映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
パラノーマル・アクティビティ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「パラノーマル・アクティビティ」

原題/PARANORMAL ACTIVITY
監督/オーレン・ペリ
出演/ケイティ・フェザーストーン、ミカ・スロート、他。

あらすじと解説/
平凡な一軒家で幸せに暮らす若いカップル。しかし毎晩寝付いた後に家の様子がいつもと変わっていることに気づく。自分たちの家に起こっている“何か”を確認するため、彼らは生活の一部始終をビデオカメラで撮影することにする。真夜中、2人が眠りについた後、何が起きているのか。ビデオには衝撃の映像が映っていた…。

$15,000(約135万円)で制作され限定12館、しかもレイトショー公開でスタートし、公開5週目にして全米1位を獲得、翌週には遂に興行収入1億ドルを突破した超話題作。口コミが口コミを呼び、週を重ねるごとに公開館数を増やして行った本作は、公開3週目には159館で公開、週末だけで 790万ドルを記録し、北米において200館以下で上映された作品で歴代1位となる記録を作った。
(goo映画より抜粋)



つ、つまらん....


途中猛烈な眠気に襲われ、5分ぐらいは意識が飛んでましたが、まぁどうにか最後まで鑑賞することができました。

ていうかこんなホームビデオ見せられても全然怖くねぇよ。

それにあの無茶なオチもねぇ、引くわよ。引く引く。
なんだか悪魔チックなものが取り憑いて「キシャーッ!!」てねアンタ、反則よソレ。

今回借りて来たこのレンタルDVDには、劇場版とは違うエンディングのものがもう1本収録されておりまして、そちらの方はオチだけ確認してみることに。
「おっ!こっちの方がいいじゃん!!」って僕は思ったんですがね。


あとはコメンタリーで、恐怖大王・稲川淳二さんがひたすら喋りまくっておりますが、正直要らん。
まぁちょっとしか聴いてないのでアレなんですが、「車の色が白い!明るいね!その明るさが逆に怖い!」とかそんな事ばっか言ってる。そんなのを85分も聴かされたらさすがに気が狂いそうなので、やめにしました。大体こんな映画話の広がりようがないですし。

どうせならバタリアンズ(山口雄大、井口昇&清水崇)のコメンタリーにしてこの映画のどのへんが「抜ける」のだとか最後の締めに「うんこー!」とか言ったりするほうが全然いいのに。(←屋敷女ではこんな感じだったし

しかし、さすがは恐怖大王・稲川淳二さん、しょーもないコメンタリーだけではありません。インタビューでも「怪談」(←小ネタ風に)やってくれてます。

そして隠しコマンドで、(←ここ見逃しがちだからみんなちゃんと観ようね!)死ぬ程怖いマジ怪談を1本やってくれちゃってます。もうハッキリ言っちゃいますが


この映画より稲川淳二の怪談の方が100倍怖い。


全然怖くないし眠いしつまんない映画だけど、稲川淳二は怖いです。



人気ブログランキングへ←よろしかったら今日もポチリとお願いします♪


0




AutoPage最新お知らせ