映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
丑三つの村  

クリックすると元のサイズで表示します

「丑三つの村」

英題/VILLAGE OF DOOM
原作/西村望
監督/田中登
製作/奥山和由
出演/古尾谷雅人、田中美佐子、池波志乃、五月みどり、大場久美子、夏木勲、他。

あらすじ/
敗戦色の色濃い昭和十三年。中国山地の山並みに囲まれた世帯数二、三十の日暮谷の村で生まれ育った十八歳の犬丸継男は、村一番の秀才として村人の尊敬と期待を集めていたが、自分では、早く戦場に出て国のために戦いたいと願っていた。駐在所まで片道三十分という辺鄙なこの村は、近親婚が多く、ほとんどの者が親類関係にある。継男はたった一人の肉親、祖母のはんをおいて師範学校へ行くことはできず、独学で検定試験を受け、教師になろうと考えていた。十八歳にもなると、継男にも村の人間関係の裏側が分るようになり、ある夜、散歩をしていると、人妻のえり子と村の有力者、赤木勇造が絡み合っているのを目撃する。赤木は夜這いの取り締りを提案した張本人で、彼のことを汚いと思うが、同時に自身の性のうずきも強く感じるのだった。数日後、継男はえり子の所を訪ね、赤木のことを話すと、彼女は簡単に彼に体を開いた。また継男は、はんに金を借りに来るミオコとも関係を持つが、そんな性の世界に溺れず、彼は幼なじみのやすよに思いを寄せていた。そんな継男は兵役検査を受けるが、なんと、結核と診断されてしまう。これまで秀才と継男をもてはやしていた村人もコロッと態度を変え、彼を避けるようになる。そんな中で、和子が親切にしてくれたが、それは継男の結核を知らなかっただけで、病気を知ると、他の村人以上に冷たくなった。そして、心のよりどころだったやすよも嫁に行くことになった。継男は腹いせに和子に夜這いをかけるが、間違えて母の常代の布団に入ってしまい、母娘二人からなじられる。退散する継男は帰路、村の男たちが、他処者の坂本を袋叩きにして殺すのを目撃し、翌日、駐在に報せようとするが、村人の無言の威圧で口に出せない。その頃、やすよが離縁されて家に戻ってきた。継男と付き合っていたのが原因という。二人は風呂場で抱き合った。そして、汚れきった村を戦場にしようと決意する。一度は銃や日本刀を押収された継男だが、大阪に出て再び武器を調達すると、やすよに「村を戦場にします、その日は村に近寄らないで下さい……」と手紙を書いた。その日、村の送電線を切ると、丑三つの刻も近い頃、学生服にゲートルを巻き、武装した継男は、「犬丸継男君、万歳!」と叫ぶと、三十人に及ぶ大量殺戮に出発した。(goo映画より抜粋)


超☆デンジャラス!!

この映画、前々から観たいなぁ〜と思ってたんですが、いやはや凄いのなんのって。
ここまでデンジャラスな映画だったとは!「津山三十人殺し」(←クリックするとWikiへ飛びます)の映画ですから、そりゃもうデンジャーなのは間違いないんですけども、エロも相当なもんですよ。とにかく女優陣のエロいことエロいこと。
その中でも抜きん出てエロかったのは五月みどりさん!

よっ!かまきり夫人!!


「津山三十人殺し」といえば八つ墓村の冒頭シーンがもう既にトラウマになっているんですが、こちらはその日本犯罪史上空前の大虐殺事件をほぼ忠実に再現しております。Wikiで調べた事件の内容と照らし合わせてみると、「ほぉ!なるほど。よくできてんなぁ」と感心します。とは言うものの、この映画は犯人/犬丸継男に感情移入させるように作られているため、多少の設定の変更などがあったりするのですが、それでもこれがどんな事件だったのか、という事をおおまかに知るには最適の作品なんじゃないでしょうか。

皆様方、今に見ておれでございますよ。

の台詞が印象的な犬丸継男役の、故・古尾谷雅人さん。

わぁ!なんかすっごい久しぶりに古尾谷さんだぁ!好きな役者さんだったのになぁ.....優作さんと並んで実に惜しい人を亡くしたな、とこの映画を観て強く思った次第です。
村一番の秀才クンが、性に目覚め、そして絶望し、狂気に走っていく。その表情の移り変わりが凄いのです。

特にクライマックスで爆発する狂気の凄まじさ。
一番最初に自分を育ててくれたおばあさんの首を斧で刎ねる。

「おばやん....オレを夜叉にしてくれぇぇい!!」

そしてここから怒濤の三十人殺しがスタートしていくわけですが、BGMも一切なく、荒々しく動くカメラと、細かいカット割、そして時折挿入されるスローモーション.....殆ど海外のアクション映画のノリで、とにかく圧巻としか言いようがありません。
夏木勲さんとの攻防など、なんじゃこりゃサム・ペキンパーか?と思った程。スローモーションと「畳」がこれほどまでにナイスに融合するとは。

唯一ホッとしたところは、この事件は「無差別」ではなく、自分を拒絶しコケにした人間のみを狙ってたところ。踏み込まれても何もしなかったり、自分が好きだった女子にはあらかじめ「犯行当日に村へは近寄るな」という手紙を送っていたり.......で、その女子(田中美佐子。若い!そして惜しげもなく脱いでる!初々しい!)は心配になって村へ舞い戻ってきちゃったりなんかして......


しかしまぁ、この事件の本当のところは、この女子に最も強く恨みを抱いており、村へ里帰りする日を犯行日に決めていたらしいんですね。でもここは映画的に言って設定を変えておいて正解だったと思います。こんな狂った犯行の中にも、ちょっとだけピュアな感情が残っているってところがポイントなんで。

三十人イッキに殺すぐらいの勇気とパワーがあるのなら、それを「生きる」方向に向けられなかったのだろうか。しかし戦時中という時代、超閉鎖的な村に、昔からの風習.....そういったものが重なり、彼には既に選択の余地はなかったのかもしれません。なんと哀しい事か。

エロも暴力も含め、今じゃもうこんな映画絶対作れない!!

そういう意味で大変に貴重な作品ですので、興味のあるかたは是非。



人気ブログランキングへ←クリックよろしくです♪
5




AutoPage最新お知らせ