映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
地獄のヒルクライム〜山中越え  自転車日記



関西ヒルクライム様のサイトより地図を転載いたしました。クリックするとより詳しい地図が表示されます。


本日はここ京都で全国女子駅伝が開催されておりましたが
わしも負けじと頑張っておりましたのよ。
今回はヒルクライム in 山中越え。

この山中越えは以前一度トライしているのですけど、その時はHUMMERのMTBでしたし、自転車にハマり始めたばかりの頃であまり身体が出来ておらず、2回ほど自転車を降りたしタイム自体も40〜50分ぐらいだったのですけど......。

年末からなんちゃってロードバイク/のっち号に乗り始めて、とにかく無茶して走り回ったので、多分それなりに体力もついてきただろうし、そろそろリベンジしたろーか、と思った次第でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
↑スタート地点。

T字路を左に折れてしばらく進んだあたりに駐車場があります。とりあえずそこをスタート地点として、登り始めます。
するといきなり急カーブ&急勾配なので、まずここが第一の難所。
外側から回るとそれほどでもないんでしょうが、内側からいくのは物凄くキツいです。しかしこれを乗り切れば、しばらくは大丈夫。とりあえず滋賀県側に入るまでは。

滋賀県に入ってからの坂は、はやりキツいですなぁ.....
息が荒くなって喉も乾く。
もっと酸素を。酸素が欲しい!!

そうやってぜーぜー言いながら漕いでいると、いつのまにか坂が終わる。
そこから先は2度ほど下りがあるので、体力の回復には丁度良い。
そして山頂近くの住宅地を通り過ぎ、ゴールが見えてきた。
比叡山ドライブウェイの入口。

クリックすると元のサイズで表示します
↑ゴール地点。

着きました。
今回は一度も自転車を降りなかった。
ようやく真の意味でこの山中越えを征服。リベンジ達成でございます。
携帯を取り出して時間を確認すると、スタートからゴールまでの所要時間は約25分。
大幅な時間短縮だったのでものすごく嬉しかったです。
人間やればできる。やれば出来る子なんです。

そうやってしばらく山頂で余韻にひたっておりましたら
急激に身体が冷えてまいりました。
ふと、山頂の気温の表示を見ると「3℃」とでております。
こんな吹きさらしの場所で3℃だったらそりゃあ身体も冷えます。
なので引き返す事にしたのですが、日陰などは凍ってましたよ....タイヤがシャリシャリいうとりました......

道幅も狭く交通量も多い道ですから、ダウンヒルは慎重に。
カーブが多いのでコーナリングの練習にはもってこいなのですが、路面的にいうとそれほどいい状態ではないですね.....凸凹多いしかなり怖いです。くれぐれもスピードの出し過ぎには注意いたしませう。

クリックすると元のサイズで表示します

あまりの寒さにとめどなく溢れ出る涙・鼻水。
スタート地点に戻ってきた時には身体がガッチガチに冷えきっておりましたが、平地の気温は10℃でした.....山頂とは気温差がかなりあるようで。

で、しばらくブラブラ〜と走り回っていたら、丁度女子駅伝やってたので、沿道からさりげなく観戦しておりました。自分、昔は陸上部(短距離でしたが)だったもんで、ちょっとアツくなっちゃいました。いや〜みんな力強い走りをしてました。

その後鴨川に出て煙草を一服。
ここはいつ来ても癒される。
ここには色んな人が居る。

サイクリングする人、デートするカップル、ジョギングする人、サックス吹く人、ギター弾く人、自転車の曲乗りする人、スケボーする人、絵描いてる人、もう住んじゃってる人....

少しだけ時間の流れが緩やかになる場所。それが鴨川。


さて、次回はどこ走ろうかしらね。
次は京見峠を攻めてみようか......京見峠は実は下りのみ経験している(雲ヶ畑から持越峠を越え、裏から回ってきた形になる)のですけど、これは表側から登ったら相当キツいだろうなぁ、と思ってたもんですから。ここもヘアピンカーブの連続ですし勾配もかなりきつめ。おっちゃんにはとってもキツメなのよね。

もうしばらく、走り込んで自信がついたら挑戦してみます。


人気ブログランキングへ←ポチッと一押しお願いします♪

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもポチッと一押しお願いします。
0




AutoPage最新お知らせ