映画とか自転車とか音楽とか色々。 基本的に映画がメインで、あとは気が向いたら自転車に乗ったり音楽を聴いたりゲームをしたり漫画を読んだり酒を飲んだり煙草を吸ったり。そんなテキトーなブログでございます。 Instagram←Instagramはじめました。よかったらフォローしてねっ♪
「新・猿の惑星(1971年)」「猿の惑星/征服(1972年)」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「新・猿の惑星」(1971年)

原題/ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES
監督/ドン・テイラー
出演/ロディ・マクドウォール、キム・ハンター、他。

前作でテイラーが地球をぶっ壊しちゃったので、どーやって続編を作るのかと思っておりましたら、なんと今度は猿が現代の地球にタイムスリップしてきて、物語は新たな局面を迎えます。

現代にタイムスリップしてきた猿は三匹。過去2作品ではお馴染みの猿ジーラとコーネリアス、そしてマイロ博士。マイロ博士はとても頭が良く、テイラーが乗ってきた宇宙船を湖から引き上げ修理し、地球滅亡の直前にその宇宙船で脱出したんですな。で、その爆発の影響なのかどうかは分りませんが、なんとなくタイムスリップしちゃった的な感じで。

さて、過去の地球....というか現代の地球(1970年代)に喋る猿が現れた!という事で一躍人気者となったジーラとコーネリアス。あ、マイロさんは.....動物園でゴリラに絞め殺されました.....可哀想に......

70年代風のファッションに身を包んだジーラとコーネリアス、めちゃめちゃチヤホヤされます。超VIP待遇です。いいなぁうらやましいなぁ。ジーラなんか婦人会の講演会で演説とかしちゃったりして。お酒で酔っぱらったりしてふにゃふにゃになったりなんかして。ああもう可愛いわジーラ!

さてそんなほんわかした前半部分から一転、後半は一気に作品のトーンが重く、暗くなっていきます。遠い未来に猿が人類にとってかわることを知ったお偉いさんたちが、ジーラとコーネリアスの生殖能力を奪い、子孫を残せないようにしようと企みます。折しもジーラは妊娠中、その子供までも堕ろしてしまおうとします。身の危険を感じたジーラとコーネリアスは施設から逃亡し、元から彼らに好意的に接していた科学者たちの手を借りてサーカス団に身を隠します。
サーカス小屋のなかで無事に子供を出産するジーラ。猿の未来を担うその子供に、動物園でゴリラに絞め殺された可哀想な「マイロ」の名を授けます。

あれっ、そうか最初はシーザーじゃなかったのか......この名前の件は次回作「猿の惑星/征服」でちゃんと描かれております。

さてサーカス団にも追っ手が迫り、ジーラとコーネリアスは子供を守るために策をうちます。サーカス団で生まれたチンパンジーの子供とマイロとすり替えるんですね。
その後ジーラとコーネリアスは港に追いつめられついには射殺されてしまいます。いやもうほんと可哀想です。つらいわー、こんなのないわー、ひどいわー......

この作品ではジーラとコーネリアスの夫婦愛に重きを置いて描いていますので、もう感情移入しちゃってラストなどは泣いてしまいましたよぅ......

サーカス団に預けられたマイロが「ママ....」と言葉を発して終わる幕切れも、この先に待ち受けている彼の過酷な運命を予感させるもので、とても気が重たくなります。


クリックすると元のサイズで表示します

「猿の惑星/征服」(1972年)

原題/CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES
監督/J・リー・トンプソン
出演/ロディ・マクドウォール、ドン・マーレー、ナタリー・トランディ、他。

前作は1970年代の話でしたが、今回はそれから20年後の1990年代の話になります。
わずか20年の間に猿たちは大変に進歩し、まだ言葉は喋れないものの人間の労働を担って社会に貢献するまでになりました.....というかキッツイ仕事は猿たちに全部やらせてこき使うという、奴隷みたいなもんですが。

