映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
モールス  

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

「モールス」Lat den ratte komma in

ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト/著
富永和子/訳


内容(「BOOK」データベースより)
母親と二人暮らしのオスカルは、学校では同級生からいじめられ、親しい友達もいない12歳の孤独な少年。ある日、隣のエリという名の美しい少女が引っ越してきて、二人は次第に友情を育んでいく。が、彼女には奇妙なところがあった。部屋に閉じこもって学校にも通わず、日が落ちるまではけっして外に出ようとしないのだ。やがて、彼女の周辺で恐るべき事件が…スウェーデンでベストセラーを記録したヴァンパイア・ホラー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リンドクヴィスト,ヨン・アイヴィデ
1968年、スウェーデン、ストックホルム郊外のブラッケベリ生まれ。マジシャン、スタンドアップ・コメディアン、シナリオライターなど多彩な経歴を持つ。2004年に発表した『MORSE』で作家デビュー。翌2005年のゾンビを題材にした第二作Hanteringen av od¨odaもベストセラーになった。「スウェーデンのスティーヴン・キング」の異名を取る、ホラー界期待の新星

富永 和子
英米文学翻訳家。獨協大学外国語学部英語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
(以上、Amazonより抜粋)


るぅしぃはぁてんちょぉぉぉ!!
ぅありがとうございますぅぅぅぅ!!


先日Twitterで「ぼくのエリ/200歳の少女」の原作「モールス」買おうかなー、とか呟いておりましたら、るしは店長からメールが。

「wataruさん、モールスいりませんか?」と。

要る要る!!
でもなんでまた?と思って返信してみたところ、店長間違って2度買っちゃったそうなんです。なので余ったものを送りましょうか、との事でしてここはもうそのご好意に思いっきり甘えちゃおう、と。

読みたい読みたい、と思っていた本が思いもよらぬカタチで手に入ったのはいいのですが、一つだけ気がかりな事が.....

それは、わたし自身が「本を読めない病」という奇病にかかっているという事です。

「本を読めない病」なんて病があるわきゃーないのですけど、もうここ数年まともに本を読んでいません。つい最近どうにかこうにか読んだのが「ラブリーボーン」ぐらいでしてね。

僕がこの奇病に冒される前はそこそこ本を読む人だったんですよ、ほんとそこそこ。
ところが、ある時期から「文章を読んでも頭に入ってこなく」なってしまったんです。
入ってこない、というより「文章を頭の中で映像に変換する事ができなくなった」という感じでしょうか。いろいろ想像してはみるものの、その作業がとてつもなく「苦痛」になってしまったのでございます。

こういうのも一種の「老い」なのだな、と思い仕方ないかと諦めていたのですけど、例えば先に映画を観て、その後に原作本を読んでみる、という方法をとれば「楽に読める」という事が分ってきましてね。まさに「ラブリーボーン」などはそうだったのですけど、「絵」が強烈に印象に残っているせいか、文章を読むとパッと絵が浮かんでくるんですな。そうすると、読める読める。グイグイ読める!

という訳でこの「モールス」も、映画の美しい映像を思い浮かべながらグイグイ読み進めて、あっというまに読み終わってしまいました。

さて、この「モールス」。

えらい事になっております。

これから先はネタバレになっておりますので、各自 自己責任でお願いします。
読みたい方は「続きを読む」をクリックしてくださいませ♪

「続き」部分に追記しました(11月10日)
続きを読む
11




AutoPage最新お知らせ