映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ラブリーボーン  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ラブリーボーン」

原題/The Lovely Bones
原作/アリス・シーボルト
監督・脚本/ピーター・ジャクソン
出演/シアーシャ・ローナン、マーク・ウォルバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、他。

あらすじ/
スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。スージーは天国にたどり着く。そこは何でも願いがかなう素敵な場所で、地上にいる家族や友達を見守れる。スージーは、自分の死でバラバラになってしまった家族のことを心配しながら、やり残したことを叶えたいと願うのだった…。(goo映画より抜粋)

む....
む....

胸キュン!!

キュン死にしそうなぐらいにラブリーな映画でした。
ラブリー具合では昨年wataru的ベスト1映画であった「LET THE RIGHT ONE IN」に肩をならべるぐらいでございます。なので以下は赤文字でオネェ言葉で書いてみます。

オネェの総本山、三輪様がCMで仰っておりました「これは家族の物語」という文句なのですけど、実際映画を観たらそれはなるほどそこそこ描かれているのよね。そこそこ....というか霞んじゃってるの。Mr.ハーヴィのせいで霞んじゃってるのよ!!

この変態オヤジ・Mr.ハーヴィを演じたスタンリー・トゥッチが凄過ぎるのよ!!

クレイジーなおばあちゃん/スーザン・サランドンも非常に良いのだけどトゥッチにはかなわんわ〜〜。
警察がハーヴィの家に聞き込みにくる件の描き方はほとんどビョーキね。
あと幽体離脱したばっかのスージーが見た、殺害現場のような所の描写。泥まみれのバスタブに使っているハーヴィ。洗面台は血まみれ。ナイフ。スージーのアクセサリー。それでここで一体どんなことがスージーの身に起ったのか、分る事になるのね。直接的描写は一切ないのだけど、一番想像したくない想像を喚起させる場面でね、ここ思わず鳥肌立っちゃったわよ。

スージーの事件に焦点を絞ったサスペンス部分が突出しているせいか、話題になっている独創的な天国のヴィジュアル(これはマジすげー!)や一度崩壊した家族の再生といった感動的な部分が少しだけ霞んでしまっているのが、残念といえば残念なのよ。

でもね、天国に行ってしまった永遠の14歳の女の子/スージー・サーモンは、「LET THE RIGHT ONE IN」の永遠の12歳のヴァンパイア/エリと同様に、やっぱり夢見る女の子なのよ。好きな男子にはポーッとなっちゃうの

クリックすると元のサイズで表示します

なんでも出来るはずの天国で、唯一出来ない事は「現世」への干渉。壊れていく家族をただ傍観するしかできないの。自分を殺した憎いアイツを懲らしめる事もできないの。逆に自分が死んでしまった事で家族を苦しめてしまっている事に責任を感じて苦悩するスージー。


泣けてくるわよ!!


でも神様は意地悪ぢゃない。
最後の最後で「奇跡」を起こしてくれます。
それが、犯人ハーヴィを地獄に落とすとかそういう事ではなく、これが実に、恋に夢中な14歳の女の子らしくてね。ここ胸キュンよ。


ここ乙女の胸キュンPOINTなのよ!!


そして、この映画の最後の台詞の重さったらないわ。
ほんと「生きてるだけで丸儲け」なのよ。
もっと生きて夢を叶えたかったスージーには、もうそれは出来ないの。
だから生きているあたしたちが「無駄な人生」を送らないようにしなきゃ、って本気で思ったわよ。いやマジで。
まーじーでぇー!!






.....はい、オネェ言葉はやめにして普通に書きますけど
「天国」っていうのは(ここでは天国と現世の狭間の世界なのですが)自分にとっての完璧な世界/パーフェクト・ワールドって事なのですね。
冒頭のスノードームの中のペンギンちゃんを「彼にとっては完璧な世界」と言ってたのと同じ事なのですね〜。
そうすると、人の数だけ天国はある。
なんと素晴らしい事か。
という訳で今すぐ天国に行きたくなっ..............たらマズいな。
わしまだ生きていたい。
で、寿命を全うして自分の望む天国に行けるとするなら

酒池肉林天国

でお願いします。日替わりで美女とあんなことやこんなこととかしてみたいって思った時点で地獄行きっすかね、わし。

この映画の主人公/スージー・サーモンを演じたシアーシャ・ローナンのあまりの可愛さにノックアウト状態なのですが、この子は「つぐない」にも出てるそうで.....わしこういう映画は苦手なんですが観たくなってしまいました。
でもなんだかんだいってスタンリー・トゥッチの気持ち悪さのほうがインパクト大なんですけど。


とってもラブリーな映画ではあったけど、なんかこう、すこし「?」な部分や納得できない部分もあるにはあるので、ここはもう原作本買って読んでみようと思いまして、本日買ってまいりました。↓↓↓

クリックすると元のサイズで表示します

雨の中、本屋さん二軒まわって購入。
で、今序盤を読んでいたのですけど、序盤がもーショッキングでしてね。

映画では上手く隠してはいるのですけど、原作ではレイプされたうえにバラバラにされてましてね....「見つかったのは肘だけ」っておい!!

これはかなり読み応えある予感。
それにちょっと読んだだけでも「かなり原作とは違う」というか.....映画としてまとめるために上手い事やったんだなぁ、というのが伝わってくるし。

基本的に僕は「映画と原作は別物として捉える」ことにしてます。
原作と違うぢゃないかー!と言い出したらキリがないですし、そもそも原作通りとか原作を超える映画など有り得ないのです。一度読んでしまって自分の脳内で完結された物語を超える作品など、まず無いです。
本当に忠実に作るなら、それはもう連続ドラマぐらいの長さにならないといけないし、そこまで長いのはすでに「ドラマ」であって「映画」ではない。
「映画」は原作の世界観を壊さずに、どれだけ簡潔にまとめあげるか。
それが映画監督の力量となるわけです。

今の所 原作本の序盤しか読んでいませんので、この映画が原作に対してどのぐらい誠意を持って作られているのか分りませんけど(PJだしその誠意だけはバッチリあると思うけどね!)、とりあえずこの原作本を読了してからもう一度映画館に足を運ぶか、もしくはレンタルDVDにて再見したいと思います。

人気ブログランキングへ←よろしかったらボーンと一押しお願いラブリー♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