何故猿たちはここまで進歩したのか?というのは前作「新・猿の惑星」でコーネリアスが語ったように、まず犬や猫にしか感染しないウィルスが世界に蔓延し、犬猫は絶滅してしまいます。ペットが居なくなった人類はそれに耐えきれず、猿をペットとして飼いだした。それが発端となり猿の知能は大幅に向上して掃除や洗濯、料理などもこなすようになり「これは使えるぞ!」と思った人間たちは猿をペットではなく奴隷として扱う様になっていきます。

前作でコーネリアスは「わずか2世紀の間に」と言っていましたが猿の進化は予想以上に早く、わずか20年の歳月でここまで進化したのです。知性を獲得した猿たちは奴隷として扱われることに不満で、ちょいちょい反抗したりするんですけど、人間の武力にはまだ対抗できず虐げられたまま。そう、猿たちは待っていたのです。彼らを導く「リーダー」を。

能ある鷹は爪を隠すが如く、喋れるはずのマイロはフツーのチンパンジーのフリをして、こっそりと仲間を集めてアジトを作り、着々と「革命」への準備をすすめます。
マイロはこの作品で「シーザー」と名乗るようになりますが、その辺が描かれているシーンがとても印象的でしたね。

「人間どもよ、今にみておれでございますよ」
と、丑三つの村の犬丸くんじゃないですけど、彼の心の中で燃えさかる憎悪の炎を見たような気がします。
そんな中、ある黒人だけがシーザーの味方....というか理解者になるんですが、「暴力でしか革命はなし得ないのか!?」と問いかけます。もともと平和主義だったチンパンジーがここまで怒り狂う程の事をしてきた人間たちが悪いのは承知なのですけど、もっと何か他に手はなかったのか。
しかしシーザーは猿だけの国を作り、人間を徹底的に排除すると宣言します。
そう、本当の意味で「猿の惑星」はここから始まるのです。

それまで人間が幾度となくおかしてきた過ちを、今度は猿たちがやる事になるわけです。
結果、2000年後には地球は消滅してしまうわけですから。

今回の猿シリーズは全てブルーレイで鑑賞していて、この「猿の惑星/征服」は公開当時に過激すぎるとの理由で削除された暴力シーンを追加した「完全版」での鑑賞でしたが、なるほど確かに暴力的です。人間が火だるまになったりとか結構血みどろな場面があったりとか、かなり衝撃的でしたね.....
さて残すは「最後の猿の惑星」のみですが、この壮大なドラマにどう決着をつけるのか、ひじょうに楽しみなところでもあります。

それでは今日はこのへんで.....うっきっきー!!

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
7

「猿の惑星(1968年)」「続・猿の惑星(1970年)」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「猿の惑星」(1968年)

原題/PLANET OF THE APES
監督/フランクリン・J・シャフナー
出演/チャールトン・ヘストン、モーリス・エヴァンス、キム・ハンター、他。

「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」を観る気が起きないので、久々にオリジナルの「猿の惑星」1作目を観てみることにしました。製作年は1968年で、わたしが生まれる前の映画でございます。
そんな昔の映画なのに、その面白さは今も全く色褪せることはありませんでした。

映画のテンポも「サクサク進んで」というワケではなく、妙にまったりした展開もヒジョーにツボに入りましてですね、特に裁判のシーンとかやたら長いんです。そんな中裁く方の猿たち(オランウータン)が「見ざる聞かざる言わざる」のポーズをとっていたりとか、なんだこれめちゃくちゃ可愛い....とか思ったりして。

猿は猿たちで種類があって、オランウータンは政治などに関わるエライ猿で、ゴリラは凶暴なので主に軍隊だったり、チンパンジーはまぁ普通の庶民、という感じなのかな。そのチンパンジーの中にも頭のいいのは科学者になったりしてて、この映画で非常に重要な猿として登場するジーラやコーネリアスもチンパンジーです。

