映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
ちょんまげぷりん  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「ちょんまげぷりん」

監督/中村義洋
出演/錦戸亮、ともさかりえ、他。

あらすじ/

遊佐ひろ子(ともさかりえ)は、子育てと仕事の両立に悩むシングルマザー。やんちゃ盛りの1人息子、友也(鈴木福)とわがままなクライアントに挟まれ、生活費も値上がり。四苦八苦の毎日を送っていた。冴えない毎日にストレスを溜め込んでいたある日、着物にちょんまげ姿の男に出会う。その男の名は木島安兵衛(錦戸亮)。180年前の江戸時代からやってきた本物の侍だった。なぜ、現代の東京にやってきたのか安兵衛自身も訳が分からず、江戸から東京、街の激変ぶりにただ呆然とするばかり。帰る方法は見つからず、行く当てもない安兵衛は、成り行きで遊佐家に居候することに。すると安兵衛は、恩返しに遊佐家の家事すべてを引き受けると宣言する。初めは俳優か頭のおかしい男だろうと思っていたひろ子も、一生懸命に家事をこなす安兵衛の姿を見て考えを改める。ハンバーガー店では大騒ぎする友也をたしなめて礼儀や男らしさを教え、熱を出せば心を込めて看病する。現代では見られない筋の通った男らしさは新鮮で、ひろ子は安心して仕事に打ち込み始める。父親不在に慣れていた友也もひろ子同様。大人の男と一緒に暮らして守られたり、キチンと叱られたりする安心感を初めて知るのだった。このまま3人でずっと暮らしていくことを考え始めた頃。秘められていた安兵衛の才能が開花する。それはお菓子作り。友也のために作ったプリンがきっかけだった。江戸時代ではお役目から遠のいていた安兵衛。刀をナイフに持ち替え、パティシエとしての実力を認められたことで、初めて働く喜びを知ることになる。だが、やがて手作りケーキコンテストに出場することが決定すると、3人の間に築かれた微妙なバランスが崩れ始める……。(goo映画より抜粋)


スイーツ侍、参上。


いやぁ参った。これはやられた。めちゃくちゃ面白かった。
そういや昔、過去から現代にタイムスリップしてきた侍と現代の女性が恋に落ちる映画、ありましたよねぇ。タイトルは忘れてしまいましたが、出演していたのが確か時 任三郎(とき にんざぶろう)......じゃなかった時任三郎(ときとうさぶろう)さんと原田知世さんだったような気がします。で、ラストシーンで、過去に戻った時任三郎さんが「アイ、ラブ、ユー」とか言ってたと思うんですが。なんてタイトルだったかなぁ。全然思い出せないや。

そんな昔の映画はさておき、なんとなく気になっていたこの「ちょんまげぷりん」という映画、観始めたらグイグイ引き込まれていきましてね。とにかくめちゃくちゃ面白かった訳でして。
この映画の監督・中村義洋さんは、僕にとっては邦画の大ヒット作だった「ゴールデンスランバー」を監督されてた人なんですねぇ。今回も「えっ、そうくるの!?」という感じでグイグイ見せてくれます。ゴールデンスランバーもこのちょんまげぷりんも、共に原作があるわけですけれども(両方とも原作は未読ですが)、題材選びが上手いといいますか、脚本が上手いといいますか、まさに観る側の「ツボ」を心得てるといいますか、とにかく上手く映画を撮ってるなぁ、と大変に感心した次第でございます。

都会で働くシングルマザーの目の前に突然現れた、江戸の侍。ガチの侍。

どういうわけだかこの侍はシングルマザーのお宅に居候することになるわけですが
「なにかお礼をせねばならぬ」という事で、家事全般&子守りをすることに。
家事をこなしていくうちに、特にお菓子作りに特異な才能を発揮し、あっというまにご近所の人気者になり、挙句の果てに「お父さんのケーキコンテスト」に出場することに。
一応この映画の山場はこの「ケーキコンテスト」だったりするワケですけども、実はこの後の展開がちょっと「ほろ苦い」んです。

ケーキコンテストで優勝し、有名菓子店から就職しないかと誘われたお侍さん。頑張って働きます。しかし頑張り過ぎて、それまで築き上げていた「家族のような関係」にヒビが入っちゃうのです。
さぁ、どうするお侍さん!シングルマザー!
おまえらの明日はどっちだ!?

ということでこれ以上は書けないのでござるが、結末はみなさん観てのお楽しみ、ということで。

タイムスリップものではお馴染みの、過去と現在のギャップで笑いをとり、スイーツという意外性でグイグイ引っぱり、なおかつ「都会で働く」という事や、「男と女」の役割についても非常に上手い語り口で見せてくれるので「説教くさくない」んですな。ほんと、実に上手い。ラストも手堅くまとめあげており、「よっ!このまとめ上手!」とテレビに向かって言いそうになりました。

あとは、
お侍さん=錦戸亮
シングルマザー=ともさかりえ

の二人の演技が素晴らしかった。錦戸亮といえばわたしの中ではテレビドラマ「ラストフレンズ」で大ブレイクした俳優さんです。

にしきDo!Cook Do!

にしきDo本当に素晴らしい。ホントにお侍さんっぽかったよ。この映画が初出演で初主演だそうですが、なんとも堂々としておられる。これは今後が楽しみです。
ともさかりえさんは、「凄い久しぶりに観た」感じなんですけども、すごーくナチュラルな存在感が良かったです。でもちょっと悪い言い方をすると、この役を竹内結子がやっても何の違和感もないといいますか、「かぶってる」感じがしたんですよねぇ、僕は。
まぁ、でもともさかりえさんで正解だったかなぁと思います。

何気なく出演している井上順さんや何気なく出演している中村ゆうじ、そして何気なくウザいキングオブコメディの今野など、適材適所でナイスな配役。実に素晴らしい。

「ちょんまげぷりん」なんていうちゃらいタイトルだからって、なめてかかると足元すくわれますよ。おいらは両手の親指二本とも立てちゃいます!

TWO THUMBS UP!!

人気ブログランキングへ←クリックするでござる♪
4




AutoPage最新お知らせ