「横浜国際女子マラソン 実況中継」

● 出場選手予定はこちら

● 今年で最後! 横浜国際女子マラソン

横浜女子マラソン今年で終了へ


横浜国際女子マラソンが11月16日に実施されることしの大会を最後に終了することが22日、関係者の話で分かった。

 日本陸上競技連盟とともに主催する朝日新聞社などが、大会の財政難を理由に継続を断念したという。日本女子の繁栄の基礎を築いた前身の東京国際女子マラソンを含めると通算36回目となるレースを最後に、歴史の幕を下ろすことになる。

 来年以降は他の都市で新設のマラソン大会を開く方向で日本陸連などが調整している。

 国際陸上競技連盟が公認する初の女子マラソンとして1979年に誕生した東京国際は女子選手の参加を促し、84年ロサンゼルス五輪での正式種目採用にもつなげたとされる。日本勢が92年バルセロナ五輪から2004年アテネ五輪まで4大会連続でメダルを獲得する下地をつくり、09年からは舞台を横浜に移していた。

 東京マラソンをはじめとする大規模な市民マラソンが人気を集める中、女子のエリート選手のみが参加する大会形式を保ってきたが、近年は日本選手の低迷もあってスポンサー収入に苦しむようになっていたという。


 [2014年10月22日21時31分 日刊スポーツ]

● 最後の横浜国際女子マラソン リザルト
2014ywm_res.pdf
1




AutoPage最新お知らせ