で、このジーラとコーネリアス、めちゃくちゃいい感じなんですよ。
まだ婚約中という設定なのですけど、やたらイチャイチャしてますし。ちゅっちゅちゅっちゅしてたりするのがまた可愛らしくてねぇ。
人間と猿の立場が逆転してしまって、人間の価値観が全く通用しない世界なのですけどちょっと面白かったのはテイラーが髭を剃ったときにコーネリアスが発した言葉。

「つるっつる.....インテリジェンスのカケラもない!」

で、ラストの海辺のシーンで別れ際にテイラーがジーラに「お別れのキスをさせてくれないか」と言った時のコーネリアスの表情!
一瞬「えっ!?」って顔をして、二人がキスをするのを特に止めるでもなく、口元だけふがふがしているのがまたもう、面白くて。
あとジーラも「あなたは醜いから....」と言ってキスをためらうのですけど、キスしたらしたでまんざらでもないわ的な表情してましたし。

その別れの後、テイラーとノヴァは海辺を馬に乗って走ります。
その先で見つけたものはもうみなさんご存知の、あまりにも有名な「オチ」。
主人公のテイラーはペシミスト(悲観主義者)で、劇中の言動などを見ていてもちょっとやそっとじゃへこたれないような男なのですが、そんな男を激凹みさせるほどの強烈なオチ。
わかっちゃぁいるのだけど、何度観ても救いようのない結末でございます。


クリックすると元のサイズで表示します

「続・猿の惑星」(1970年)

原題/BENEATH THE PLANET OF THE APES
監督/テッド・ポスト
出演/ジェームズ・フランシスカス、リンダ・ハリソン、チャールトン・ヘストン、他。

あの絶望的なラストシーンの直後から始まる続編。
既に諦めの境地にあるテイラーは、ノヴァと荒野を旅しています。そして住めそうな土地を見つけ村を作り、そこで生きていこうとするのですけど突然大地は火の壁に包まれ雷鳴が轟き地面が裂けて、テイラーは忽然と姿を消してしまいます。
一人残されたノヴァはどうしていいか分らず一人彷徨うのですが、偶然にもテイラーを救出するため地球からやってきたベネットという男に出会います。

.....続編の展開としてはあまりにも無茶してますよねー、まさか地底人(ミュータント)が居るなんてさぁ。しかも彼らはテレパシーで幻覚や幻聴をひきおこす特殊な能力もあり、彼らの「神」としてその一発で世界を滅亡させることのできる「コバルト爆弾」を信仰しているのです。
ミュータントは言葉を使わずテレパシーで会話するんですが、テレパシーを使うときの効果音がなんとも妙ちくりんな音でして、思わず笑ってしまいました。
しかも捕らえたベネットをテレパシーで尋問していたら彼が苦しそうにしていたので、普通に言葉を喋り出したりとか.....「しゃ、喋れるんかい!」と思わずツッコミ入れてしまいそうになりました。

前作の主人公テイラー(チャールトン・ヘストン)は序盤と終盤にしか登場せず、その間はベネットとノヴァだけで引っぱっていくことになるんですけど、今回はノヴァが大フューチャーされておりまして、その美貌とダイナマイトバディで釘付けに!

ラストは猿にもミュータントにも絶望したテイラーが自らコバルト爆弾のスイッチを押すという、前作以上に救いの無い展開に。うわー、地球なくなったじゃん.......
確か「新・猿の惑星」はジーラとコーネリアスが現代の地球にタイムスリップしてくることになってる筈なんですけど、テイラーが地球をぶっ壊す前にどうにかしてたんでしょうね。きっとそのあたりは「新・猿の惑星」で語られている筈なので、そのへんをちゃんと確認しておきたいです。

ちなみに今、「新・猿の惑星」と「猿の惑星/征服」もレンタルしてきていますので、この2本を観てから後日また感想を書きたいと思います。
それでは今夜はこのへんで.....うっきー!

人気ブログランキングへ←よろしかったらポチッと♪
1




AutoPage最新お知らせ