映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
わたしを離さないで  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「わたしを離さないで」

原題/NEVER LET ME GO
原作/カズオ・イシグロ
監督/マーク・ロマネク
出演/キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、シャーロット・ランプリング、他。

あらすじ/
緑豊かな自然に囲まれた寄宿学校ヘールシャム。そこで学ぶキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人は、幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた。しかし、外界と完全に隔絶したこの施設にはいくつもの謎があり、“保護官”と呼ばれる先生のもとで絵や詩の創作に励む子供たちには、帰るべき家がなかった。18歳になって、校外の農場のコテージで共同生活を始める3人。生まれて初めて社会の空気に触れる中、ルースとトミーは恋を育んでいく。そんな2人の傍にいながらも、次第に孤立していくキャシー。複雑に絡み合ったそれぞれの感情が、3人の関係を微妙に変えていく。やがて、彼らはコテージを出て離れ離れになるが、それぞれが逃れようのない過酷な運命をまっとうしようとしていた。やがて再会を果たしたルース、トミーとかけがえのない絆を取り戻したキャシーは、ささやかな夢を手繰り寄せるため、ヘールシャムの秘密を確かめようとする。だが、彼らに残された時間はあまりにも短かった……。

解説/
イギリス最高の文学賞・ブッカー賞受賞作家、カズオ・イシグロの同名小説を基に、同じ寄宿学校で育った幼なじみの3人の、瑞々しくもやるせない恋と友情の物語。数々の傑作ミュージックビデオを手掛けてきたマーク・ロマネク監督が、詩情豊かで、かつドラマチックな作品に仕上げた。『17歳の肖像』、『つぐない』でそれぞれオスカーにノミネートされたキャリー・マリガンとキーラ・ナイトレイ、『ソーシャル・ネットワーク』でゴールデン・グローブ賞ノミネートのアンドリュー・ガーフィールドといった若手演技派の共演が話題。痛ましくも美しいこのラブストーリーは、倫理に関する問題やSFの枠を超え、生と死、そして愛をめぐる普遍的な広がりさえ感じる。
(以上、goo映画より抜粋)

涙が止まりまへん。

実はこの映画の「設定」を知っていたうえで鑑賞していたのでありますが
それでも、ギューッと胸が締め付けられる様に切ない切ない物語に心を持って行かれてしまい
終盤あたりではもうさめざめと泣いておりましたですよ。

さて、その「設定」なるものなんですが
バカ映画監督マイケル・ベイ(←褒めている)の「アイランド」と同じなんですよ。
同じなのにこうも違うものが作れるのかと感心。
映画自体は説明を極力省き、「寄宿学校」で暮らす少年少女たちの生活や恋模様、そして彼らが大人になってからの人間関係を淡々とした口調で描いているところが素晴らしいです。

そして、凄く透明感のある映画なのにとても残酷な物語です。

使い道が限定されてしまった命。
その中で、一生懸命に愛し合って輝いている彼らを観ていたら
今の自分はなんなんだろうと思わず考え込んでしまいます。
「提供する者」と「提供される者」の違いが何なのかわからない、と最後に言っていましたが、
これがもう本当にグサリと胸に突き刺さったわけでして。

命とはなんなのか。
生きる意味とはなんなのか。


そういう事を考えさせられる、傑作でございます。
未見の方は是非。

クリックすると元のサイズで表示します
↑大人になれば現実の重さが身にしみる。


あ、今ふと思ったんですが「レポゼッション・メン」の設定ってある意味良心的なのかもなぁ、と思ったりして。お金さえ払えばどうにかなるわけだし......


人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