映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ゴルゴ13/九竜の首  

クリックすると元のサイズで表示します
↑こんなの見ちゃったら借りずにはいられないでしょ♪

「ゴルゴ13/九竜の首」

原作/さいとう・たかを
監督/野田幸男
出演/千葉真一、嘉倫、ジェリー伊藤、志穂美悦子、鶴田浩二、他。

あらすじ/
アメリカ麻薬組織の代表ロッキーから、シンジケートの香港支部長である周雷峰の暗殺依頼を受けたゴルゴ13は、香港へ飛んだ。ゴルゴがアメリカを発つ数日前、ビクトリア湾に全裸の男の死体が浮かんだ。捜査にあたった麻薬のスミニーと呼ばれる香港警察の主人刑事の鋭い眼は、死体の男がアメリカから派遣された殺し屋であったことから、麻薬のボス・周とアメリカの組織との間に亀裂が生じた結果とにらむ。そこで、香港から麻薬を一掃するチャンスとばかり捜査を開始する。スミニーは女刑事林玲を周の経営する「東方光」へ潜入させるが、林玲は麻薬の精製場である山小舎をつきとめたところで消息を断つ。スミニーはようやくのことで山小舎をつきとめるが、周の部下に爆破され、林玲は死亡する。ゴルゴは「東方光」で周に会うが、帰途、麻薬組織の男を撃ち殺した紅蘭という女を救う。香港警察の厳しい追求とゴルゴの出現に脅える周は、黒幕のXに助けを求めた。Xの指示どおり、周は市民に寄贈したプール開きに出席するが、側頭部を撃ち抜かれ即死する。だが、ゴルゴの銃から弾丸は発射されていなかった。周の情婦麗花の通報により、周殺害の犯人がゴルゴであると知らされたスミニーは、ゴルゴ逮捕に総力をあげる。危険を承知で「東方光」に向ったゴルゴは麗をベットに誘う。その時、ゴルゴは殺気を感じ、銃を撃つと“火喰い鳥"と呼ばれる南米随一の美人殺し屋が倒れていた。周殺しがこの“火喰い鳥"だとにらんだゴルゴは、麗花にXへ計画終了の電話をかけさせたうえ、彼女をも撃ち殺す。ポーラニア領事ポランスキーは、麻薬シンジケートのリストをFBIへの土産としてアメリカ亡命を企み、日本のアメリカ大使館に交渉した。この計画を知ったゴルゴは日本へ飛ぶが、ゴルゴを追ってきたスキニーに邪魔され、ポランスキーを逃してしまう。香港に戻ったポランスキーはアメリカからの連絡を待つ一方、石霊島に隠れ家を建て、厳重に警戒する。スミニーは、捜査網を張りめぐらし、遂にゴルゴを逮捕する。証拠不十分のため釈放されたゴルゴに、ポランスキーが雇った世界各国の殺し屋が襲いかかった。重傷をおったゴルゴは、紅蘭の手厚い看護によって救われる。ポランスキーの逃亡期日が迫っている事を知ったゴルゴは石霊島へ潜入する。処刑の部屋と呼ばれる脱出不可能とも思える所で、ゴルゴは殺し屋を倒す。スミニーが石霊島に到着した時、ポランスキーのためにFBIが用意したヘリコプターは離陸した。その時、ゴルゴの驚異的な威力を誇るアーマライトが火を吹いた。落下するポランスキーの手には麻薬組織の全貌の記録を詰めたアタッシュケースが握られていた。書類を手に入れたスミニー、役目を終えたゴルゴ。互いに激しい闘志をこめて対決する男と男の燃えたぎる鼓動のように飛び発って行くジャンボジェット機。--やがて、その機内に、次の標的に向かうゴルゴの姿があった。(goo映画より全部抜粋)





ゴルゴ13の映画といえば、一部分だけCGを導入したアニメが話題になり、それを昔に一度だけ観たことがあります。もう随分昔なので内容なんか殆ど憶えちゃいませんが.....

あと、わたしと「ゴルゴ13」の接点はというと、美容室ではない街の床屋さんにかなりの高確率で置いてあるコミックぐらいで、まぁそれも待ってる間パラパラとめくる程度だったし、これも内容なんか覚えておりません。

ちなみに「床屋にかなりの高確率で置いてあるコミック」はゴルゴの他に「人間交差点」「黄昏流星群」
一話一話の内容がかなり濃く、ちょうど一話読み終わるぐらいのタイミングで「次の方どうぞ」とお声がかかる。これもしかして床屋に置かれることを前提として漫画描いてるんじゃないかと思う程。

.....まぁ余談はさておき、ゴルゴさんの実写映画版といえばてっきり「高倉健」だと思い込んでいたんですが、健さんの他にサニー千葉さんもやっていたんですねぇ!まずそれに驚いたのと、上のジャケットのゴルゴ/千葉さん.....

