映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
マチェーテ  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「マチェーテ」

原題/MACHETE
監督/ロバート・ロドリゲス、イーサン・マニキス
出演/ダニー・トレホ、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ロドリゲス、ロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・セガール、リンジー・ローハン、他。

あらすじ/
どこの街角にもいるごく普通の日雇い労働者風の男。だが、よく見るとその形相は見るからに恐ろしく、凶悪殺人犯と言われても誰も疑わない面構えだ。だが、彼こそが伝説的な辣腕下連邦捜査官マチェーテだった。メキシコの麻薬王トーレスに恐喝され、不法移民嫌いの米政治家の暗殺を依頼されるが、それは政治家とトーレスの仕組んだ罠で、マチェーテは暗殺犯として追われる身となってしまう。無実を証明し、彼らの陰謀を暴くべく、マチェーテは復讐の鬼となって立ち上がる。そんな彼の前に立ちはだかるのは、次から次へと殺し屋を雇う非情なビジネスマンのブース、国境自警団を率いるひねくれ者のヴォン、そして法の執行と正義との間で葛藤する美しい移民局職員サータナだ。一方、反逆精神と革命的な心を持ったセクシーなトラック運転手ルースと、祈ること以上に銃の扱いに長けている牧師のパードレが、マチェーテに加勢する。銃弾、流血、傷心の嵐を巻き起こしながら、マチェーテは最終的に、復讐と贖罪の壮大な戦いが待つトーレスの街へと戻ってゆく……。(goo映画より抜粋)


よもやよもや。まさかまさかの。
トレホさんが主演の映画を観る日が来ようとは。

「グラインドハウス」内でのフェイク予告だった「マチェーテ」がまさかの映画化。もうそれだけで嬉しいことこのうえないのですが、この映画本編自体もやりたい事を思う存分やりきった感があり、まさに「作る側」も「観る側」も大満足の出来になっております。

はっきり言って内容などは無いに等しいのですけど、無いなら無いでとことん楽しい作りになっている本作品は極上の目の保養でございます。
そんな中とーっても「目の保養」になったのがこちら!


クリックすると元のサイズで表示します


ミシェル・ロドリゲスさん。
このビシリと決まったスタイルももちろんかっこいいことこの上ないのですが
「こうなっちゃう前」のロドリゲス姉さんがもうめっちゃくちゃ可愛いの!

「ワイルド・スピード」とか「アバター」などで観る所謂「腕っぷしの強い姉ちゃん」というイメージとは真逆で、凄く可愛らしい女の子って感じなのですよ。これには完全にやられましたです。

うわぁ....タコス食いてぇ....通いてぇ.....

あと実はジェシカ・アルバをスクリーンで観るの初めてだったのですが、この人もめちゃくちゃ可愛いなぁ。同じくリンジー・ローハンもそうなんですけど、可愛い。
で、この二人脱いじゃってるんですけどこのヌードCGってほんとですか?全然分らんかったんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、トレホさん。

ミシェル・ロドリゲスにモテて、ジェシカ・アルバにモテて、リンジー・ローハンにモテて、更にリンジー・ローハンのオカンにまでモテて、とにかくもうモテモテなトレホさん。

ついにトレホさんにもモテキがっ!!

両手に花が一杯でウハウハなトレホさん。素敵。素敵よ!きゃー!!

「マチェーテ、メールしない」とか「マチェーテ、やればできる」とか急にカタコトっぽくなるのが最高に萌える。

このやろう!オレを萌え殺す気かー!!

そんなこんなで最強の「萌え映画」であるマチェーテ、上映回数も少なくなってきてますので未見の方はお早めにどうぞ。ちなみにこちら京都での上映はT・JOY京都です。

今回見たスクリーンは5番スクリーンで、この5番スクリーンはライブ会場などに利用できるようになっており、席がフラットシートなんですが、映画上映時はそのフラットシートに「囲い」のようなものをつけ「カップルシート」状態になっております。クッションなんかもおいてあり、当然お一人様の僕はそのカップルシートに一人でふんぞりかえってクッションを抱きしめながらの鑑賞。
ある意味こんなプレミア・シートは有り得ない程贅沢ですよ。(そのかわり座席数は異常に少ない!要注意です)



人気ブログランキングへ←クリックよろしくね!
0




AutoPage最新お知らせ