映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
スカーフェイス  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「スカーフェイス」

原題/SCARFACE
監督/ブライアン・デ・パルマ
脚本/オリヴァー・ストーン
出演/アル・パチーノ、スティーヴン・バウアー、ミシェル・ファイファー、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、ロバート・ロギア、他。

あらすじ/
80年5月、キューバは反カストロ主義者をアメリカに追放した。その中には政治犯の他にトニー・モンタナ(アル・パチーノ)、マニー・リベラ(スティーヴン・バウアー)のような前科者もいた。彼らはマイアミの高速道路下にもうけられた移民キャンプに送られた。3カ月後、キャンプ生活に飽きて来たトニーは、政治犯レベンガの殺しを頼まれて実行する。数週間後、トニーとマニーはマイアミで皿洗いをしていた。そこにレベンガ殺しを依頼したフランク(ロバート・ロッジア)の部下オマーが、仕事を持って来た。あるモーテルに行き、コカインの取引きをしてこいというものだったが、相手は金を横取りしようとした。一瞬の隙をついてトニーは、敵を皆殺しにする。フランクの豪邸を訪れたトニーは、彼の知己を得て部下になった。フランクの情婦エルヴィラ(ミシェル・ファイファー)にひかれていくトニー。ある夜、トニーは自分より先に渡米した母親(M・コロン)と妹ジーナ(M・E・マストラントニオ)に会いに行った。母は息子のヤクザな生き方を嫌うが、妹は兄の派手な世界に関心を持つ。数カ月後、トニーとオマーはボリヴィアのコチャバンバに行き、黒幕のソーサと会い、トニーは独断で高額の取引きに同意した。そんなトニーをフランクは邪魔者と思うようになる。悪徳刑事バーンスタインが賄賂を要求するし、ジーナは屑野郎と付き合っているしで、放心したようにクラブでうなだれているトニー。トニーを暗殺者の銃弾が襲う。あやうく難を逃れたトニーは、マニーらをつれて、フランクの事務所へ行き、フランクと居合わせたバーンスタインを射殺。こうして、トニーはマイアミのボスの座につき、エルヴィラと結婚する。だが、彼の栄光の日々も長くは続かなかった。脱税が摘発されたのだ。一方、ソーサの方も麻薬取締りが厳しくなり、困っていた。ソーサは取締り委員会の最高顧問暗殺を手伝えば、トニーの脱税問題に手を廻すという。トニーはニューヨークに行き、ソーサの殺し屋の仕事を手伝う。しかし、顧問が家族と一緒なのを見て、爆殺に反対し、殺し屋を射殺してマイアミにもどる。エルヴィラの姿が消え、ジーナの行方も知れない。とある家に行ったトニーは、ドアを開けたマニーを射殺。「昨日、彼と結婚したの・・・」と、泣くジーナ。邸にソーサ一味が襲撃して来て、壮絶な銃撃戦が展開された。そして、ついにトニーは銃弾を何発もぶち込まれて死亡する。(goo映画より抜粋)



約10年ぶりぐらいに鑑賞。(多分DVDで観るの初めてかも!)
170分。

濃厚。

いやぁ〜アル・パチーノさん、脂ぎっててギラギラしてます。
トラック野郎の星桃次郎(菅原文太兄ィ)よりも脂ギッシュでギラッギラでございます。
なんか、昔の映画の男達って、みんなギラギラしてますよね、脂で。
男は脂でテカってなんぼ。

脂ファンにはたまりません!!

まぁなんですか?最近は。みんなつるっつる。デオドラントとか気にしてる場合じゃねーっつうの。ワキ汗上等!オノレの欲望の赴くままに生きてみようぢゃないの。

そんな男の破滅的な生き様が画面からぷ〜んと匂ってくるぐらいに男臭い映画、なかなかないですね。キューバ難民から麻薬王にのしあがり、そして破滅。

WORLD IS MINE。

ここではWORLD IS YOURSですが、金、権力、女、その他もろもろ全てを手に入れようとしたトニー・モンタナにとっては「世界はオレ様のもの」なのでございます。
特にこの映画、「のしあがる過程」がとっても面白いですよね。なんつうか戦国武将みたいで。

クリックすると元のサイズで表示します
↑男のナンパ講座

そして全てを手に入れちゃったトニー・モンタナ。

こっからが切ないのです。

あれだけ恋焦がれて手に入れたボスの女・エルヴィラ(ミシェル・ファイファー。超可愛い!ファビュラス・ベイカー・ボーイズのシブい女の役も好きだけど)はコカイン漬けで不仲になり最終的に家出。そして仲間すらも信用できなくなっていく。相棒マニーでさえも。

全てを手に入れても、それは手のひらからすりぬけていく。


非道な男だけど、女子供は殺さない。自分の家族は大切にする。
そういう「情」もある男が全てを手に入れるかわりに、自分が大切にしていたものを失っていく様が、切ないのよね。

で、最後はド派手に死んでいく。
このラストの自宅(豪邸ね!)での銃撃戦は今観ても鳥肌が立ちます。
本当に名シーンですね。

素晴らしい!!

クリックすると元のサイズで表示します
↑死ねやオラー!!


人気ブログランキングへ←クリックしろやオラー!!

0




AutoPage最新お知らせ