パンチパーマだ!!

若い頃の千葉さんなので、鍛え上げた肉体のせいでスーツがギッチギチ。鋭い眼光とブットイ眉毛。たまらんなぁ。たまりませんなぁ。

それに志穂美悦子さん....悦っちゃんも出ているぢゃあーりませんか。DVDのジャケットではチャイナ服着て三節棍。こりゃあ相当活躍するんじゃないかと思い、わくわくしながら鑑賞しました。

ところが悦っちゃんはそこそこ見せ場はあるものの、序盤であっさり退場。ちぇっ。

ゴルゴ千葉のいわゆる「狙撃」テクニックも、それで本当に当たるのか?というものばかり。クライマックスの狙撃などは「全てが計算済み」というナレーションまで流れてくるのですが、宙づりの状態で、しかも大きく揺れている状態で、飛び去って行くヘリコプターの中に居る標的の眉間を撃ち抜くなんて、「ないわ!!」と声を大にして言いたい.....のだが言うのは野暮ってもんですね。

この映画は、千葉ちゃんと、マンガチックな世界と、薄汚れた香港の街並、そして外国人キャストが全員吹替えという無国籍っぷりを楽しむもの。

千葉ちゃんの「狙撃」よりも地獄拳!
一撃でブチ殺す!!
さすがです。そして非情なゴルゴ千葉ちゃんでも、何故か困っている女を助けたりとか、ちょっとしたロマンスもありとかで、おそらくみんなが思っている「ゴルゴ像」(あまりゴルゴ13を知らなくて、多分こんなんだろうなぁ、と思っている人。もちろん僕も含む)とはあまりにも掛け離れた、脂ギッシュで人間くさい「ゴルゴ千葉」にハートをズキュン♪と撃ち抜かれる事でしょう。



人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと。
2

やることやったFF13  

クリックすると元のサイズで表示します
↑大きくなっちゃってすいません.....(by ジャボテンダー)


おいおいまだやってんのかよ、とかいうツッコミはやめてよね。

ここまで深入りしてしまったゲームもなかなか無いもんですから、思い入れもあるわけですよ、はい。

今回の記事のタイトルは「やることやった」とありますように、このFF13でやっておきたかったコトは殆どやってしまった、という事でありまして......一応、全てのミッションをクリアできました!
☆は5つもあれば全くナシもありますがね。ばらつきはありますが、ミッションは全てクリアいたしました。トロフィーも「ガラフの聖杯」頂きました。


ミッションをこなしていく中で、強敵と対峙せねばならない事もあるのですが、今回特に苦戦したものをいくつか挙げておきます。まぁ、攻略本や攻略サイトに頼ったやり方なんですが、一応。




●アダマンタイマイ(でかい亀)

ヴァニラをリーダーにして、バトル開始直後に召喚獣を呼び出し(亀系は召喚獣を呼び出すと倒れ込む。チャンスなのだ!)、弱体(ウィーク、デシェルなど)をかけたあとにひたすら「デス」を連発。倒れ込みから起き上がるまでにデスが成功しなければ、まともに戦うしかない.....まともに戦ったらまだ負ける相手なので、とりあえずデス頼りで。CPやギル稼ぎに重宝いたします。


●ジャボテンダー(でっかいサボテン)

一番上の画像の可愛らしいヤツですが、「針10000本」という凶悪な攻撃を早いペースで繰り出してきます。バトルメンバーのHPが、単純に10000以上ないとムリな相手。わたしは下手なのでHPが20000以上あるメンバーを投入してもなかなか勝てなかったんですが、複数の武器やアクセサリによる連鎖アビリティ「ラッキーブレイカー」をつけたら、短時間で倒せました。
まぁラッキーなブレイカーなので、発動したりしなかったりなんですが、発動したらいきなりブレイクするんで、ここでもうたたみかけです。マジでラッキーでした♪



●ネオチュー&ピコチュー(でっかい球根みたいなのと、その子分)

「がなる」がとにかく凶悪なので、全員ディフェンダーで耐えるしかないです。「花粉」もありとあらゆる弱体を引き起こすのでやっかい。こうなったらデスペガで解除するしかない。
最初は「ラッキーブレイカー」で倒そうとしてたがなかなかブレイクできず、ピコチューの体当たりも何気に強力なのでなかなか攻撃に移れず、結局全滅するパターンが何度も.....><

