映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
殺人の追憶  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「殺人の追憶」

英題/MEMORIES OF MURDER
監督/ポン・ジュノ
出演/ソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・へイル、他。

あらすじ/
1986年、ソウル近郊の小さな村で手足を縛られた女性の変死体が発見される。地元刑事のパク(ソン・ガンホ)が捜査に当たるが、手がかりのないまま、新たな犠牲者を出してしまう。ソウル市警からソ刑事(キム・サンギョン)が派遣されるも、パクとソは、捜査方法の違い、容疑者を特定できない焦りから衝突ばかり。その間にも犠牲者は増え続け、やがてパクたちは有力な容疑者、ヒョンギュを捕まえる。証拠不十分でヒョンギュを拘束できないパクたちは、DNA鑑定の結果を待つが…。(goo映画より抜粋)

久々の.....というか
このブログでは初めての映画の記事が、この「殺人の追憶」。

いや、他にも沢山映画は観てたんですよねぇ、実は。
昨日などはニコラス刑事主演のトンデモ終末映画「ノウイング」を観てたりしたのですが
自分的にはどーでもいい映画なので感想は書きません。

あとはさりげなくレンタルになっている「マーターズ」を、バタリアンズ(山口雄大&井口昇、清水崇)のオーディオ・コメンタリーを聴きながら再鑑賞。これについては後日アップしようと思っております。一週間じっくり見倒した後にね!ていうかどんだけ俺はマーターズ好きなのだ!変態か!!

他には、いまいち「アバター」を観る気が起らないので借りてみた「エイリアン2」とか。
なんとなく接近遭遇したくなったので「未知との遭遇」とか。
静岡に行きたくなったので「サイレントヒル」とか。
泣けるヤクザものが観たくなったので「極道の食卓2/クジラ」(マツケン主演。松山ケンイチじゃないよ。サンバの方。)とか。

ノウイング以外はどれもこれも面白かったですが、ここは敢て「殺人の追憶」で。
ていうかこの映画、僕的には完璧です。
わりと最近鑑賞した韓国映画「チェイサー」とテイストは同じですが、
こっちの方がよりグッときますね.....

この映画、オープニングが秀逸。
韓国の田舎の田園風景が、とてつもなく美しいの。
この風景の撮り方にはちょっと感動しましたよ。
ああ、住んでみたいわ......と思う程の美しい場所で起る、凄惨極まりない連続殺人事件。
犯人を追う刑事たちは翻弄され追いつめられていくのですけど

韓国警察って恐ろしいね。

土手の上からドロップキックって.....韓国映画観るとドロップキックの場面がちょくちょくあるのですけど.....確か「グエムル」でも低空ドロップキックしてたな、葬式の場面で。

韓国警察が恐ろしいのはドロップキックではないのですけど、完全なでっち上げで犯人逮捕っというのがよくあるのね。チェイサーでもそうでしたし、もう完全に拷問してましたからねー....めっちゃ怖いっすよ。
まぁ韓国だけじゃなくどこの国でもある事なんでしょうけど、この映画観てるととても滑稽に見えてしまってね、笑いどころになってるんですよ。
こういう所が笑いどころになる事自体がすでに恐ろしいのですけど
結局犯人も捕まらないまま終わってしまうところもまた恐ろしい......

チェイサーでは犯人が誰なのかハッキリしている所が唯一救い(映画的に全く救いがないけど)でしたが、この映画ではラストシーンで主人公の刑事と犯人がニアミスしてるんですよね。このシーンが物凄く印象的。

本当に「救いがない」というのはこういう事を言うんじゃないでしょうか......韓国で実際に起きた連続殺人事件を元に作られたフィクション、という事ですが、犯人は未だに捕まっていないとの事ですし。
韓国のこういうヘヴィーな映画には外れがありません。
素晴らしいです。

クリックすると元のサイズで表示します



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと。
2




AutoPage最新お知らせ