最後はやっぱり「デス」。

これもヴァニラ(ジャマー)をリーダーにして、あとはディフェンダーとヒーラーというオプティマ編成で、とにかくデスを連発。上手くいけばこれで倒せます。
残ったピコチューは煮るなり焼くなり、お好きなように。「ネオチュー」と戦う、という所までこぎつけているなら、ピコチューだけで全滅することはまずないですから。



●スパルタクス(ザ・サムライ)

淘汰の断層のミッションを全てクリアすると現れる敵。
こいつの所まで行くのにまた最初から勝ち抜き戦みたいなミッションをやらなきゃいかんのがちょっとめんどくさいんですが、そんなめんどくささも忘れてしまうぐらいに「アツい」バトルを体験できる事と思います。

なんせチェーンがたまりにくいのでブレイクはまず不可能。おまけにめちゃくちゃ硬いのでHPを削りにくい。あんまりモタモタしてると(バトル開始から20分後に)死の宣告使ってきやがりますからね、とにかく「速さ」がモノを言うバトルになっとります。
スパルタクスのHPが減ってくると「一切虚無」というこれまた凶悪な技を使ってきますが、こちらは技の発動までかなり間があるのでその間にオプティマを「グレートウォール(全員ディフェンダー)」に変えておき、これを耐え凌ぐ。で速攻で回復し、味方を強化しつつとにかく「速く」攻撃をしていけば、勝てない相手ではありません。
ただ、ちょっとでも油断すると大ダメージくらって終わり、になりますので.....一瞬たりとも気が抜けないです。私もう汗びっしょりでした。



●ラクタヴィージャ(形容しがたいイヤなやつ)

淘汰の断層で、1体だけでもかなり苦戦した相手ですが、アルカキルティ大平原でのミッションではこいつが2体出てきます。対策をしておかないと、あっという間に殺されます。

ここでの対策というのは、アクセサリをとにかく強化しておくという事で、魔法耐性がアップするものを複数装備しておくことをオススメいたします。

「れんぞくま」とか「○○○○ガ」の魔法攻撃に耐えながら、とにかく1体ずつ辛抱強く倒していく。それしかありまへん。楽な方法などありまへん。
とにかく1体倒してしまえば、それさえできれば、このミッションはクリアできます(もう☆5つとか言ってられまへん)。
いやぁもうほんとぉにしんどかった.....もう二度と戦いたくないわ.....



●ウェルキンゲトリクス(もう既に見た目が凶悪)

六死将を全て倒した後に出てくる、死将の親玉。

ウェルキンゲトリクス、という名前の響きからしてめっちゃ強そうだし凶悪そうなのですが、見た目も凶悪で、繰り出してくる攻撃の全てが凶悪、しかも速いときてるという、まさにキング・オブ・凶悪。
でも、でもでも、こんな凶悪なヤツでも意外な弱点がありましてね....

それはバイオ(猛毒)!!

こいつは時折、自分に物理障壁をかけて全ての攻撃を無効にし、なおかつ自分のHPを回復するというまさに悪魔のようなヤツなんですが、このバイオをかけておくと回復量よりバイオで削る方が上回っているため、ちょっとづつではありますが確実に「削れる」んですよ。

バイオで地道に削りつつ、大ダメージを受ける攻撃にはグレートウォールで耐え、味方のHPに余裕があるなら攻撃を仕掛ける。これを繰り返せば勝てます。
しかしこれもちょっとでも油断すると、あっという間に殺されるので絶対に気が抜けません。
またしても私汗びっしょりです。




.....このような死闘を繰り広げ、ホッとしてアルカキルティ大平原に帰ってきて、グロウエッグ(CPが2倍になるアクセサリ)も源氏の小手(ダメージ限界突破)もベストチョイス(レアアイテム入手アップ)もあるし、アダマン系を狩りまくって稼いでやろう、とか思ってると、あらら、アダマン系がいなくなってロングイが出て来た!!

ちなみにロングイにはデスが効きません。

なのでまともに戦うしかないんですが、どーにか2回ほど転倒させる事は出来るものの、アルテマとか咆哮、クェイクなどの全体攻撃が凶悪すぎて、全滅してしまいます.....(泣)

ここまできてまだ倒せないヤツがいるのかと思うと悔しくて夜も寝られない(ウソです全然眠れます)ので、まずはシャオロングイを普通に倒せるようになるまで修行しなおしてきます。一度クリアしたミッションを、また受理してやりなおす。その繰り返しで、キャラクターを成長させて、武器もアクセサリもいいものを揃えて成長させる。

まだまだ終われない!!
0




AutoPage最新お知らせ